ふき味噌通販・八百秀さんの一品で春の滋味を堪能せよ!

ふき味噌

 

世界でも有数の美味しい野菜の産地として知れているのが、私たちの国「日本」です。

市場に出回る野菜だけでも百種類を超えるとされおり、我が国が原産国となっている種は少ないものの、

外来の野菜に対しても品種改良を施し、他国では考えられないような手間を掛けて栽培されているといいますから、そのお味が素晴らしいと言われるのも、なるほど頷けますよね。

そんな日本で扱われる野菜の中に、「山菜」と呼ばれるジャンルが存在します。

山菜という言葉の本来の意味は、「山野に自生し、食用にする植物」とのことですから、厳密に言えば野菜とは異なるものということになりますが、

現在では、人工的に栽培されているものが殆どであるというのが、状況であるとのことです。

「たらの芽」に「ゼンマイ」、「ミツバ」に「ツクシ」など、その種類は非常に数多いのものとなりますが、その中でも山菜の王様と呼ばれているのが、春の味覚『ふきのとう』であるかと思います。

本日はそんなふきのとうと、この食材の美味しさを100%引き出した絶品お取り寄せ品・八百秀ふき味噌通販についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

ふきのとうについて

天ぷらに煮物など、様々なお料理に使用され、そのほろ苦い味わいが何とも素晴らしいこの食材ですが、「その正体は?」と聞かれると首を傾げてしまう方も少なくないことと思います。

このフキなる植物は、キク科フキ属に分類される、日本を原産地とする多年草です。

実はこの山菜、実に不思議な生態を持った植物となっており、花を咲かせるために生えてくる新芽は、根のように地中を這って生育し、地面からポッコリと顔を出すとのこと。

この新芽を「ふきのとう」として収穫する訳ですから、私たちは『フキの花のつぼみ』を食べていることになります。

なおこのふきのとう、そのまま放っておくとやがて花を咲かせるのですが、最後にはタンポポのような綿毛を形成し、風に乗って子孫を増やしていくとのことです。

ふき味噌2

 

また、新芽以外の茎などの部分には、ピロリジジンアルカロイド系の毒素が含まれおり、生のまま食すると食中毒の症状を引き起こすといいますから、ただ単に美味しいというだけの植物ではないようです。

こうした知識は古くから人々の間で知られていた様ですが、和食でお馴染みの「フキの煮物」などは、

わざわざ毒抜きをしてから、その「茎」を食べていることになりますから、フキという山菜が如何に人々から愛されていたかを思い知らされますよね。

さて、そんな絶品食材ふきのとうですが、春の味覚として知られる反面、その他のシーズンにはなかなか食することが出来ないという弱点も有しています。

そして「美味しいふきのとうを一年中味わえたら良いのに!」そんな願いお持ちの方に是非ともおすすめしたのが、こちらのふき味噌通販、八百秀さんの一品なのです。

スポンサーリンク

 

八百秀さんのふき味噌

この商品を製造されておられるのは、明治40年創業という老舗中の老舗である、「株式会社八百秀」という徳島県のメーカーさんです。

「ふき味噌」という言葉に聞き覚えがないという方もおれるかもしれませんが、これは細かく刻んだフキノトウを炒め、味噌で和えたもので、おつまみ・ご飯のお供として珍重される一品となります。

フキノトウ自体は古くから食されている食材ですし、ふき味噌も調理方法として非常にポピュラーなものとなりますから、

各地域でこれを製造・販売されている業者さんが存在していますが、シンプルな製法の料理だけにその品質はピンからキリ。

中には殆どフキの味がしない、粗悪な品物も多く含まれているのです。

その点こちらの八百秀の製品は、まるで摘みたてのフキノトウを食しているような素晴らしい香りを味わえるとして、グルメたちの間で高い評価を得ているといいます。

ふき味噌3

 

実際にこのふき味噌を試してみれば、瓶詰された蓋を開けただけでも、豊かなフキの香り室内に充満。

炊き立てのご飯などにこの味噌を載せ、これを掻き込めば、上品ながらも非常に濃厚な味噌の味と同時に「フキの香り」が鼻にズンッと抜けていく良品であり、

オカズとして、お酒のおつまみとして、最高の美味をあなたの食卓へと運んでくれるはずです。

なお、賞味期限も製造より約300日という長期に設定されておりますから、真夏や真冬でも「春の味覚」をじっくりと味わうことが出来ますよね。

山菜の王様として古来より愛されるフキノトウの滋味を何時でも味わえる、ふき味噌通販おすすめの逸品、八百秀さんお味を是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

ふき味噌について管理人より一言

春の味覚、ふきのとうの味に目がない管理人。

山菜は全般的に好物なのですが、そのベスト1を挙げろと言われれば、やはりこの食材の名を口にしてしまいます。

しかしながら、どんなに好物でも食べ物には旬があるもの。

春以外はその「フキ欲」をひたすら我慢するしかなく、泣く泣く諦めていたところ、出会うことが出来たのが八百秀さんの一品でした。

これまでも何度となく他のふき味噌を購入してはみたのですが、殆どフキの香りを感じられず、塩辛いばかりだったのですが、

こちらの商品の出来栄えは正に「天晴」な逸品であり、今では手放せない存在となっております。

ご飯のお供以外にも、炒め物やチャーハンの調味料として、抜群の威力を発揮してくれますから、ストックしておいて絶対に損はない一品であると思います。

ふき味噌通販、だんとつのおすすめ品をこの機会に是非ご賞味頂ければと思います!

ふき味噌4

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・フキ

出典 八百秀HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ