山本食品わさびマヨネーズは和と洋の究極コラボ調味料!

わさびマヨネーズ

 

日本が世界に誇る食文化と言えば和食ですよね。

厳選された新鮮な素材を使用し、端正な出汁の味を効かせて仕上げる日本料理は、

もはや料理の枠を超えた「芸術的な逸品」と言っても過言ではないかもしれません。

そして、そんな和食の調味料と言えば、醤油に味噌、七味唐辛子など様々な種類のものがありますが、

特に重要視されるのが「わさび」なのではないでしょうか。

確かに海外にも「西洋わさび」と言われる調味料は存在しますし、

ただ単に辛みを出すという意味では唐辛子等、多くの香辛料が存在しています。

しかしながら、食材の味をより際立たせてくれる上に、生ものの臭みを消し、

あまつさえ殺菌効果まで有している日本のわさびは、世界中を見渡しても類を見ない存在と言えそうですよね。

本日はそんなわさびの特性を活かしながらも、抜群の食味を実現したおすすめの調味料、山本食品わさびマヨネーズについて記させて頂きます。

スポンサーリンク

 

マヨネーズとわさび

「わさび」と「マヨネーズ」という取り合わせに少々違和感を感じる方もおられるかもしれません。

わさびは日本固有の植物であり、飛鳥時代には漢方薬という位置付けながら、既に日本人が食していたという古式ゆかしい食材であると言われています。

片やマヨネーズは、フランス料理のソースから進化を遂げて来た調味料であり、

日本に上陸したのも大正時代に入ってからですから、わさびとは、生まれも育ちも全くことなる食材と言えるのです。

 

しかしながらこのマヨネーズ、日本の食材や料理と何故か非常に相性が良いことで知られており、

和辛子と合わせた辛子マヨネーズに、明太子の合わせた明太マヨネーズ、変わったところでは「カツオのタタキ」を食べるのに、醤油と共にマヨネーズを使う方もおられるようです。

こうした発想から考えれば、わさびとマヨネーズが「合わないはずがない」のは良く理解出来るところではありますが、それこそがコロンブスの卵。

これを現実に商品として販売する者は長年現れなかったのです。

そんな状況の中、わさびの名産地として知られる伊豆に居を構えるメーカー「山本食品」さんが、

ついにこれを開発・発売し、現在ちょっとした「わさびマヨネーズブーム」を巻き起こしているというのです。

スポンサーリンク

 

山本食品さんについて

こちらの山本食品さん、伊豆半島の付け根である静岡県三島市にて明治38年から創業を開始された老舗のわさび屋さんです。

本来は生のままのわさびや、わさび漬けなど伝統的な加工品をメインに扱ってこられたとのことですが、

より多くの方にわさびの魅力を知って頂きたいと、近年になり新商品の開発に力を注いでおられたとのこと。

そんな試行錯誤の中、ついに完成したのがこちらの「わさびマヨネーズ」だったのです。

発売当初から地元の土産物屋などでは高い人気を博していたと言いますが、この商品が本格的に脚光を浴びることとなったのは、

マツコ・デラックスさんが司会を務める某人気バラエティー番組で紹介されて以降のことであり、その後しばらくは生産が追い付かない程の注文が殺到したとのこと。

そして現在では、押しも押されもしない伊豆土産の名品として、安定的なセールスを記録し続けているのです。

わさびマヨネーズ2

 

わさびマヨネーズを食べてみた!

さて、実際にそのお味を確かめてみれば、ツンと来るような強い刺激はないものの、ワサビの風味や爽やかさはしっかりと残されており、

「マヨネーズは濃厚過ぎて苦手!」という方にも安心しておすすめ出来る秀逸な仕上がりとなっています。

基本的にはマヨネーズのテイストが強いので、キュウリやトマトなどの生野菜から、揚げ物・お好み焼き・サンドイッチなど、「通常マヨネーズを用いるメニュー」には何でも使用可能な上、

わさびの風味がこれまで以上の美味しさを表現出来ますから、「マヨネーズの味に少々飽き気味・・・」という方は打って付けの一品と言えるでしょう。

「わさびの特性を知り尽くした」老舗屋わさびさんだからこそ実現出来たマヨネーズとわさびの奇跡のコラボ商品、山本食品わさびマヨネーズの滋味を是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

わさびマヨネーズについて管理人より一言

以前に記した金目鯛の煮付けの記事おいても記したのですが、釣りを趣味とする管理人は折に触れて伊豆への「釣り旅行」に出掛けております。

自宅から伊豆まではそれ程の距離はないものの、旅行は旅行ですので、友人や家族には必ずお土産を買って帰るようにしています。

そして今から十年程前、ある土産物屋で手に取ったのが、こちらの「山本食品わさびマヨネーズ」でした。

物珍しかったので、お土産用の他、自宅用にも購入したのですが、わさびの風味がほんのりと香るマヨネーズは非常に美味しく、以来お土産の定番商品となっておりました。

そして最近になり、テレビ番組で山本食品わさびマヨネーズが紹介され、

以来ブームを巻き起こしているとの話を聞き、「自分の見る目は間違っていなかった」ことを喜ばしく思っておりました。

価格はやや高めですが、どんなお料理にも抜群の相性を発揮する商品ですから、試して絶対に損のない逸品だと思います。

和食材と西洋調味料が奇跡のコラボレーションをみせた珠玉の一品・山本食品わさびマヨネーズを是非ともご賞味頂ければと思います!

わさびマヨネーズ3

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・マヨネーズ

出典 ウィキペディア・ワサビ

出典 株式会社山本食品HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ