沖縄サーターアンダギー通販で、島スウィーツを堪能しよう!

サーターアンダギー

 

最近になって、その人気が復活しつつあると言われているお菓子が「ドーナッツ」です。

ひと昔前には、ミスタードーナツやダンキンドーナツなどが街に立ち並び、お茶を飲むならドーナッツ屋という風潮がありましたが、その後は人気の低迷期が続いていたようです。

その後もクリスピー・クリーム・ドーナツなどが一時期人気を博しましたが、近年の人気再燃の立役者となったのはセブンイレブン等のコンビニドーナツであるとのこと。

以前は工場で揚げられ、時間の経過したドーナツしか食べる機会がありませんでしたが、

現在主流の「店舗で揚げ立てを提供するスタイル」の商品は非常に美味しく、これは私たちユーザーにとって実に歓迎すべき状況であると思います。

この様に、もはや私たち日本人の定番スウィーツともなったドーナツですが、その発祥などについてはあまり知られていないように思えますし、我が国には「日本版ドーナツ」とも呼ばれるお菓子があるのをご存じでしたでしょうか。

そこで本日は、このドーナツの歴史や成り立ち、そしてその日本版とも言える沖縄サーターアンダギーについてお話すると共に、お取り寄せ品として高い人気を誇る沖縄サーターアンダギー通販・当銘食品さんの一品に関してお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

ドーナツの歴史

では、まず最初にドーナツの歴史から紐解いてみましょう。

ドーナッツの原型になった料理は、オランダで古来より食されていた「オリーボル」というお菓子であったとされています。

製法については小麦粉を砂糖や卵で練り、発酵させたものを揚げて仕上げるといいますから、現在のドーナッツとほぼ変わらないものとなりますが、

形状に関しては、「ボール状の球体」に成形するのがオランダ流であるそうです。

そしてこの料理が世界に広まった切っ掛けは、1600年頃にイギリスで発生したピューリタン(清教徒)革命であるとされており、

この革命の影響でオランダに亡命したイギリス人清教徒たちが、現地で学んだオリーボルの製法を祖国に持ち帰り、英国にてこのお菓子を作る習慣が根付いて行くことになります。

こうしてイギリスにもたらされたオリーボルは、ドーナッツと名を変え、大航海時代という時代の波に乗り、世界中に伝播して行くこととなるのです。

サーターアンダギー2

 

沖縄版ドーナツ・サーターアンダギー

さて、これに対して沖縄のサーターアンダギーはと言えば、その発祥は中国の宮廷菓子が元となっているとのことであり、

奇しくも同じ丸型という共通点を持ちながらも、そのルーツは「ドーナツとは全くの別物」となっているようです。

沖縄でサーターアンダギーが食べられるようになった時期は、琉球王国時代とされており、当時琉球王国は中国に対して臣下の礼を取っていました。

こうした政治的背景から、両国は活発な交流を行っていたのですが、ある時、琉球王国の料理人が中国に視察に訪れ、サーターアンダギーの製法を持ち帰ったことが、このお菓子作りの発祥とされています。

中国の宮廷料理にはこのお菓子以外にも様々なスウィーツがあったようですが、小麦粉の玉を高温の油で揚げた際に出来る亀裂が、

まるで花のように見える(笑顔との説もあり)との理由から、非常に縁起が良いスウィーツとされ、こうした儀礼的な意味でも琉球の人々に歓迎されたのではないでしょうか。

なお沖縄では、現在もお祝いの料理としてサーターアンダギーを食する習慣があり、その際には「普段より若干大きめに作る」のが風習となっているとのこと。

フカフカの小麦生地を、熱々の油でジュージューと揚げるこのお菓子は、大変に食欲をそそるものがありますが、残念なことに沖縄以外の地域では手軽に入手出来るスウィーツではありませんよね。

そこで本日は自宅に居ながらあの味を何時での手軽に楽しめる、沖縄サーターアンダギー通販品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

当銘食品・さーたーあんだぎー

こちらのサーターアンダギーを製造しておられるのは、沖縄の糸満市に店を構える当銘食品さんです。

実はネット通販においては、既に多くのメーカーさんがサーターアンダギーの販売を行っているのですが、当銘食品さんの製品は様々の通販サイトにおいて、「人気ナンバー1」に輝いているという人気の逸品なのです。

実際そのお味を試してみれば、低温でじっくり上げられた生地は、外はカリカリ、中はふんわりという理想的な状態に仕上げられている上、

噛めば噛む程に、小麦の豊かな風味と濃厚な味を存分に楽しむことが出来る逸品に、仕上げられているのです。

また、非常に食べ応えのあるボリューミーな一品ながら、不思議と胃にもたれないのもこの商品の特徴であり、「油っこいものは苦手」という方からも大変に好評を博しているのとのこと。

素朴であるが故に名品探しが難しい伝統菓子の滋味を、沖縄サーターアンダギー通販でご堪能頂ければと思います。

サーターアンダギー3

 

サーターアンダギーについて管理人より一言

沖縄料理が大好きな管理人は、暇を見付けては沖縄系の居酒屋さんにお酒を飲みに通っています。

「紅イモのコロッケ」に「チャンプルー」や「ラフテー」、〆の「沖縄焼きそば」など魅力的なメニューが多数並ぶのは非常に幸せなのですが、食後のデザートには必ずサーターアンダギーを頂くようにしております。

「食事の後にサーターアンダギーは重すぎないか?」とのツッコミも良くされるのですが、どうにもコレを食べないとお腹の収まりが悪いのです。

しかしながら、私が住まう地域では、お店に行く以外はサーターアンダギーを楽しむ術はなく、この問題をどうにか解決できないものかと頭を悩ませておりました。

そんな時に出会ったのがこちらの沖縄サーターアンダギー通販、当銘食品さんの一品であり、今では会社の休憩時間にまで、あの滋味が楽しめるようになりました。

本場沖縄の方からも絶大な支持を集めるおすすめの一品を、是非ともお試し下さい!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・ドーナツ

出典 ウィキペディア・サーターアンダーギー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 32216総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ