京都西利の千枚漬をお取り寄せで堪能しよう!

千枚漬

 

飽食の時代と言われる現在の日本。

一歩街に繰り出せば、多くの飲食店が立ち並び、世界各国のお料理を手軽に楽しめるようになりました。

中華料理、フレンチ、イタリアンからエスニック料理と、毎日食べ歩いても全てのメニューを制覇することなど決して出来ない程のお料理が、世間では提供され続けています。

しかしながらそんな様々なお料理も、数か月も食べ歩きを続けれると、どうにもならない「飽き」を感じてしまうというお話を良く耳に致します。

確かに様々な趣向を凝らした料理は魅力的なのですが、濃い味付けや奇抜な味のものを食べ続けると、もっとシンプルで素朴なものが食べたくなるものですよね。

そんな際、私たち日本人がついつい求めてしまうのが、美味しい漬物なのではないでしょうか。

出汁と塩気、そして野菜という非常に素朴な料理ながらも、その味の奥行きは無限に広いと言われる漬物は、正に日本人のソールフードと呼べる存在です。

また、そんな万人に愛されるメニューだけに、全国各地には様々な進化を遂げた絶品漬物が存在しているのですが、

本日はあらゆる漬物の源流と言われる京都の一品・千枚漬と、名店として知られる京都西利の千枚漬通販についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

千枚漬ってどんな漬物?

実はこの京都という街、漬物自体の発祥の地としても知られており、全国にある漬物のルーツを辿れば、その全てが京の都に辿り着くと言われる本場中の本場なのです。

そんな京都が誇るのが、三大漬物と言われている千枚漬・すぐき・柴漬という三種の漬物であり、

独特の製法で作られるその一品一品が、他の地域では決して真似の出来ない滋味を持つものとして珍重されています。

そしてその中でも、特に高い人気を博しているのが千枚漬であり、京都土産の定番として、またお中元やお歳暮等の贈答品として親しまれているのです。

年末が近付いて来ると、ニュース番組などで千枚漬の仕込みが開始されたという映像が毎年のように流されるので、

その製造工程をご存じの方も多いとは思いますが、原料として使用されるのは「聖護院かぶ」と言われる京野菜。

大ぶりのこのカブは亀岡盆地の篠地域にて主に栽培されており、昼と夜の強烈な寒暖の差に、度々発生する霧などの特殊な気象条件により、通常のかぶとは全く異なる甘く肉厚な実を実らせるのです。

 

この聖護院かぶをカンナのような器具で極薄にスライスし、昆布・唐辛子と共に調味液に漬け込み、発酵させたものが千枚漬となります。

実はこの千枚漬、三大漬物の中でも最も歴史が新しいことでも知られており、その発祥は約150年前の江戸時代、慶応年間とされています。

考案したのは当時の天皇に遣えていた料理人・大黒屋藤三郎であったといいますから、本来は宮中で食べる料理として生み出された一品だったようです。

そして時代は流れ、民間でも千枚漬が販売されるようになると、各メーカーがこぞってこれを製造。

そんな中で突出した人気を誇ったのが昭和15年に京都市下京区にて創業した西利(にしり)さんの一品であり、その絶妙なお味は後に総理大臣賞まで受賞することとなるのです。

本日はそんな京つけもの西利の千枚漬、お取り寄せ品をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

西利さんの千枚漬

既に述べた通り、西利と言えば千枚漬、千枚漬と言えば西利と言われる程の評価を得ている商品だけに、

既に食べたことがるという方も少なくないと思いますが、最高の聖護院かぶと昆布を使用して作られる千枚漬は正に絶品。

また、はっきりとしたインパクトのある味付けながら、何とも言えないまろやかさを有する調味液の味は、他社の製品とは比較にならない旨味を有しており、数ある京漬物メーカーの中でも千枚漬に関しては飛び抜けた人気を誇っているのです。

厳選した素材を使用し、添加物などを極力使用しないようにしているため、賞味期限はかなり短いものとなっていますが、

一度食すればあっと言う間に完食してしまうこと必至ですので、その点はあまり気にならないはず。

基本的にはご飯と共に頂くのが一番なのですが、日本酒のおつまみとしても愛称はバッチリですから、お酒好きな方にもおすすめです。

日本人の食の故郷とも言えるお漬物の最高傑作京つけもの西利の千枚漬で、お正月の疲れた胃袋を満たしてみては如何でしょうか。

 

千枚漬について管理人より一言

10年以上前から、西利の千枚漬の大ファンである管理人。

初めての出会いは京都に行った際、自分へのお土産として購入した一品でした。

大変に有名な商品であるため、パッケージには見覚えがあったのですが、食べるのは初めてであり、

何気なく箸で掴んだその一枚から、今に至るまで心を奪われ続けております。

サッパリとしながらも、発酵食品独特の濃厚さ、そして心地良い歯応えのハーモニーは大変に素晴らしく、定期的にネットでお取り寄せをするアイテムとなっています。

お酒好きな私的には、何も手を加えなくても、日本酒、ビール、焼酎とどんなお酒にも合うお漬物だと思いますが、細かくカットした千枚漬にブルーチーズなどを乗せて食べるのもお気に入り。

冷蔵庫に常備しておいて、絶対に損はない珠玉のお取り寄せ品であると思います!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 京つけもの西利

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ