アワビ通販人気の一品、エゾアワビのやわらか煮を召し上がれ!

エゾアワビのやわらか煮

 

私たちの生活に、多くの恵みを与えてくれるのが「海」ですよね。

台風や津波など、一度その牙を剥けば人々に甚大な被害をもたらすこともありますが、

多くの海産物や資源を供給してくれることも事実であり、常に感謝と畏怖の念を持ち、海と接するべきなのでしょう。

特に我々日本人は、島国という特異な地理条件に住まう民族ですから、これまで「海の恵みにより命を繋いで来た」ことは疑う余地もありません。

魚に海藻、塩など海から得られる資源は枚挙に暇がありませんが、その中でも古くから人々に珍重され続けているのが、「貝類」です。

アサリにハマグリ、サザエに赤貝など、和食を語る上で欠かせない存在である貝類ですが、その王様と言えば、やはり「アワビ」なのではないでしょうか。

四方海に囲まれた我が国でも、超高級食材として扱われ、その価格に恥じない抜群の食味を持つアワビとは、一体どのような食材なのでしょうか。

本日はそんなアワビとアワビ通販人気の品、エゾアワビのやわらか煮ついてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

アワビと人間との係りについて

お寿司屋さんなどで良く目にするアワビですが、実はその種類は様々なものがあり、「クロアワビ」に「メガイアワビ」、「マダカアワビ」、「エゾアワビ」などの種が存在しています。

しかし、食材として流通する際に細かく種類ごとに分類されることは稀で、これら全ての種が属するミミガイ科の貝たちを総称して「アワビ」と称しているのです。

また、その生息域は非常に広範囲に渡っており、我が国では北は北海道、南は九州まで及んでいますし、中国大陸や朝鮮半島でも海の幸として珍重されています。

そんなアワビを何時から日本人が食しているかと言えば、一万年以上前に遡れる縄文時代の遺跡からも食用に供されたとみられるアワビの殻が発掘されていますし、

日本最古の和歌集である万葉集にもアワビを詠んだ句が残されており、平安時代には既に高級食材として、貴族たちに食されていたことが窺えます。

またこのアワビ、中国では食材としてはもちろんのこと、漢方薬として扱われていた時代もあり、その薬効の程は定かではありませんが、「肝臓の薬」や「眼病の薬」として珍重されていたようです。

こうした背景からか、我が国においては単なる海の幸という扱いを超え、「神様に捧げるお供え物」として、

また、「殻を玄関先に吊るすことにより魔除けの効果がある」と信じられていたりと、人々の生活に深く係って来た特別な存在と言えるでしょう。

 

現在のアワビ事情

しかしながら、近代に入ってからは乱獲などによって、その個体数は大幅に減少。

現在では、庶民にはなかなか手が出ない高級食材となっており、安さを売りにする回転寿司店などでは、

アワビの亜種であるトコブシ(形状はそっくりであるが、小ぶりで殻の穴の数が本物のアワビは5個程度なのに対し、トコブシで6~8個程度)使用していたり、

朝鮮半島などで捕獲された粗悪なアワビが我が物顔で流通しているのです。

折角、海産資源豊かな日本に生まれたのに、この現状は実に嘆かわしいことですよね。

そこで本日は安全・安心な国産にこだわったアワビ通販人気の品、エゾアワビのやわらか煮をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

エゾアワビのやわらか煮とは

「アワビと言えば、お刺身やステーキが王道!」とお思いの方も少なくないと思いますが、出し汁でコトコトと炊き上げた煮貝も、我が国伝統の調理法となります。

その発祥は山梨県とされており、彼の有名な戦国武将・武田信玄の屋敷跡からも大量のアワビの殻が発見されるなど、山梨のご当地グルメとして知られる一品なのです。

他の調理法に比べ、煮貝は保存に適した調理法であるため、山国である山梨でこの調理法が定着していったと思われますが、

今回のお取り寄せ品に関しても、賞味期限を長く確保することにより、コストダウンを図ることを目的に、この方法が採用されているようです。

また、エゾアワビという種類に馴染みがないという方もおられるかもしれませんが、北海道など北の海に多く獲れる種となり、

他のものに比べ少々小ぶりではありますが、クロアワビの亜種又は、同種のアワビとされておりますから、そのお味の程は折り紙付と言えるでしょう。

エゾアワビのやわらか煮2

 

製造業者・北海道美食生活さんについて

そんなエゾアワビのやわらか煮を販売されておられるのは、多くの北海道産食材を扱い、そのどれもが良品揃いであるとして評判を呼んでいる「北海道美食生活」さんです。

このブランドを運営されておられのは、「株式会社いころ」様という札幌市内に居を構える企業であり、本業は自然エネルギー機器の開発・販売であるとのこと。

その事業内容を見てみれば、多くの有名大学に製品を提供しておられ、会社としての信用度は盤石と言えそうです。

また企業理念には、「自然資源の利用こそ最高の社会貢献である」との信念が掲げられており、

『地元北海道産の美味しい食材(自然資源)を、全国に提供することも企業としての大切な使命』とお考えの様ですから、

この会社さんの製品が安くて美味しいというのにも納得させられますよね。

エゾアワビのやわらか煮3

 

アワビのやわらか煮を食べてみた!

さて、実際にこのエゾアワビのやわらか煮を手に取ってみれば、殻の付いたアワビが、出し汁と共にそのまま真空パックされているという強烈なインパクトを持つお姿で登場。

通常の通販品にはまず含まれない幻の珍味、アワビの肝までそのまま付いているのはありがたい限りですよね。

お味の方はと言えば、クセはないものの、風味豊かな出し汁で煮込まれたアワビは非常に柔らかく、歯の弱いご年配の方にも安心してお召し上がり頂ける柔らかさとなっております。

また、お味の方も、磯の香漂う「アワビ本来の味」が濃厚な逸品である上、滅多に味わえない肝の苦旨さも抜群であり、貝の王様アワビの味を120%堪能出来る傑作であると思います。

ご自宅用に、贈答品用にと高い人気を博するアワビ通販人気の品、エゾアワビのやわらか煮を是非ともご賞味頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

エゾアワビのやわらか煮について管理人より一言

父親が海国育ちであったため、幼い頃から様々な魚介類を食べて来た管理人。

しかしながら、他の貝類は飽きる程食べているのに、アワビだけは満足行くまで食べたことのない唯一の存在でした。

大人になった今になれば、アワビが如何に高級で希少な食材であるかは充分に理解出来るのですが、

「一度で良いから心ゆくまでアワビを食べたい」という夢を、未だに捨てきれずにおりました。

若かりし時には、素潜りで天然アワビの捕獲に挑んだこともありましたが、一度も成功した試しがありませんでした。

(ちなみに成功すると密漁として罪に問われます。当時は知らなかったとは言え反省しております)

以来、アワビへの憧れを常に持ち続けていたのですが、その夢を叶えてくれたのがこちらの「エゾアワビのやわらか煮」でした。

アワビ通販の中でもこの価格は破格の安さである上、国産品、それも美味しいとなれば、これは嬉しい限りですよね。

今では自宅用として、お世話になった方への御届け物として重宝しております。

アワビ通販人気の逸品、北海道美食生活・エゾアワビのやわらか煮を是非ともお試し頂きたい!

エゾアワビのやわらか煮4

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・アワビ

出典 株式会社いころHP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ