讃岐うどんお取り寄せおすすめ品は、岡坂商店さんで決まり!

讃岐うどん

 

現在、外食界に旋風を起こしているジャンルがあるのをご存じでしょうか?

熟成肉などもかなりの流行を見せましたが、新規出店のペースや売り上げの額面などをから見ると、「うどん店」が圧倒的な伸びを見せているようです。

今になってどうしてうどん?と疑問に思われた方もおられるかもしれませんが、

街の風景を思い起こしてみれば、○○製麺、○○うどんなど、讃岐うどんを売りにする店舗の数が急増していることに、気が付かれるはずです。

僅か数秒で麺が煮上がり、天ぷらなどのトッピングは大充実。

その上、麺は打ち立て自家製麺で美味しいとなれば、確かに他のファーストフード店以上の魅力があるのも、充分に頷けますよね。

また、讃岐うどんの故郷、香川県では当たり前となっているセルフ麺茹でのスタイルを採用する店も増えつつあり、

茹で加減も自在となりますから、これはうどんマニアには堪らない時代が到来していると言っても過言ではないでしょう。

本日はそんな香川のソウルフード、讃岐うどんと、ご当地の味を手軽に楽しめる讃岐うどんお取り寄せおすすめ品についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

うどん県!香川

近年では、うどん県という名称でも一世を風靡した香川県。

そんなご当地が全国にその名を誇るのが言わずと知れた「讃岐うどん」です。

水沢、稲庭と並んで日本の三大うどんのひとつに挙げられるこのメニューですが、知名度においては他の2つに大きな差を付けていると言っても過言ではないでしょう。

また、その特徴としても上げられるのが、他のご当地グルメに比べ、地元民から圧倒的な支持を集めているという点であり、

県内にあるうどん店の数は800軒を超え、県民一人あたりのうどん消費量は、二位の県に倍以上の差を付けブッチギリの一位。

この凄まじいうどん消費量を人数で割ると、一人の香川県民が一年で食べるうどんは230玉にも及ぶという、恐るべき地域柄なのです。

また、うどんに因んだ年中行事も多数存在するといいますし、年越しに蕎麦ではなくうどんを食べる地域もあり、

正に「うどん県」という名に一切偽りのない土地となっています。

 

讃岐うどんの発祥

では、この香川県のうどん文化はどのように構築されて来たのでしょうか。

実は讃岐うどんの発祥自体については、諸説があり、どの店が元祖と言ったことは判っていません。

中には彼の弘法大師が中国より製法を持ち帰ったという説まであるようですから、その愛され方には只ならぬものを感じます。

歴史的な資料を紐解けば、この地域で本格的な小麦の生産が始まったのが戦国時代とされており、

江戸時代の18世紀初頭の絵には数件のうどん店が描かれているといいますから、本格的に庶民の口に入り始めたのは、この頃からであろうと推察出来るとのこと。

以降は明治、大正、昭和を通してうどん人気はこの地で激しく高まり続け、

「うどんが打てない娘には嫁の貰い手がいない」という言葉まで生まれてしまう、うどん帝国へと成長していったのでした。

それだけに近年発生したご当地グルメブーム以前から、讃岐うどんの名は全国に知れ渡っていましたが、

冒頭で述べた外食業界への影響を考えれば、今や日本経済の動向さえも左右する程の存在へと成りつつあるのです。

この様にうどんの話をしていると、是非、美味しい一杯が食べたくなってしまうものですが、

これまでも述べて来た通り、本場の香川県はもちろん、関東の街にもうどん店が多数。

一体どこが美味しくて、何処がいまひとつなのか、全く判断が付かなくなってはいませんか?

そこで今回は、地元香川県民からも愛され続けている讃岐うどんお取り寄せのおすすめ、岡坂商店さんの一品をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

おすすめのお取り寄せ讃岐うどんはこれ!

こちらのお取り寄せ品を製造されているのは香川県仲多度郡に会社を構える岡坂商店さんです。

昭和30年に創業された老舗であり、小麦粉の卸売から事業を開始し、うどんの製造も手掛けるようになっていったという地元の優良企業様なのです。

製粉の卸しが本業だったのに、うどん作りのクオリティーは大丈夫なの?というお声も聞えて来そうですが、うどんは製法がシンプルなだけに、素材が命。

卸売となれば、素材となる小麦粉の良し悪しを見分ける技能は卓越したものを有しているのは当たり前ですし、

創業から50年以上もの間、日清製粉さんの特約店を続けておられるという実績からみても、その実力の程に疑いはないでしょう。

そんな厳選された素材は近代的な自社工場に運ばれ、うどんに加工されていくのですが、

製麺においては香川伝来の「足踏み」を未だに続けておられるとのことですから、そのうどんに対するこだわりは並々ならぬものを感じますよね。

 

確かにおばあちゃんが足で丹念に踏みつけたうどんは美味しそうですが、衛生面がやや心配なのも事実。

その点、岡坂商店さんは近代的な設備と、厳格な衛生管理の下でこれを行っていますから、

消費者としても安心して美味しいうどんを頂くことが出来ますよね。

こうして打ち上がったうどんは、半生の状態で真空パックされ配送されますから、

打ちたての本場讃岐うどんを、製造より60日間も自宅で美味しく頂くことが出来るという訳なのです。

実際に調理してみると、まずは茹で上がった麺の色艶の良さに驚愕。

早速食してみれば、強烈な歯応えの中、小麦の何とも言えない旨味が滲み出して来て、これは正に絶品。

そしてゴクリっと飲み込めば、その喉越しまでも素晴らしく、讃岐うどんの美味しさここに極まるといった滋味を提供してくれるのです。

地元香川県民の間でも贈答品としてやり取りされるというご当地お墨付きの讃岐うどんお取り寄せのおすすめ品を、是非ともご自宅でご堪能頂きたい!

スポンサーリンク

 

讃岐うどんについて管理人より一言

麺の茹で上がりを見れば、食べずともうどんの美味しさが判る。

そんなことを言っていた香川県出身の友人がおりました。

その話を聞いた時には、到底信じられないものがありましたが、この岡坂商店さんのうどんを食べて以来、彼が言っていたことが事実であると認めざるを得ません。

お湯から上がって来た岡坂商店さんのうどんは、妖艶なまでの色艶を誇っている上、

街にあるうどん店の麺とは、色が全く異なっていて、見た目から美味しさが滲み出しているが如くなのです。

管理人がこのうどんを初めて食べたのは、お歳暮に頂いたものでしたが、それ以来、自宅のストックを切らさないよう頑張っております。

これだけのクオリティーを誇るうどんですから、やはり冷やして、ツルリと頂きたいところですが、

温かい出汁に入れることで、また別の旨味が発生して、こちらも捨てがたいものがあります。

うどん県の方々が何故そこまでうどんを愛せるのか・・・。

その答えがこのうどんの中に詰まっているように思えます!

讃岐うどん2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・讃岐うどん

出典 岡坂商店HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ