五島うどん通販おすすめの逸品、マルマスの乾麺を召し上がれ!

五島うどん

 

我が国では、あるジャンルを代表するものに関して、「三大~」という表現を良く用います。

「三大都市」、「三大歌集」に「三大清流」と様々なジャンルに三大が存在し、「食」に関しても「三大和牛」に「三大ラーメン」等の使われ方をしています。

しかしながらこの「三大」、明確な基準や選考委員会などが存在する訳ではなく、自然と人々の間で呼ばれ始めたものが定着していったに過ぎないのです。

さて、そんな「三大」の中でも特に物議を醸し出しているのが、「うどん」であることを皆さんはご存じでしたでしょうか。

三大うどんの内、讃岐・稲庭はほぼ固定されているのですが、3つ目に関しては、

「水沢」、「五島」、「氷見」、「名古屋きしめん」の四種のうどんが、書籍や話し手によってバラバラに選ばれているという事態が発生しているのです。

うどんは庶民の生活に密着して来た食材だけに、地域での好みの差も激しく、この様な状態になっているようですが、これは少々厄介な状態ですよね。

ただ逆を返せば、それだけ甲乙付けがたい名うどんが、全国に数多く存在しているとも言える訳です。

そこで本日はこの四うどんの中で、特に近年人気の高い「五島うどん(長崎県五島列島)」と、五島うどん通販おすすめ品についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

五島うどんってどんなもの?

五島列島は長崎県の西側、約100キロの場所に存在する列島であり、その島数は名前に反して140もの数があると言われ、この島々に約7万人の方々が生活をされています。

古くは遣隋使、遣唐使として大陸へ向かう人々の中継基地として、近年では捕鯨船の港としても利用されて来たエリアですが、

その最大の魅力は、美しく壮大な自然環境にこそあるのではないでしょうか。

また、古くより大陸との接点となっていた地域だけに、風俗・文化にも大きく影響が残っていると言われますが、その代表例とも言えるのが「五島うどん」なのです。

通常うどんは、こねた後、平たく伸ばしたものを包丁でカットして麺にして行きますが、

五島うどんは中華料理のラーメンのように、伸ばして伸ばして麺にしていくことが特徴であり、

その独特の製法により、他のうどんとは一味違う食感を生み出しているのです。

 

また、この地域は椿油の産地としても知られ、うどんを引き延ばす際に、この油を麺にまぶして行くの伝統であり、

椿油が酸化を防いでくれる上、一種独特な芳香をうどんに与えており、これが実にクセになるスパイスとなっているのです。

なお、こうした工程の違いは五島うどんに、非常に「強い腰」と、茹で上がり後も非常に「伸び難い」という特性を与えており、

地元でが茹でた鍋からうどんを引き上げず、そのまま箸で掬って食べる「地獄炊き」という食べ方が一般的であるとのこと。

そしてうどんを食する際のつけ汁も特徴的で、名産品であるアゴ(トビウオ)の出汁を思いっきり利かせたものを使用。

このように、五島うどんは他の地域のそれとは大きく異なる独特の進化を遂げた、オリジナリティー溢れる一品に仕上がっているのです。

もちろん五島列島では、うどんと言えばこのスタイルが定番となっており、様々なメーカーさんの製品が販売されておりますが、

数ある製品の中でも管理人が一押ししたいのが、五島うどん通販のおすすめ品、マルマスさんの一品なのです。

スポンサーリンク

 

五島うどんを通販で楽しもう!

マルマスさんは、昭和33年に舛田商店の屋号にて、五島列島唯一のアイスクリームメーカーとして事業を始めた食品メーカーさんです。

以降は様々な分野の食品製造に事業を拡大して参りましたが、その中でも最も力を注いで来たのが、この五島うどんの製造・販売でした。

こうした取り組みの背景には、特産品の少ない五島列島の振興を、長年愛されて来た伝統の味を使って行いたいという故郷を思う心と、

五島うどんの美味しさを全国に知らしめたいという熱い想いがあったといいます。

その志は創業から約50年経った今でも、製品の中に息づいており、原料にはこだわり抜いた厳選素材を使用。

また、機械を使用した作業が増えては来ているものの、食味を大きく左右する「生地の伸ばし工程」などは、

コスト、作業効率を度外視した手作業を継続するなど、伝統の五島うどんの味を守るべく努力を重ねておられるのです。

 

なお、近年ではスーパーなどで半生タイプのうどんを目にすることが多いのですが、

五島うどんに関しては「潮風に曝し乾燥させる」ことも重要な工程と考えられているため、殆どの製品は乾麺タイプとなっているのも特徴に挙げられるでしょう。

さて、そんなうどんを一口食してみれば、見た目の細さにも係らずその歯応えは抜群。

驚くべき腰の強さと、シコシコとした食感に、仄かに感じられる椿油の香りが実に艶めかしい絶品となっているのです。

讃岐うどん等とは全く異なる系統で伝来し、独自の進化を遂げた珠玉の島うどん、

五島うどん通販おすすめ品・マスマスの一杯をこの機会に是非お試し頂いては如何でしょうか?

スポンサーリンク

 

五島うどんについて管理人より一言

麺類には目がない管理人ですが、お恥ずかしながら五島うどんを始めて食べたのは、つい最近のことでした。

三大うどんの一つとして挙げられることも多い、大変メジャーなご当地うどんでありながら、スーパーなどで入手するのはなかなか難しく、出合うのに長い月日を必要としてしまいました。

近年、通信販売で数種類を取り寄せ、早速味比べを行ってみましたが、私的にはこのマスマスさんの一品がだんとつでおすすめです。

包丁を使わず伸ばされた麺の断面は、まるでパスタのように丸く仕上げられており、他のうどんとは明らかに印象の異なる噛み心地にすっかりファンになってしまいました。

基本的には付属されている「あごだし」の汁、もしくはこれに生卵などをトッピングして食べるのが美味しいのですが、

その製法上、非常に伸び辛いという特性を持っておりますので、焼うどんや、パスタソースと絡めるといった食べ方も気に入っております。

全国各地の何処のうどんとも異なる、島うどんの滋味を、あなた自身の歯と舌で味わい尽くしてはみませんか?

五島うどん2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・うどん

出典 五島手延うどん振興協議会

出典 五島マルマスHP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ