さば味噌煮通販で、老舗の絶品惣菜をお取り寄せ!

さば味噌煮

 

飽食の時代とも言われる現代の日本では、一歩家を出るだけで、コンビニにスーパーなど様々な場所で「美味しいお持ち帰りメニュー」にあり付くことが出来ます。

また以前は、ご飯とオカズがセットになったお弁当系のものがテイクアウトメニューの主流でしたが、今日ではお惣菜のみで販売されているケースも珍しくなく、「ご飯は家で炊くがオカズは買ってくるもの!」というご家庭も多いとのこと。

そして、常にメニューの「目新しさ」が求められる外食産業では、新しい趣向の惣菜を次々に商品化されており、『同じオカズをローテーションで食べ続ける』といった食生活は、既に遠い過去のものとなってしまっているようです。

しかしながら、現代となっても根強い人気を維持し続ける昔ながらも惣菜も間違いなく存在しており、その代表格とも言えるのがご飯と相性抜群の「鯖の味噌煮」なのではないでしょうか。

そこで本日は古くから愛され続けるこの絶品惣菜、お取り寄せ品として人気のさば味噌煮通販についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

日本人と鯖の味噌煮

さばの味噌煮の発祥については、詳しい文献などが残されていないため、何処で何時頃から食べ始められたものか判っていないというのが実情です。※千葉県発祥との説が有力ではあるようですが・・・。

しかしながら、北は北海道から南は沖縄まで全国の人々に食させれているばかりか、

ひと昔前には「美味しい肉じゃがとさばの味噌煮が作れることが、良いお嫁さんの第一条件」などという言われ方をしていた時期もあったといいますから、さばの味噌煮が如何に日本人に愛されて来たお惣菜であるかを思い知らされますよね。

なお、さばの味噌煮の基本的な作り方については、鯖の切り身を味噌と砂糖、酒、みりん、生姜で煮込むだけという単純なものではありますが、

某ネットレシピサイトには2000通り近いレシピが掲載されていると言いますから、これはもはや国民的なお惣菜メニューと言っても過言ではない一品と言えそうです。

こうした人気を背景に、食品加工業界ではこれまでに様々な「さばの味噌煮関連商品」が製造・販売されて参りました。

 

さばの味噌煮関連商品いろいろ

「日本人熱愛のさば味噌煮を、何時でも手間なく楽しみたい」というニーズに応えるべく、まず開発されたのが味噌煮を缶詰にした「さばの味噌煮缶」でした。

骨まで軟らかく煮られた鯖をタレごと缶に閉じ込めたこの商品は爆発的なヒットとなり、以降様々な食品メーカーから数多くの製品が販売されることとなりました。

その後、更なる食味のクオリティーを求め、レトルトパックのさば味噌煮が登場。

缶詰に関してはその製法上、通常の調理を行ったものとは「やや別物の仕上がり」となっているものの、ファンは非常に多いですし、

レトルトバージョンに関しては下手なお店で頂くものより遥かに美味しい商品も存在しており、多くの人の舌を楽しませているのです。

そして、そんなさばの味噌煮製品の中でも特にユーザーから高い評価を得ているのが、「株式会社浅田屋」が提供されている一品なのです。

スポンサーリンク

 

金沢浅田屋のさば味噌煮

株式会社浅田屋さんは、北の小京都として有名な石川県金沢、十間町に居を構える料亭の運営や食品製造業を手掛ける企業様となります。

このお店の歴史は大変に古く、創業は1659年の江戸初期にまで遡ることが出来るとのこと。

但し当時は時代劇でお馴染みの「飛脚」を生業としており、旅館や料亭の経営を始めたのは幕末の頃であったとされます。

これ以降は飲食業に力を注がれたようで、現在では「誰もが一度は行ってみたい金沢の老舗料亭」としてその名を轟かせているのです。

そんな金沢浅田屋さんが製造されておらえる「さばの味噌煮」はレトルトパックされたものであり、常温で90日間も保存が可能というありがたい仕様の一品となっているます。

これ程保存が可能となると心配になるのが「そのお味」ということになりますが、実はこの商品、あの超一流デパート「高島屋」の通販での扱われている程の逸品であり、そんな心配はご無用。

実際に食してみれば、レトルトパックされているにも係らず、鯖の身は大変フレッシュな状態をキープしている上、幕末から続く老舗で培われた伝統の技を活かした「味噌ダレ」は正に絶品。

電子レンジで数分温めるだけで、まるで和食割烹の名店で頂くような極上のさばの味噌煮を堪能することが出来るのです。

さば味噌煮2

 

浅田屋の美味しさを詰め合わせで!

またこの浅田屋さん、さばの味噌煮以外にも様々な焼き魚・煮魚のパック商品を販売しておられ、そのどれもが大変に美味しいとの評判を得ているとのこと。

そのラインナップを見てみれば、今回ご紹介のさばの味噌煮に加え、「鮭の塩焼き」に「ぶりの照り焼き」、「うなぎの蒲焼」に「秋刀魚の生姜煮」・「金目鯛の煮付け」と、海の幸の美味しさをこれでもかと味わい尽くせるセットになっているのです。

本日ご紹介の「さばの味噌煮」をご賞味頂き、浅田屋さんの実力にご納得頂けましたら、こちらのセットをお試し頂くのもよろしいかもしれません。

食の街・金沢の老舗がお届けする海の恵みを心ゆくまでご堪能頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

さば味噌煮について管理人より一言

お米が大好きな管理人にとって、ご飯のお供にどんなおかずを選ぶかは大変に重要な作業になります。

今やデパートの食品売り場などに行けばあらゆる惣菜が手に入りますから、「これまで食べたこともないようなメニュー」に出会うことが出来るものの、

やはりご飯にオカズ・ナンバー1は昔ながらの「さばの味噌煮」なのではないかと思っております。

しかしながら、簡単なお料理にも係らずその奥は非常に深く、自分では納得の行くものが作れないというのが現状。

お惣菜店などにも美味しいものが並んではいますが、もっと手軽に絶品味噌煮を食べる方法はないものかと頭を悩ませておりました。

そんな折に見つけたのが、浅田屋さんのさば味噌煮通販であり、長い保存期間をもちながらも驚く程の美味しさを両立させたその出来栄えに毎回感動させられます。

金沢の老舗が自信を持って提供する絶品味噌煮をこの機会に是非ともご賞味下さい!

 

さば味噌煮3

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・サバの味噌煮

出典 金沢 株式会社浅田屋

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 29昨日の閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 33417総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ