水戸・吉原殿中!あさ川の逸品を召し上がれ!

吉原殿中

 

日本各地には郷土菓子と呼ばれるメニューが、数多く伝えられています。

京都の八つ橋に、新潟の笹団子などがこれにあたりますが、今やこれらは「ご当地を代表する土産物」としてその名を轟かせています。

これに対して広島のもみじ饅頭や、山梨の信玄餅などは、発案された時から「土産物用」として製造されており、「地元で古くから愛されて来た郷土菓子」とは一線を画する存在となっているのです。

この様に考えていくと、郷土菓子と思っていたものが「実は単なる土産物」であったり、郷土菓子であっても「既に土産物と同等の扱いを受けている」ものが殆どあり、

「地元のみで人知れず、ひっそりと食べ継がれている本来の意味での郷土菓子」は、もはや存在しないようにも思えて行きますよね。

確かにインターネットも全盛、各自治体が街興しや村興しに力を注いでいる現代の日本に、「知られざる郷土菓子」が存在している可能性は非常に低いものとなるでしょうが、その数こそ少ないものの、未だ知名度の低いご当地菓子は確かに存在しているのです。

そこで本日は、知られざるご当地菓子の代表的存在とも言える、「水戸吉原殿中」、あさ川さんの一品についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

茨城県水戸の吉原殿中

皆さんは茨城県の水戸市周辺で食べ継がれている吉原殿中(よしわらでんちゅう)という郷土菓子をご存じでしょうか。

地元の方には大変申し訳ありませんが、「見たことも聞いたこともない!」という方が殆どなのではないでしょうか。

簡単にその製法をご説明すれば、昔懐かしのポン菓子(あられ)を水飴を用いて棒状に固め、これにたっぷりと黄粉をまぶすことで完成となる、「フワフワ食感が堪らない素朴なお菓子」ということになります。

ここまでの記事を読んで、埼玉県にお住いの方は「それって五家宝(ごかほう)のことじゃないの?」とツッコミを入れておられるかもしれません。

実は埼玉に伝わる「五家宝」なるお菓子、大きさこそやや小ぶりながら、この「吉原殿中」にそっくりな代物なのです。

資料によれば、どうやら元祖は水戸の「吉原殿中」の可能性が高いらしいのですが、非常に美味しいお菓子だけに遥か昔に製法が埼玉にもたらされ、「五家宝」として定着したのが真相であるようです。

 

吉原殿中の誕生

そんな吉原殿中が生まれたのは、幕末の頃、水戸藩を名君・徳川 斉昭(とくがわ なりあき)が治めていた時代と伝わります。

幕末マニアの方にはお馴染みのこの殿様ですが、若くして傾きかけていた藩の財政を立て直し、その息子は徳川幕府最後の将軍となった徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)であり、最期まで開国に反対し続けた「攘夷派の雄」として今なお歴史ファンから人気を博している人物なのです。

そんな斉昭に仕えた殿中女中の中に、吉原(よしわら)なる女性がおりました。

斉昭は財政再建のために質素倹約を奨励してたのですが、その殿様の気持ちを酌んでか、彼女は残ったご飯を棒状に固め、黄粉をまぶして斉昭に献上します。

これを食べた斉昭はその美味しさと、吉原の倹約精神に甚く感動し、以来「好物」としてこのお菓子を食べ続けたと伝えられるのです。

こうした経緯で誕生したこのお菓子は、殿中女中の吉原の名前に因み「吉原殿中」と呼ばれ、庶民からも高い人気を博していくのでした。

殿様までも魅了した絶品菓子ということを知ると、これはますます食べてみたくなりますよね。

そこで本日ご紹介したのが、水戸吉原殿中・あさ川さんのお取り寄せ品なのです。

スポンサーリンク

 

あさ川の吉原殿中

実はこの吉原殿中というお菓子、その人気もさることながら、地元で非常に大切に扱われているお菓子であり、地元の商工会議所により「吉原殿中」の商標を使うことが出来る業者は、たった6社のみと定められているとのこと。

その6社とは、菓舗もとや・井熊総本家・亀印製菓・吉田屋・前田屋製菓、そして本日ご紹介のあさ川製菓さんとなります。

どこのメーカーも非常に美味しい吉原殿中をお作りになられておりますが、その中でもあさ川製菓さんは、明治5年という老舗中の老舗である上、菓子作りに使う水は自社敷地の地底から汲み上げた天然水を使用。

また長年の経験を積んだ職人が、熟練の技で仕上げを行うなど、そのクオリティーで、他の企業様から一歩抜きに出た存在となっているのです。

実際にそのお味を確かめてみれば、フワフワのアラレに絶妙な甘さの水飴と黄粉の芳ばしい香りが堪らない絶品となっており、一度食べればファンになること確実の一品に仕上げられています。

幕末より水戸の人々から愛され続け、今や数少なくなった郷土菓子のテイストを色濃く残す「吉原殿中」を、この機会に是非ともお試し頂ければと思います!

吉原殿中2

 

水戸吉原殿中について管理人より一言

残念ながらあまり友達の数は多くない管理人ですが、私がご当地ものマニアであることを知る友人たちは、旅行などに行くと必ず珍しい「ご当地もの」を土産として買って来てくれます。

そんな友人の一人からある時頂いたのが、こちらの水戸吉原殿中・あさ川さんの一品でした。

見た目が非常に素朴ですし、製法の関係で重量も軽いこのお菓子に、「こいつ安く済ませたな!」などと邪悪なことを考えていたのですが、頂いてみてビックリ!

そのお味は非常に素晴らしく、買って来てくれた友人に心の中で手を合わせて謝罪致しました。

おそらく同じ理由でいまひとつ名物、土産物として名が知られていないのではないかと思われますが、そのお陰で「知る人ぞ知る郷土菓子」というプレミア感を味わって頂けることと思います。

水戸に伝わる伝統の一品を、是非ともご賞味頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・吉原殿中

出典 銘菓の老舗 あさ川

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ