生胡椒塩漬け通販でお料理をもっと美味しく!生アンコールペッパー

生アンコールペッパー

 

普段から何かと食する機会が多い香辛料と言えば、「胡椒」なのではないでしょうか。

レストランと名が付く場所であれば、胡椒はまず間違いなく置いてある調味料となりますし、

ラーメンを食べる時でさえ欠かせない代物ですから、我が国においても一人あたりの年間消費量は相当なものとなるはずです。

また、ピリリと刺激的でありながら、食材の味をグンっと際立ててくれる胡椒は、名実共に世界最高峰のスパイスと言えるでしょう。

しかしながら、そんな慣れ親しんだ胡椒が「何時頃から食べられ、どのように製造されているのか?」、

そんな疑問に即答出来る方は意外に少ない様に思えます。

そこで本日は、世界中の方々を魅了して止まない調味料の王様「胡椒」と、今話題の生胡椒塩漬け通販についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

胡椒の歴史

今でこそ料理の食味を向上させるために使用されている胡椒ですが、

その成分の中には抗菌・防腐そして防虫作用があるため、古来より「食品保存の手段」として用いられて来ました。

その利用の歴史は古く、紀元前4世紀にはギリシアの植物学者テオフラストゥスが、

胡椒に関する研究を行っていたという資料も発見されているといいますから、その起源はこれより遥かに時代を遡ることが出来そうです。

そして時代は下り、この胡椒の価値が大幅に跳ね上がる時期が到来します。

これは15世紀半ばからヨーロッパにて始まった大航海時代幕開けによるもので、長期間に及ぶ航海には食品保存料としての胡椒が必要不可欠となり、その価格は高騰。

時には、胡椒が貨幣の代わりに使用されることもあり、「同量の金と同じ価値を有していた」という伝説が生まれたのも、こうした事態を受けてのことであるようです。

さて、そんな胡椒と我が国との係りはと言えば、遥か古来に中国大陸から伝えられたとの説が有力であり、「胡椒」というネーミング自体も中国風の呼び名となっています。

奈良時代の756年には、亡くなった聖武天皇の遺品としてお寺に納められたとの記録が残されておりますので、その伝来はこれより更に昔のことであるようです。

日本でも古代においては保存料、漢方薬として使用されており、胡椒が持つとされる整腸作用、胃腸薬としての効果は、

現代医学においても立証されいるとのことで、正に食べる漢方薬として珍重されていくことになります。

生アンコールペッパー2

 

胡椒には種類がある?

この様に長い歴史の中で人間との深い関わりを持ってきた胡椒ですが、料理などに使う際には「4種類」のものが用いられていたのをご存じだったでしょうか。

それは黒胡椒・白胡椒・赤胡椒・青胡椒の4種類となります。

「黒胡椒は熟していない実を乾燥させたもの」、

「白胡椒は熟した実の皮を剥いたもの」となりますが、

この二つは日本でも良く見掛けますよね。

これに対して「赤胡椒は、熟したものを皮ごと使用するもの」であり、南アメリカの料理などに用いられるといいます。

そして「青胡椒は、熟す前の実を塩漬けにしたもの」となり、タイやカンボジアの料理には欠かせない、魚・肉共に抜群の相性を誇る調味料なのです。

そこで本日は、大変に珍しい青胡椒の一種・生胡椒塩漬け「生アンコールペッパー」をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

生アンコールペッパーについて

まるで瓶に詰めたキャビアの様にも見えるこちらの商品こそ、今日本料理界に旋風を巻き起こしている生胡椒塩漬けなのです。

「青胡椒」や「胡椒の塩漬け」自体は東南アジアではそれなりに知られた調味料ではあるのですが、

日本での知名度は非常に低い上、生産国のお国柄もあり、製品の安全性やクオリティーに問題があることが少なくありませんでした。

しかしながらこちらの商品に関しては、輸入メーカー様が厳しい生産管理体制の下で販売を行っている上、

「無農薬・無添加」という強いこだわりを持って製造されているという安心の逸品となっているのです。

 

こうした姿勢は日本の料理界でも高く評価され、その名を聞けば誰でも膝を叩くような一流の料理店や名シェフからも、注文が殺到しているという今注目の調味料なのです。

さて、実際にそのお味を試してみれば、かなり強い塩分を持ちながらも、フレッシュな胡椒の香り満点の一品となっており、

お刺身やローストしたお肉と最強の相性を発揮してくれます。

また、噛む度に「プチプチ」と魚卵の様に弾ける食感は大変に新鮮なものがありますし、

食材の生臭さを消し、旨味を極限まで引き出してくれるその効果は、正に珠玉の逸品と言うことが出来るでしょう。

今、食通たちの間で密かなブームを巻き起こしている生胡椒塩漬け「生アンコールペッパー」を是非ともお試し頂ければと思います。

生アンコールペッパー3

 

生アンコールペッパーについて管理人より一言

食べることが大好きな管理人ですが、正直あまり胡椒に関してはこだわりを持ってはいませんでした。

確かにレストランなどに行った際には使用する機会も多いのですが、「食材本来の味が胡椒により消されてしまう」ように感じてしまい、

使う時は必要最低限というルールを自分に課していました。

そんなある日、友人に勧められたのがこちらの生胡椒塩漬け「生アンコールペッパー」であり、

本当にそんなに美味しいの?と疑いながらその味を試してみました。

しかしながら「その味」は、想像を超える刺激と旨味に溢れた代物であり、

生ハムやカルパッチョ、グリルチキンやステーキなど、どんな料理と合わせても最高の味を引き出してくれたのです。

これは是非とも手に入れたいと、早速通販で購入してみたのですが、今ではすっかり手放せない相棒となっております。

本当に何にでもあう調味料ですが、特におすすめなのはブルーチーズなどクセの強いチーズと共に頂くことで、

本来得意でなかった香り強めのチーズが、私の中で大好物に格上げされてしまった程です。

間違いなく近々ブレイクを遂げるであろうニューカマー調味料、生胡椒塩漬け「生アンコールペッパー」を是非ともお試し頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・胡椒

出典 株式会社FORESTJAPAN HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 79昨日の閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 33562総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ