国産ピクルス通販ならNIPPON-SOZAI!新鮮野菜の滋味を召し上がれ!

国産ピクルス

 

日本で食事をする際、食卓に欠かすことの出来ないものと言えば「お漬物」ですよね。

口の中と舌をリセットしてくれる「箸休め的な役割」から、金沢のかぶら寿司のように「そのもの自体が主役」にも成れてしまう日本のお漬物は、世界にも充分に誇れる和食の一ジャンルですよね。

この様に我々日本人からすれば、「日本の漬物こそ世界一」という自負を持ってしまいがちなのですが、広い世界には様々な漬物が存在しているのもまた事実。

そこで本日は海外漬物の代表格『ピクルス』と、その製法を利用して日本人が作り上げた国産ピクルス通販のおすすめ品についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

ピクルスって一体どんな料理?

ピクルスと言えば、ファーストフード店などに提供されるハンバーガーやホットドッグに入っているものを想像される方が多いのではないでしょうか。

また、これらを食べた経験から、あまり美味しいという印象をお持ちでない方も少なくないのでは。

しかしながら、その発祥や派生を調べていくと実は「こうした認識」が大変な間違いであることに気付かされるはずです。

まず「ピクルス」という言葉ですが、「タクワン」や「べったら漬け」などのように、一定の漬物のことを指す固有名詞ではありません。

その意味は『漬物全般』を指す単語となりますから、日本の各種漬物も、韓国のキムチもひっくるめて英語では『ピクルス』と称されるとのこと。

そんなピクルスの発祥については、はっきりとしたことが判っていないのですが、中世またはそれ以前にヨーロッパで作られ始めたとする説が有力だそうです。

その後は、欧州各地にその製法が伝わり、地域の産物と人々の趣向に合わせた様々なアレンジが加えられていくのでした。

 

世界各地のピクルス

では、世界各地のピクルスにはどのようなものがあるのでしょうか。

私たちが最も食する機会が多いハンバーガーやホットドッグに入っているものは、主にアメリカで食されているピクルスとなります。こ

れは小ぶりなキュウリを酢漬けや乳酸発酵させたものとなり、輸入品を扱うスーパーなどでピン詰めにして売られているものは、これと同じ系統の漬物となります。

また、カレー店などで時折目にする玉ねぎのピクルスは、主にイギリスで食されのものとなっているとのこと。

実はこのイギリス、漬物においては先進国と言われており、この他にも様々な種類のピクルスが存在する上、変わったところではゆで卵をそのまま調味液に漬け込んだ「玉子ピクルス」なるものまで食されているというから驚きですよね。

このように意外に奥の深い文化を持つ海外のピクルスですが、その製法に更なるアレンジを加え、日本国内で絶品との賞賛を集めているお取り寄せピクルスが存在しているのをご存じでしょうか。

次の項では、このピクルスを製造しておられるNIPPON-SOZAIさんについてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

NIPPON-SOZAIさんのピクルス

NIPPON-SOZAIさんは、徳島県に本拠を構える有限会社エイブルフーズ様が運営する、お取り寄せ食品部門のブランド名となります。

エイブルフーズさんは、お弁当の仕出しなどから事業を開始しされ、現在では食品加工や介護福祉の分野にまで進出を果たしておられる徳島の優良企業様です。

食品と福祉という二つの事業は一見係りのないものにもみえますが、生命活動の根幹をなす「食」を充実させることこそ、良き人生を送る一番の近道であるとの信念のもと、ご高齢者様に対する事業展開を目指されたとのこと。

また、今回ご紹介の国産ピクルス通販に関しても、「地元徳島の美味しい野菜を全国の方に味わって頂くことにより、地域に貢献していこう」との熱い想いが、この製品を生み出す最大の動機であったそうです。

そんなNIPPON-SOZAIさんのピクルスとは一体どのようなものなのでしょうか。

国産ピクルス3

 

国産ピクルスを実食!

NIPPON-SOZAIさんでは、大変多くの種類の野菜をピクルスとして販売しておられ、中には先程お話したイギリスの玉子のピクルスまで含まれているというバリエーションの多さがが特徴。

そんな製品の中でも多くの野菜をバランスよく味わうことが出来る一品が「ミックス」と呼ばれるもので、その内容は大根・人参・キュウリ・レンコン・さつまいもというラインナップになっています。

これらの野菜は全て契約農家から仕入れた国産の厳選素材となっており、更にこれを完全無添加、無着色にて加工した絶品ピクルスとなっているのです。

実際に頂いてみれば、まず驚かされるの野菜の新鮮さであり、調味液にたっぷりと浸かり、90日もの賞味期限があるにも係らず、まるで取り立ての野菜のようにパリパリと瑞々しい仕上がりとなっています。

また、調味液の味も非常に優しいものとなっていますから、小さなお子様からご年配の方まで好き嫌いなくお召し上がり頂けるはずです。

但し、優しいながらもその美味しさは「極まったもの」となっており、現在各界の食通たちの間でも密かなブームを巻き起こしているとのこと。

野菜本来の美味しさと、ピクルスという料理の奥深さを存分に味わうことの出来る一品を、この機会に是非ともお試し頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

NIPPON-SOZAIピクルスについて管理人より一言

何故か子供の頃から、漬物に関してだけは不思議なこだわりがあった管理人。

このブログを運営することになったのも、「全国に存在する美味しい漬物を皆さんにご紹介したい」という想いが動機の一因であったように思えます。

但し、これまでもお取り寄せで様々なお漬物を食べて来たましたが、西洋のピクルスだけにはあまり食指が動かずにおりました。

こうした傾向の原因となっているのはファーストフード店のハンバーガーなどに入っているピクルスの味がいまひとつ好みに合わないため、そのイメージが強過ぎたためのように思えます。

そんな折、たまたま友人から頂いたのが、こちらのNIPPON-SOZAIさんの一品であり、あまり期待もせずに頂いたところ、その美味しさに大変驚かされました。

とにかく野菜がとても新鮮で、パリパリの食感にクセのない調味液の味が抜群。

現在では、冷蔵庫に野菜のストックがなくなった際の緊急用として、常備しております。

これまでのピクルス感を根底から覆す国産ピクルス通販をこの機会に是非ともご堪能頂ければと思います!

 

国産ピクルス4

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・ピクルス

出典 有限会社エイブルフーズ HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ