熊本・陣太鼓通販で、珠玉の餡菓子を召し上がれ!

熊本・陣太鼓

 

スウィーツブームと言われて久しい昨今、世間には多くの「絶品菓子」が溢れか返り、テレビの情報番組などでは、海外からもたらされた「ニューカマースウィーツ」が取り沙汰されています。

しかしながらこうした日本の状況を尻目に、海外においては「空前の和スウィーツブーム」が起こっていると言われますから、これは何とも不思議な逆転現象ですよね。

確かに日本の和菓子は、動物性の油を殆ど使用しないものが多い上、和食と同様に洗練された逸品が多いですから、海外で人気を博するのも「なるほど納得」といったところでしょう。

そして、そんな和のスウィーツの基本ともなるのが、日本人にはすっかりお馴染みの存在である「餡子(あんこ)」に他なりません。

本日はそんな餡子の秘密と、餡菓子の最高峰との呼び声も高いお取り寄せスウィーツ・熊本陣太鼓通販についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

餡子の歴史と種類

餡子と聞けば、「つぶ餡」・「こし餡」などの種類は別にしても、通常、小豆を加工した「あの」見慣れた餡が頭に浮かびます。

しかしながら、「肉まん」などの中に入っている具や、「長野名物おやきなど」の具も、同じく『餡』という呼び方をしますよね。

実はこの2つの餡子、元々は同じものであったとされている上、どちらかと言えば「肉まんなどの具に使われる小豆を使用しないもの」の方が本家であるというのです。

餡の発祥は遥か古代の中国にまで、そのルーツを遡ることが出来ます。

三国志で有名な春秋戦国時代には既に肉まんが発明されていたと言われますから、その成立は更に時を遡ることが出来るでしょう。

この当時の餡は「挽肉と野菜などを混ぜ合わせたものに塩で味付けを行ったもの」であり、現在の肉まんなどの具に使用されているものに近かったようです。

そんな餡が日本にももたらされたのは飛鳥時代、彼の聖徳太子が活躍した頃であるとされています。

 

こうして日本に入って来た餡でしたが、以降も長年に渡り、挽肉に塩で味を付けたものが主流となって行きます。

そんな餡の歴史に大きな変化が訪れたのは鎌倉時代のことであるとされ、この頃ようやく小豆を使った餡が登場することとなるのです。

しかしここに至っても未だに味付けは塩味がベースであり、現在のような「甘い餡子」が登場するのは室町時代以降のことだった模様。

但し、甘い餡子が登場しても当時砂糖は大変な貴重品であり、一部の公家や大名以外はこれを食べることは出来ず、庶民に本格的に餡子が食べられ始めるのは江戸時代中期以降まで時を待たねばなりません。

そして、ここでようやく人々に食されるようになった餡子は大変な人気を博し、餡を利用した様々な和菓子に、そして栗餡や白餡、うぐいす餡なども発明され、現在の和菓子文化の礎を築いていくことになるのです。

こうした歴史を辿り、日本人に深く愛されている餡子ですが、「その絶品は?」と問われると、なかなかこれといったお菓子が頭に浮かばないものですよね。

そこで本日は地元の名菓として愛され続ける餡菓子の傑作・熊本陣太鼓通販をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

熊本・誉の陣太鼓について

「誉の陣太鼓」という名を聞いて、ぱっと頭にそのビジョンが浮かんだ方は、かなりのお菓子通ということが出来るかもしれません。

その名の通り、太鼓を模した形状に餡子を固め、その内部にトロトロの求肥餅を投入したこのお菓子は、餡子マニアたちの間で絶大な人気を誇っている知る人ぞ知る絶品名菓なのです。

この陣太鼓を製造しておられるのは、熊本県熊本市中央区に本店を構える株式会社お菓子の香梅さんという企業様となります。

創業は昭和24年と老舗ながら、製菓会社の中では後発のメーカーさんではあるものの、この店の初代店主・副島梅太郎氏は「和菓子作りの鬼」とも評される傑出した菓子職人であったといいます。

彼のお菓子作りに掛ける情熱は只事ならぬものであったとされ、昼夜を問わず新作菓子の考案に没頭する毎日を送っていたとか。

こうした研鑽の日々を経て、彼はいくつもの傑作菓子を生み出すこととなりますが、

その中でも非常に高い評価を獲得し、今や店の看板メニューとなっているのが、今回ご紹介の「誉の陣太鼓」なのです。

熊本・陣太鼓3

 

この陣太鼓、全体の90%以上が餡子という餡子ファン垂涎の菓子となっているのですが、何よりも素晴らしいのが「餡のクオリティー」であり、

原料には最高級品として名高い「大納言小豆」、その中でも希少性が極めて高いとされる北海道産「ほまれ大納言」を使用。

更には、この大納言を職人が一粒一粒吟味して、形の崩れたものや小ぶりのものは全て排除するという恐ろしく手間の掛かる工程を経て、製品化されていくのです。

また、パッケージには黄金色に輝く太鼓型のビニール包装が採用されていますが、実はこの包装に開け口はなく、付属のプラスティックナイフで包装ごとカットして頂くという方式が採られています。

一見すると「不親切な包装」にも感じられますますが、これはお菓子の品質を保持するために必要不可欠な方法となっているらしく、そのこだわりは正に「和菓子の鬼が作り上げた究極の逸品」ならではのことと言えそうです。

 

陣太鼓を実食!

そんな陣太鼓を頂いてみれば、一口食べた瞬間に上品で濃厚な餡子の味が脳髄を突き抜け、突出した美味しさと優しい餡子の魅力をこれでもかとご堪能頂けるはず。

なお、アクセントとして仕込まれたトロトロ求肥も大変に美味であり、「餡菓子の最高傑作」という評価に偽りがないことを、これでもかと思い知らされることでしょう。

そしてこの陣太鼓、これまでに全国菓子大博覧会をはじめとする多くのコンクールに出品され、賞を得ること8回以上と言う素晴らしい評価を獲得しており、名実共に「熊本を代表する名菓」としてその名を届かせているのです。

餡子好きなら一度は食べておきたい究極の餡菓子を是非ともご賞味頂ければとい思います。

スポンサーリンク

 

誉の陣太鼓について管理人より一言

幼き頃より、祖父母にたんまりと和菓子を与えらえて育った管理人は、餡子には少々こだわりを持っています。

一見、何処の餡子も同じように見えますが、じっくりと味わってみるとその「品質の差」は歴然であり、名菓として評判の菓子でも、「雑な作りの餡子」を使用しているところも珍しくありません。

そんな面倒臭い性分の私が思わず唸ってしまったのが、こちらの『熊本陣太鼓』であり、ひたすら丁寧に、手間を掛けまくって作られた餡子の美味しさをこれでもかと味わえる逸品に仕上がっております。

現在熊本は2016年4月14日、21時26分に発生した熊本地震の影響で甚大な被害に晒されておられます。

一日も早い街の復興と、県民の方々の安全をお祈りするばかりですが、こうした災害から立ち直るためには地元企業の活性化は必要不可欠。

このブログをお読みになり、陣太鼓に興味をお持ちになった方がおられましたら、是非ともこの商品のご購入と、友人・知人の方々へのご紹介をお願いしたいと思います。

美味しいものを頂きながら、復興のお手伝いが出来たなら、それは管理人にとってこの上ない幸せでございます。

 

熊本・陣太鼓2

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・お菓子の香梅

出典 お菓子の香梅HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 79昨日の閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 33562総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ