金沢かぶら寿司通販で、最強の贅沢漬物をご堪能下さい!

かぶら寿司

 

私たちが暮らす日本は、他の諸外国と比べて、「極めて優れた発酵食品の文化を持つ国である」と言われています。

もちろん海外にもチーズなど美味しい発酵食品は存在しますが、その種類の豊富さや味の繊細さにおいて、日本のクオリティーは非常に高い水準にあると言えるでしょう。

そんな我が国の発酵食品文化の最たるものと言えるのが「お漬物」です。

様々な野菜、時には魚介類などをじっくり丁寧に漬け込んだ逸品は、近年、海外からも熱い注目を集めているとのこと。

そんなお漬物の中にあって、最高級品として扱われており、お歳暮や贈答品としても珍重されている一品があるのをご存じでしょうか。

「大切な方へのお届けものがお漬物なの?」と意外に思われる方もおられるかもしれませんが、

石川県で伝統的に食されている『かぶら寿司』は、古来から最上級の礼を表す品として珍重されているのです。

本日はそんなかぶら寿司と、地元で圧倒的に人気を誇る名店・四十萬谷(しじまや)本舗さんの金沢かぶら寿司通販についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

金沢名物かぶら寿司とは?

かぶら寿司と聞いて、「あれ?漬物じゃなくてお寿司?」と疑問に思われた方もおられるかもしれません。

実はこのかぶら寿司、大ぶりの「カブ」を輪切りにしたものに切り込みを入れ、「ブリの切り身」をサンドして、麹に漬け込んだという、『寿司と言いながらもお米は使用していない漬物』なのです。

この説明だけを聞くと、「カブにブリを挟んだだけの漬物がどうしてそんなに高価なの?」という気もして来ますが、使用されるブリは最上級の寒ブリを使用した上、

カブの輪切りに際しても、丸い形のカブの「最も太い部分」だけを切り出し、残りは捨ててしまう(つまりカブ一個で、漬物一つしか作れない)という何とも豪勢な材料の使い方をする、贅沢な逸品となります。

また、熟成には一年もの期間を有するという手間暇の掛け方であり、高級品にもなるとたった一切れで、1,000円以上値が付くといいますから驚きですよね。

かぶら寿司2

 

かぶら寿司の発祥と歴史

そんなかぶら寿司の発祥については、はっきりした記録は残されていないものの、江戸時代初期には既に金沢近郊で正月料理として食されていたといいます。

古来よりこの地域の漁師が行っていた調理法が進化したものであるとか、この地を治めていた大名、前田家の殿様が考案したなど様々な説が囁かれていますが、

当時からお正月には欠かせないお祝い料理とされており、お歳暮としてお世話になった方へ届ける風習が生まれたようです。

以来、脈々と受け継がれて来た「かぶら寿司の文化」なのですが、第二次大戦が終了し、高度経済成長が始まった頃から、急激にその需要が伸び始め、今や金沢っ子には欠かせない絶品漬物として、その名を轟かせているとのこと。

さて、これ程までに金沢の方々から愛されているお漬物ならば、一度はその味を確かめてみたい思うのが人情ですよね。

そこで本日は、ご当地に数ある漬物メーカーの中でもだんとつの人気を誇る老舗、四十萬谷本舗さんの金沢かぶら寿司通販をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

四十萬谷本舗さんのかぶら寿司

四十萬谷(しじまや)本舗さんが、金沢にてご商売を始められたのは、今からおよそ140年前の明治8年のことであるといいます。

四十萬谷(しじまや)という名前もかなり珍しいものがありますが、これは創業者の四十萬谷興右衛門氏の名から取られたものであるとのこと。

当初は味噌や醤油の製造をメインとされておられたようですが、時代の流れと共にその事業を漬物作りにシフトさせており、今では「かぶら寿司のトップメーカー」として、地元の方々に愛されているのです。

そんな四十萬谷本舗さんの製造現場を見てみれば、使用するカブは専属契約を結んだ農家さんが栽培したものの中から、更に選りすぐりの最上級品を使用した上、

切り身に使うブリの選定も、厳しい基準を設けて仕入れを行っておられるとのこと。

また製造ラインは、最新の衛生的な設備を導入しながらも、江戸時代より伝わる伝統の製法をしっかりと守っておられ、

製造の陣頭指揮を執っている職人さんは、日本特産農産物協会から日本初のかぶら寿しマイスターを資格を授与されるなど、その技量の程は地元でも随一のものとなっているです。

 

実際にそのかぶら寿司を頂いてみれば、カブ全体にゴッテリと載った美しい麹は、見た目だけでもこの漬物が只者ではないとこを主張。

ガブリッと齧り付けば、歯応えの良いカブの食感と、熟成した麹の旨味、そして美味しさを120%引き出されたブリの滋味が混然一体となって舌に絡み付き、

そのお味は漬物というジャンルを飛び出した、「極上の和総菜」とった趣となっているのです。

なお、かぶら寿司単品でも、お酒のおつまみとして充分過ぎる美味しさを発揮してくれますが、

ご飯と共に食しても相性は物群であり、白米と一緒にお口に掻き込めば、「漬物の王様」とも言われるかぶら寿司の美味しさを「これでもか!」とご実感頂けることと思います。

お漬物好きにはもちろん、そうではない方にも、一度は食して頂きたい絶品ご当地グルメ、金沢かぶら寿司通販をこの機会に是非ともお試し頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

かぶら寿司について管理人より一言

テレビで放映されている、某人気ご当地バラエティー番組が大好きな管理人。

仕事が忙しい時も、必ず録画をしてチェックするようにしているのですが、その番組で先日紹介していたのが、こちらの「かぶら寿司」でした。

お恥ずかしながら、これまでかぶら寿司の存在を知らなかったのですが、実は金沢にも親戚が住んでいるため、慌てて電話をしてみました。

すると番組で報じられていた通り、金沢の皆さんは揃ってこの漬物が大好きであり、「これを食べないと正月が来ない」とも言われている程の人気であるとか。

これは試してみなければと早速注文してみたのですが、これが何とも言えず美味しい!

これまで各地のご当地漬物を食べて来ましたが、単品でメインディッシュにも成れる程の逸品には、初めて出会った気が致します。

お酒にもご飯にも最高のお供となる金沢かぶら寿司通販で、その実力の程を是非お確かめ頂ければと思います!

 

かぶら寿司3

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・かぶら寿司

出典 四十萬谷本舗HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ