信州そば通販なら信州安曇野道祖神そばで決まり!

信州そば

 

日本古来の食べ物でありながら、現代でも多くのファンを有する料理、それが日本そばです。

年越しともなれば、日本中の人々が蕎麦を奪い合うような状態となりますし、

絶品そばを求めて全国で食べ歩きを行っているという方も多いと聞きます。

また、休日は自宅でそば打ちを行うという趣味も人気を博しているとのこと。

古い歴史を持ちながら、決して廃れることなく日本人に愛され続けているそばは、正に我が国のソウルフードと呼ぶことが出来そうですよね。

尚、こうした立ち位置を持つ料理だけに、ご当地グルメとしての浸透率も非常に高く、全国各地に多くの地元そばが存在。

その中でも特に有名な、信州そば・出雲そば・わんこそばを「日本の三大そば」と称するそうですが、

その源流は信州(長野県)に辿ることが出来るようです。

そこで本日は、今なお日本人の心を掴んで止まないそばのルーツ「信州そば」と、その美味しさを手軽に味わえる信州そば通販についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

日本蕎麦のルーツを辿る

そば粉を料理に使うのは日本だけ・・・とお思いの方も多いかと思いますが、これは誤った情報であり、外国でもそば粉を利用したメニューは以外に多いとのこと。

しかし、麺の形状にして食べるのは日本独自のスタイルであり、この形状のそばが初めて記録に登場するのは1574年(天正2年)、織田信長が活躍した戦国時代のことです。

通常は粉にした蕎麦の実を「そばがき」や「団子」として調理するのが一般的な時代でしたが、

お祝いの席など、特別なシーンでは麺にして振る舞われることがあったらしく、その風習が生まれた地こそ、そばの故郷・信州(長野県)なのです。

そして時代の流れと共に、そば打ちの文化は各地に普及。

江戸時代中期には庶民の食べ物として市民権を得るようになって行きます。

信州でそば打ちの文化が花開いた背景には、その気候、土壌がそばの栽培に適していたことが最大の要因とされており、

現在に至っても全国で生産されるそば粉の40%が長野県産となっているのです。

近年、香川県をうどん王国などと呼ぶことがありますが、この感覚で言えば、長野県は間違いなく「そばの都」と呼べ、多くの地元企業がそばの製造・販売に力を注いでいます。

しかしながら、そばは非常に素朴な料理だけに、使用する材料や加工技術により、食味に大きな差が出てしまうのもまた事実。

数多く存在するメーカーの中から、本当に美味しいそばを見付け出すのは至難の技を言わざるを得ません。

そこで今回は、管理人が自信を持っておすすめする信州そば通販品をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

信州安曇野道祖神そばをお取り寄せ!

本日ご紹介する「信州安曇野道祖神そば」は、創業57年という老舗・安曇野麺匠が手掛けるお取り寄せ品です。

一見するとスーパーなどで良く見掛ける、半生タイプのそばにも見えますが、実は多くのこだわりが詰まった一品となっています。

現在流通している日本そばには、生タイプ、半生タイプ、乾麺という3つの種類が存在。

もちろん食味で言えば、生タイプがだんとつに美味しいのですが、賞味期限が短いという弱点も同時に有していますよね。

こうした事情から、日持ちする半生タイプがお取り寄せ商品の主流となっているのですが、

安曇野麺匠さんはこのセオリーをどうにか打破出来ないかと試行錯誤を重ねて来ました。

 

その結果、誕生したのが「生タイプ」でありながら冷蔵で約2週間もの長期保存が可能な、全体未聞のお取り寄せ品だったのです。

この長期保存の秘密は独自に開発された包装技術によるもので、この技術革新により保存料を使う必要のなくなったとのこと。

これまでは有り得なかった、合成保存料等を一切使用しない完全無添加の生そばを通販で販売することを可能にしたのです。

実際にその蕎麦を食してみれば、まるでお店で食べるような見事な腰に、ふわりと鼻に抜けていく芳醇なそば粉の香りを楽しめる逸品となっており、

蕎麦マニアからの熱烈な支持を集める一方、権威あるジャパンフードセレクションの銀賞受賞を始め、多くの賞を受賞する人気商品へとなっていきます。

ご自宅に居ながら、まるで信州そばの名店に来ているような感覚が味わえる珠玉の信州そば通販品「信州安曇野道祖神そば」をこの機会に是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

信州そばについて管理人より一言

自称ではありますが、日本そばマニアである管理人。

美味しいお蕎麦屋さんがあると聞けば、長い移動時間を掛けてでも、食べに行きますし、近年では、自分での蕎麦打ちまで始めてしまいました。

しかし、センスの問題なのか、自分での蕎麦打ちはなかなか上達せず、やはり美味しいそばは食べに行くの一番という結論に達しております。

ただ唯一問題なのが、大食漢の管理人的には、名店のそばは量が少な過ぎるということ。

もちろん、2枚、3枚とお代わりをすれば良いことなのですが、他のお客さんの視線はかなり痛いものがありますし、お店の中には露骨に嫌な顔をする店も。

そんな時、長野のお土産として頂いたののがこちらの「信州安曇野道祖神そば」でした。

良くあるお土産品とタカを括っていたのですが、まるでお店で食べるような新鮮なそばの味に思わず感動。

以来、欠かさずお取り寄せし、自宅でお腹いっぱいになるまで手打ちそばを楽しんでおります。

尚、そばには血管を強くするコリン等が多く含まれ、強い抗酸化作用を持つことから、健康食品としても見直されつつあり、

私の様な大食いにも身体に優しい食材と言うことが出来そうです。

管理人一押しの信州そば通販品を是非お召し上がり下さい!

信州そば2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・信州そば

出典 長野県信州そば協同組合HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 32216総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ