藤商店からし酢みそ通販で、和の逸品料理をお手軽作成!

からし酢みそ

 

繊細な味わいを奥義としているのが、「日本料理」であると言われています。

確かに他国の料理と比べ、「素材の味を大切にし、出汁の味を決め手とする」和食においては、

ほんの僅かな味付けのミスが料理の味に、致命的な影響を及ぼすことも多く、この微妙な調整こそが『和食の命』であることは間違いありません。

この様に記すると、和食を作ることが「少々恐ろしこと」の様にも感じてしまいますが、

我が国が世界に誇れる洗練された食文化を作り上げてこられたのも、こうした「厳しい環境で調理技術を磨き続けて来た」ことによる結果なのですから、

この国に生まれたことに感謝し、料理の腕前を磨くべく精進を重ねるべきなのでしょう。

さて、そんな日本料理の世界には、「合わせ調味料」という我が国独特の技法が存在します。

有名なところでは、酢と醤油を合わせた「酢醤油」に、お餅を食べる際に使用する「砂糖醤油」、

また、近年になって登場したものなら「辛子マヨネーズ」などがこれに当たりますが、

こうした合わせ調味料という技法も「味の繊細さを重んじる我が国ならではの文化」であるようです。

そんな合わせ調味料の中でも特に高い人気を誇り、多くの食通を唸らせているのが「酢みそ」であることをご存じでしょうか。

本日は合わせ調味料の王様、酢みそと、人気の商品・藤商店からし酢みそ通販についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

酢みその歴史

酢みそと聞いても「今ひとつピンっと来ない・・・」、そんな方も少なくないかもしれません。

そんな方に思い出して頂きたいのが、居酒屋などで提供される茹でたホタルイカに絡められている「甘酸っぱいソース」であり、それこそが「酢みそ」となります。

そもそもこの酢みそ、日本古来の料理であり、郷土料理でもある「ぬた(饅)」に利用される調味料として、開発されたものとされているのです。

「ぬた」は、ネギやワケギなどの野菜類を酢みそで和えたものが一般的ですが、

マグロ、貝類と和えたものは、大変な珍味として珍重されており、高級料亭や寿司店にて提供されることも多いとのこと。

そんな「ぬた」の発祥については、あまりにも古い料理であるため定かでない点も多いのですが、

徳川家康が活躍していた時代、1603年に書かれた日葡辞書という書物には、既に現在と変わらぬ「ぬた料理」の描写が登場しており、

少なくとも室町時代以前まで、その歴史を遡ることが出来るようです。

からし酢みそ2

 

万能調味料・酢みそ

この様に日本人とは大変に古い付き合いのぬたですが、その最大の魅力は「調理が簡単な上に、食味が大変に優れている」という点です。

酢みそさえ出来てしまえば、和えるだけで野菜に魚、貝など大抵の食材と抜群の相性を見せますから、

和食系の料理店では、「メニューに困ったら、とりあえずぬたを作れ」とも言われているとのこと。

こんなお話を聞けば、「今晩のオカズにでも是非食べてみたい!」と思う方も多いと思いますが、

ここで忘れてはならないのが、美味しい「ぬた」は美味しい「酢みそ」があってこそのお料理であると言う点です。

そこで本日は、混ぜるだけで誰でもプロの料理人以上のぬたを完成出来ると評判の

「藤商店からし酢みそ」をご提案させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

藤商店さんと酢みそについて

こちらの藤商店さん、なんと創業150年という長い歴史を持つ酢みそ作りの老舗メーカー様なのです。

坂本竜馬などが活躍した幕末、慶応元年に福岡県福岡市で醤油メーカーとして産声を上げた藤商店さんは、醤油作りの傍ら、様々な食品製造に進出して行きます。

それまでにも多くのヒット商品を生み出しておりましたが、昭和44年、製造を開始したのが、こちらの「からし酢みそ」だったのです。

当時はまだ各家庭で酢みそを作るのが当たり前の時期でしたが、調理の手間が省ける上、

味も大変に美味しいと評判が評判を生み、あっと言う間に藤商店さんの看板商品になって行くのでした。

現在では料理店などプロの方からの注文も多いようで、「知る人ぞ知る絶品からし酢みそ」として、調理業界でその名を馳せる一品となっているとのこと。

 

さて、実際にそのお味を試してみれば、ネットリと練り上げられた酢みそは具材との混ざりも大変良い上、

酢、味噌、辛子、砂糖の調合が絶妙なものとなっており、噂通りどんな食材に使用しても、最高の滋味を引き出してくれます。

王道であるホタルイカやネギなどに使用するのはもちろんですが、鯛や鯖などのお刺身とも抜群の相性をみせますから、

既成のレシピにこだわらず、自分だけのオリジナル料理にトライしてみるのも楽しいかもしれません。

創業150年の老舗が送る、藤商店からし酢みそを是非ご賞味頂ければと思います!

からし酢みそ3

 

からし酢みそについて管理人より一言

大人になってからは、好んで和食を食べている管理人。

学生の頃までは、味よりボリューム重視の「洋」な食生活を送っていたのですが、

年齢のせいもあってか、素材本来の味が楽しめる「和食」が舌に合うようになって参りました。

ところが自炊をするとなると、味噌汁くらいなら何とか自力で作ることも出来ますが、

より高い技術を要する、他の和メニューにはなかなか手が出せずにおりました。

そんな折、行きつけの和食料理店の大将から教えて頂いたのが、この「藤商店からし酢みそ」だったのです。

和えるだけでプロ仕様のぬたが簡単に作れるのは非常に有り難く、今では手放せない調味料となっています。

また、野菜や魚ばかりか、肉やキノコとの相性も良いですから、我流の創作メニュー作りにも大変重宝しています。

困った時は「冷蔵庫にある食材と藤商店のからし酢みそ!」そんな言葉がしっくり来る老舗の味を是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・ぬた

出典 ウィキペディア・合わせ調味料

出典 藤商店HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ