崎陽軒シュウマイ通販で、横浜の味を楽しもう!

崎陽軒

 

全国各地に存在しているご当地グルメですが、その中には「地域の方々に愛される」ばかりか、

最早その土地の『アイデンティティー』とさえなっているメニューがあると言われています。

例を挙げれば、博多のとんこつラーメン、水戸の納豆、小田原の蒲鉾など、地名を聞いた瞬間に多くの方々が脳裏に

そのメニューを思い浮かべるのですから、これはもはや「ご当地もの」という言葉だけでは表せないものがありますよね。

そんなアイデンティティー的な食べ物中に、『横浜のシュウマイ』という一品があります。

横浜在住の方に聞けば、シュウマイが食卓に並ぶ頻度は非常に高いと言いますし、

お弁当と言えばシュウマイ弁当が定番となっているとのこと。

本日はそんな横浜名物シュウマイと、唯一無二のメーカー・崎陽軒さん、そして人気の崎陽軒シュウマイ通販についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

横浜の人々とシュウマイ

「横浜と言えばシュウマイ」、「シュウマイと言えば横浜」と、もはや切っても切れない関係にある両者ですが、

他の地域のご当地グルメと大きくことなる点は、「横浜のシュウマイという食文化が、株式会社崎陽軒という一民間企業により築かれたもの」であるという点です。

実際、横浜の方にインタビューしても、シュウマイ自体に強いこだわりがある訳ではなく、

市内各所にある崎陽軒の販売所を見掛けた際に「今晩のオカズはシュウマイにしよう!」、「お昼はシュウマイ弁当を食べよう」など、

崎陽軒さんあってのシュウマイ文化となっているとのこと。

そもそもこのシュウマイというメニュー、正式には『焼売』と漢字で記する、由緒正しい中華料理の一品です。(当然ですが)

その製法は、味付けした豚の挽肉を小麦の皮で包み、蒸籠で蒸し上げたものであり、ご当地随一の観光地であり、

横浜食文化の中心地でもある中華街においても、多くの店舗で提供されているメニューとなります。

しかしながら、横浜っ子的には「崎陽軒のシュウマイ」と、「中華料理店で出てくる焼売」は、『完全に別物』との

認識を持つ方も多いとのことですから、如何に崎陽軒のシュウマイが市民権を得ているかが解りますよね。

では、これ程までに横浜の方々のハートをガッチリとキャッチする崎陽軒さんとは一体どのような企業様なのでしょうか。

崎陽軒2

 

崎陽軒の歴史

崎陽軒さんが創業されたのは1908年(明治41年)のことであったと言います。

この開業の段階において、その主力商品は既に「シュウマイ」であったとのことですから、『シュウマイ一筋100年以上』という、大変に気合の入った企業様となっているのです。

そんな崎陽軒さんが大きく業績を伸ばす切っ掛けとなったのが、起業当初から「桜木町駅構内での販売権」を獲得していた点であり、

まだ鉄道も珍しかった時代から、『横浜と言えばシュウマイ』というイメージを築いて行きました。

また人気となった背景には、シュウマイ自体の美味しさも大きな要素となっており、

創業当時から、持ち帰りを前提とした「冷めても美味しい商品の開発」が最優先事項に据えられます。

そこで、現在でも横浜中華街の人気店として名を轟かせる順海閣の料理人・呉遇孫氏が考案した、

ホタテ貝柱入りのレシピが採用されることとなり、一世紀近くの時を経た現在でも、その味を頑固に守り続けているです。

 

そして、常に変わることのない絶品シュウマイは、横浜名物として定着していくこととなり、

今も「日本で一番売れるお弁当」とされるシュウマイ弁当の発売などを経て、その地盤を盤石なものへとしていくのでした。

なお1967年(昭和42年)には、これまでの箱入りシュウマイに加え、「真空パック入りのシュウマイ」を開発し、長い賞味期限と味の両立を図ることにも成功。

因みに「真空パック」という言葉自体、このパック入りシュウマイの販売により、世に広まったものとされていますから、その影響力の大きさ思い知らされますよね。

また、お馴染みのイメージキャラクター「ひょうちゃん」に、駅のホームでシュウマイ弁当を販売するシュウマイ娘(女性社員がチャイナドレスを着て販売していた)など、

様々な企業努力の甲斐もあり、崎陽軒の名は地元を代表する食品メーカーとして、知れ渡って行きます。

そして現在では、食品事業の他にもホテル業やレストラン業など、様々なビジネスを展開し、横浜の地域発展の一翼を担う存在となっているのです。

今回はそんな崎陽軒さんの真空パック入りシュウマイについてレポートさせて頂きます。

スポンサーリンク

 

崎陽軒シュウマイを実食!

真空パック式のシュウマイ自体は、昭和42年から販売されているとのことですから、食べたことがあるという方も少なくないと思われますが、

包装などへの工夫は日進月歩で行われており、現在のものは電子レンジの温めに際し、パックが膨張。

まるで蒸し器で蒸したような状態にシュウマイを仕上げてくれる仕様となっています。

実際に食してみれば、レンジの中でパックの破裂音と共に蒸し上がったシュウマイは、ホクホクの熱々となっており、

口に含んだ瞬間、ホタテの奥深い香りと豚肉の旨味が絶妙なハーモニーを楽しませてくれる逸品となっており、その味は正に極上。

また、パックの切り口からシュウマイを箸で摘まんで食べることにより、時間の経過と共にシュウマイの皮が固くなる現象も防止出来ますから、

最後のひとつまで美味しく頂けるのが、真空パック商品の利点であると思います。

横浜人に心底愛されるあの味を、崎陽軒シュウマイ通販で味わい尽くしてみては如何でしょうか?

崎陽軒3

 

崎陽軒について管理人より一言

関東近県に住んでいる管理人にとって、横浜と言えばシュウマイの街というイメージが定着しています。

通っていた学校の立地上、横浜の友人も少なくなかったのですが、彼らの話を聞く限りは、

『地域の皆がシュウマイ好きという訳ではないが、折に触れ、当たり前に食卓へ上るのが崎陽軒のシュウマイ』であり、

気が付けば食べることになる「日常食」というのが、その位置付けであるようです。

横浜に行かずとも販売店自体は存在するため、私も何度かは食べたことがありましたが、

横浜の友人から紹介された真空パックを頂き、その美味しさに目を見張ってしまいました。

以前は通常の紙パックの商品が当たり前だったのですが、今では真空パックの方がスタンダードであるようで、

シュウマイ自体の味は変わらないのに、これまでよりも何倍も美味しく感じてしまいました。

100年間変わらないのはそれだけのクオリティーを持っているから。

そんな当たり前のことを再認識させられる崎陽軒シュウマイ通販を是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・焼売

出典 ウィキペディア・崎陽軒

出典 崎陽軒HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ