カステラ通販おすすめ品をご紹介!

カステラ1

 

街を歩けば、直ぐに「美味しいスウィーツ」に出会うことが出来る現代の日本。

専門の菓子店はもちろんのこと、コンビニエンスストアーなどでも様々なお菓子が手に入りますから、スウィーツ好きにとっては正に「天国のような時代」ということが出来るでしょう。

ネットやテレビなどでは、「今流行のデザートはこれ!」など最新の情報が飛び交っていますが、

長年人々に親しまれた「歴史あるお菓子」には、近年開発されたスウィーツとは異なる、奥深い美味しさがあるのも確かですよね。

そんな誰からも愛される伝統のお菓子の代表格に挙げられるのが、『カステラ』なのではないでしょうか。

どう見ても洋菓子なのに、分類上は和菓子であることに加え、その歴史は500年以上というカステラは一体どのようなものなのか?

本日はカステラの秘密と日本全国のカステラ通販おすすめ品についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カステラの発祥

玉子を泡立て、小麦粉と砂糖を投入し、焼き上げるという手順で完成する「カステラ」は、今から約500年前、16世紀の戦国時代にポルトガルの宣教師によりもたらされたお菓子と言われています。

その名称に関しては、ポルトガルの地名カスティーリャ(Castilla)から名付けられたという説が一般的ですが、

玉子を泡立てた際の泡がまるでお城のように高く盛り上がることから、ポルトガル語で城を意味する「castelo」から生じた名称であるとの説も有力とされているとか。

なお、当時の日本は漢字表記が通常ですから、カステラのことを当て字で「加須底羅」「家主貞良」などと表記していたといいます。

こうしたカステラのプロフィールを見て行くと、「外国から伝わったレシピを再現しただけ」のようにも見えますが、

厳密にはカステラと同じ製法の菓子はポルトガルにも存在しておらず、ベースとなったレシピに、日本ならではの様々なアレンジを加えてカステラの製法が確立されたようです。

カステラが和菓子にカテゴライズされるのには、こうした背景があってのことなのですね。

カステラ2

 

発祥店・福砂屋さん

さて、こうして伝来したカステラを日本で初めて販売し始めたのが、長崎の老舗としてその名を馳せる「福砂屋」さんです。

その創業は何と寛永元年、1624年とのことですから、時代は江戸初期、三代将軍徳川家光の時代まで遡ることになります。

カステラ発祥の地、長崎には福砂屋さんの他にも文明堂さん、松翁軒さんという二つの有名店が存在しておりますが、福砂屋のオープンは松翁軒さんより50年近く前のこととされておりますし、

文明堂さんに至っては福砂屋さんで修業した職人が創業したと伝わりますから、やはり「元祖店は福砂屋さん」で間違いなさそうです。

さて、そんな福砂屋さんのトレードマークと言えば、「蝙蝠を模したエンブレム」であり、カステラと蝙蝠という取り合わせに違和感を持たれる方も多いようですが、

中国では、蝙蝠は古来より幸福を呼ぶシンボルとされていたそうですから、福砂屋さんのマークもその風習に因んだものと考えられています。

 

そんな福砂屋さんのカステラの特徴はと言えば、創業当初の製法を頑なに守り続けているという点であり、

他店では生地をふんわりさせるために蜂蜜など、様々な材料を使用するところが多い中、福砂屋さんでは玉子と小麦、砂糖という非常にシンプルな素材のみを使い、伝統の味を守っているのです。

それにも係らずそのカステラの食感は、誰にも真似の出来ない非常に「ふんわりモチモチ」としたものとなっており、その秘伝の製法は企業秘密として厳重に管理されているとのこと。

また、使用する素材は全て無添加のものとなっており、賞味期限は他店に比べて少々短めですが、抜群の食味を味わえるのであれば、食べる側も決して苦にはならないことと思います。

さて、実際そのお味を確かめてみれば、濃厚でボリューム感満点の生地に、シャリシャリのザラメの食感が抜群の相性をみせる伝統のカステラは、

もはや名人芸とも言える逸品に仕上げられており、その完成度は流石に創業400年の老舗といったところでしょう。

こうして長崎で始まったカステラ作りの文化は、時代の経過と共に全国に広まって行き、現在では全国各地に様々なご当地カステラが誕生しているのです。

そして、これらのご当地ものの中には、素晴らしい名品カステラも数多く存在しており、ここでその全てをご紹介することは出来ないのですが、

管理人が「これだけは是非ともおすすめしたい」と考えるのが、北の地、北海道は函館の名店として知られる「五島軒」さんのカステラとなります。

スポンサーリンク

 

北海道の名店・五島軒

五島軒さんと言えば、以前の記事にも書きましたが、函館カレーの名店として知られるお店。

しかしながら、この五島軒さんはスウィーツ作りにも力を入れておられ、現在では多くの傑作を世に送り出しておられるのです。

そんなデザートのラインナップの中で特に美味しいと評判なのが、こちらのコーヒー味のカステラとなります。

福砂屋さんとは製法から生地の質まで全く異なる上、味はコーヒー味と相当のアレンジが加えられておりますが、これが非常に美味しい。

とろけるような生地を噛み締めれば、噛み締める程に、滲み出して来る「コーヒーの香ばしい風味」は、大変に素晴らしいものとなっており、

福砂屋さんが伝統的なカステラの頂点ならば、こちらは『進化系カステラのひとつの到達点』とも言える傑作となっているのです。

懐かしいのに新しい!そんなカステラ通販おすすめ品、福砂屋さんと五島軒さんの絶品をこの機会に是非ともお試し頂ければと思います!

カステラ3

 

おすすめカステラについて管理人より一言

子供の頃より、カステラが大好きだった管理人は、小学生にして牛乳の1リットルパックを片手に、丸々一本のカステラを食べきってしまうのが日常でした。

当時はカステラなら何でも良かったのですが、中学の卒業旅行で長崎を訪れ、福砂屋さんのカステラを食して以来、「最強の一本は福砂屋さん!」という信念の下、過ごして来ました。

しかしながら、最近になり、五島軒さんの製品を頂いたところ、その旨さにも感激。

この二つのカステラは、伝統派と進化系という異なる系統のものながら、日本カステラ界の頂点を争う品々だと思います。

カステラなんて食べ飽きてる・・・そうおっしゃる方にこそカステラ通販おすすめの二品を是非ともお試し頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・カステラ

出典 ウィキペディア・福砂屋

出典 福砂屋オフィシャルサイト

出典 ウィキペディア・五島軒

出典 五島軒

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 29昨日の閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 33417総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ