鹿児島醤油通販・専醤!絶品ご当地醤油をお取り寄せで召し上がれ!

鹿児島醤油・専醤

 

日本人なら嫌いな人はいないであろう調味料、醤油。

嫌いどころか、一日に一度も使わない日は無いという方も少なくないのではないでしょうか。

ひと昔前までは、スーパーに行っても大手メーカーが製造している醤油が数種類並んでいるだけという状況でしたが、

近年では数多くの銘柄が取り揃えられており、既に自分好みの醤油を見付けておられる方も少なくないことと思います。

しかしながら、こうした状況にあっても「醤油なんてどれも同じ、若干味が違うだけでしょ!」とお思いの方もまだまだ多いようです。

そこで本日は、今食通の間で密かなブームともなっている極上のお取り寄せで調味料、鹿児島醤油通販・専醤をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

薩摩の醤油はここが違う!

ご存じの方もおられるかもしれませんが、醤油の味は全国で微妙に異なるもの。

そんな中でも特に強いインパクトを有しているのが、九州地方の醤油であり、16世紀頃から使われる様になった醤油の原型「たまり」に近いと言われる独特の味わいを有しているのです。

また、砂糖の産地である沖縄が近いこともあり、全般に甘めであるのも特色とされています。

そんな九州の醤油の中でも、ダントツの甘さと濃厚さで知られるのが鹿児島県、薩摩の醤油。

本日ご紹介の専醤はそんな鹿児島醤油において、絶大な人気を誇っている逸品であり、ご当地はもちろん、全国各地の料理店、そしてお取り寄せマニアからの絶大な支持を集めているのです。

そもそも鹿児島の醤油は、古来よりご当地で使用されて来た甘い薩摩味噌と、奄美諸島で取れる黒砂糖が融合された醤油であり、別名・甘露醤油とも呼ばれるもの。

そんな甘い醤油の中でも、藤安醸造が製造する専醤は「極甘口」を名乗っているくらいですから、その強い甘みをご想像頂けるのではないでしょうか。

鹿児島醤油・専醤2

 

専醤を実食!

さて実際に専醤を食した際、まず驚かされるのが、その素晴らしいまでのトロミであり、ねっとりとボトルから流れて出て来る様には一瞬目を奪われてしまうはず。

そしてお刺身などに専醤を付けて口に含めば、こってりとして濃厚、ふわりと広がる甘みと旨味が脳髄を突き抜けていくのをご体感頂けることと思います。

ここまで濃厚な醤油だと食材の味が消されてしまうのではと心配になられる方もおられるかもしれませんが、

本品はそのパンチのある味に係らず、決して食材本来の味わいを妨げることはない上、その旨味を二倍、三倍にも引き出してくれる特性を有しているのです。

また、醤油でありながら強い旨味を有しておりますから、煮物や炒め物に利用してもその仕上がりは絶品であり、味りんなど他の調味料不要の、時短アイテムとしても人気が高いとのこと。

薩摩の地が育んだ極上のお取り寄せ調味料、鹿児島醤油・専醤で、ご自宅の食卓をワンランク上のステージへ押し上げてはみませんか?

スポンサーリンク

 

鹿児島醤油について管理人より一言

旅行で鹿児島を訪れた際、自分用のお土産として購入したのが、こちらの鹿児島醤油・専醤でした。

もともと九州料理が大好物な管理人は、こうした料理を扱う居酒屋などでその味を知り、九州の醤油の美味しさに着目しておりました。

しかし、関東のスーパーなどでは、なかなか質の良い甘口醤油を手に入れられず、何時かご当地に行ったら必ず手に入れてやろうと狙っておりました。

そこで鹿児島に行った際、九州地方でも最高の甘みを誇るとされる薩摩の醤油・専醤を購入。

早速持ち帰り、お刺身と共に頂いたのですが、その最初の一口の衝撃は今でも忘れることが出来ません。

これまで自分が知っている甘口醤油とは、甘さはもちろん、旨味の強さまで比較にならない強烈な逸品であり、

白身の刺身に合わせれば、淡白な白身を非常に濃厚なものとしてくれますし、青魚(アジやサバ)、マグロとの相性も抜群です。

以来様々な料理、食材で試しているのですが、これが本当に何にでも合ってしまう。

鹿児島醤油・専醤3

 

納豆のタレとして利用すれば、これまでに経験したことのない滋味が楽しめますし、玉子掛けごはんの調味料としても絶品。

また、管理人はダイエットに励んでおりますので、サラダにも掛けてみたのですが、この醤油一つで立派なドレッシングとして成立していましますから、カロリーを抑えたいという方にもおすすめなのではないでしょうか。

ただし、甘い口当たりではありますが、あくまで醤油ですから、掛け過ぎには十分にご注意頂ければと思います。

鹿児島、薩摩の風土が育んだ激ウマ・極甘醤油「専醤」は、どんな食材からも美味しさを引き出す魔法の調味料!

一度試したらクセになること確実の絶品ご当地醤油を、お取り寄せで楽しんでみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・醤油

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ