母恵夢通販で愛媛名菓の滋味をご堪能下さい!

母恵夢

 

私たちの生活の中には、「よく目にするにも係らず、名前の判らないもの」が数多くありますよね。

お弁当などを買うと入っているプラ製の緑の葉っぱ(正式名称 バラン)に、ファスナーのギザギザの部分(正式名称 エレメント )など、その枚挙には暇がありません。

実はこうした現象、食べ物の世界でも多く報告されており、メロンに生ハムの載った料理の名前(生ハムメロン )や、餡子をカステラでサンドしたお菓子(シベリア)などがその代表例と言えるでしょう。

そんな名は知らないが、非常に良く目にする食べ物の一つに、餡子や黄身餡をカステラの生地で包んで焼いた「カステラ饅頭」があります。

広い意味で考えれば広島のもみじ饅頭や、浅草の人形焼きなども「カステラ饅頭」の仲間と言えそうですが、果たしてこのお菓子は一体何者なのでしょうか。

そこで本日は優しい美味しさと懐かしさで根強い人気を誇るカステラ饅頭と、その絶品ご当地グルメ、愛媛の母恵夢通販についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カステラ饅頭の正体

ここまでの記事を読んでも、いま一つカステラ饅頭のイメージが浮かばないという方も多いかと思いますので、もう少し具体的な例を挙げてみたいと思います。

定義としては『お饅頭の皮をカステラにしてしまったもの』ということになりますが、

福島のご当地菓子「ままどおる」や横浜の「ハーバー」、仙台の「萩の月」に岩手の「かもめのたまご」なども、カステラ饅頭の一種と呼べるでしょう。

さてこのカステラ饅頭、お菓子の業界的には「唐饅頭」という呼び方が正式であるとされており、亜流の製品も含めれば全国に数百種類以上のスウィーツが存在しているようです。

そんな唐饅頭の発祥については不明な点が多く、「平安時代の高僧・空海が唐の国より持ち帰った」、「香川県の菓子職人が、江戸時代に長崎でオランダ人から製法を伝えられた」等、様々な説が流布しています。

但し、カステラの発祥は室町時代の後期とされている上、四国には不思議とカステラ饅頭の老舗が多いため、最も信憑性が高いのは江戸時代四国発祥説とも言われているのです。

母恵夢2

 

唐菓子の発展

こうして誕生した唐菓子(カステラ饅頭)ですが、江戸時代のカステラは大変な貴重品であり、貴族や大名以外が唐饅頭を口にすることは、殆ど無かったようです。

しかし時代が明治に入ると、徐々に唐饅頭は庶民に浸透し、戦後には様々な亜流菓子が誕生。

また、比較的に簡単な製法と食味の美味しさから、地方において「ご当地菓子」として製造されていることも多く、『観光地の土産物屋に行けば、必ず一品は置いてあるよく見るお菓子』へと発展を遂げていくのでした。

しかしながら、単純な製法であればある程、美味しく作るのが難しいのが料理の常。

「本当に美味しいカステラ饅頭は?」と問われると思わず頭を抱えたくなりますよね。

そこで本日は、カステラ饅頭発祥の地である可能性が高い四国の愛媛県で長年愛され続けている名菓・母恵夢(ぽえむ)のご紹介となります。

スポンサーリンク

 

愛媛の名菓・母恵夢

愛媛在住の方や、彼の地を故郷にお持ちの方には、もはやお馴染み過ぎるお菓子であるのが「母恵夢」です。

しっとりとした薄皮の焼きカステラに包まれた、濃厚な味わいの黄身餡が堪らないこの一品は、昭和20年代から販売されているといいますから、各地で起こった「カステラ饅頭ブームの先駆け」とも言えるお菓子と言えるでしょう。

実はこの母恵夢、「株式会社母恵夢」と「株式会社母恵夢本舗」という二つの企業から殆ど同じものが販売されているといいます。

このお話だけを聞くと何やら「物騒な印象」を受けますが、そこは心配ご無用。

母恵夢は、戦前から営業を続ける菓舗権太さんというお店が開発したお菓子であり、昭和30年になってこの商品が大ヒット。

 

そこで菓舗権太さんは、松山の支店を母恵夢専用の会社「株式会社母恵夢」へと変更したのです。

しかしその後も母恵夢の人気は陰りを見せないため、遂に母体である「菓舗権太」も「株式会社母恵夢本舗」へと社名変更をしてしまったという訳なのです。

よってどちらが本物・偽物という訳ではなく、良好な関係の下に同じお菓子を作り続けているということなのですが、会社の名称までも変えさせてしまう母恵夢というお菓子の実力は只事ではありませんよね。

さて、そんな愛媛の名菓を実際に食してみれば、香ばしく焼かれたカステラの中から、しっとりと濃厚な味わいの黄身餡が出現。

この皮と餡の相性は驚く程に素晴らしいものであり、「カステラ饅頭は何度も食べたことがあるよ!」という方でも、思わず目を見張る程の滋味をご実感頂けるはずです。

愛媛県で70年近く愛され続けているカステラ饅頭の絶品・母恵夢通販で、懐かしく優しい伝統の味に触れてはみませんか?

スポンサーリンク

 

母恵夢について管理人より一言

食べ歩き旅行が大好きな管理人は、全国をちょくちょくと旅しております。

そして訪れた観光地では、土産物屋を数店はしごして、まだ見ぬご当地グルメを漁っているのですが、そんな際、必ずと言って良い程目にするのが「カステラ饅頭」に類するお土産菓子です。

もちろんどの製品もある程度は美味しいのですが、「左程にクオリティーの差がない」ことも多いため、これらの菓子をスルーしてしまうことも珍しくありませんでした。

ところがそんなある日、友人からお土産として頂いたのがこちらの「母恵夢」だったのです。

「あぁ・・・良くあるカステラ饅頭系ね・・・」とタカを括っていたのですが、何だこれ!めちゃくちゃ美味しいじゃないか!

そんな訳で、今ではすっかり母恵夢の大ファンになってしまいました。

何処にでもありそうで、何処にも無い、カステラ饅頭の傑作・愛媛母恵夢通販をこの機会に是非ともご賞味頂ければと思います!

 

母恵夢3

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・母恵夢

出典 株式会社母恵夢本舗

出典  株式会社母恵夢

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ