福井県・鯖の浜焼きを召し上がれ!

鯖の浜焼き

 

日本人であるならば、やはり欠かすことが出来ないのが魚料理ですよね。

若い頃には、肉さえあれば魚なんぞ不要!と思われていた人も、年齢を重ねる毎に魚の美味しさに目覚めていく方が殆どであるようです。

一言で魚と言ってもその調理法は様々であり、お刺身から煮魚、焼き魚に天ぷらとそのバリエーションは非常に豊富ですよね。

「通」と言われる者はお刺身を好む何ていうお話も耳に致しますが、常に美味しいお刺身を手に入れるのはなかなか難しいものがありますし、食中毒などのリスクを考えると食べるのに少し勇気がいるというのも事実です。

また、生食以外に美味しい食べ方がないのかと言えば、これは大きな間違いであり、刺身以上に美味しい調理法はこの世に山とあります。

スポンサーリンク

 

そんな中でも、特に人気が高いのが「焼き物」と言われており、板前修行の段階の中でも、

追い廻し→洗い方→揚げ場→焼き方と、焼き方はかなり後半で行う修行であることからも、その奥深さを知ることが出来ますよね。

お正月に付き物の鯛のおかしらに、ブリのカマ焼き、西京焼きに焼きさんまと美味しい焼き物は数あれど、その中で非常に高い人気を誇っているのが鯖(サバ)の焼き物であると言われています。

回遊魚であるため常に泳ぎ続けている鯖の身体は正に筋肉の固まりである上、水深の深い場所や冷たい海を泳ぐことも多いため、その身にはしっかりと脂を溜め込む性質を持っており、その身を焼けば脂溢れる最高の焼き物を作ることが出来るのです。

それ故、全国各地に鯖を利用しての料理が伝わっているのですが、最も歴史が深く、多くの方に愛されているのが福井県の鯖浜焼きであるとされています。

鯖の浜焼き2

 

何故、福井で焼きサバなのか?

焼き鯖の本場、福井県の若狭湾は日本海の中でも暖流と寒流が入り混じる絶好の漁場となっており、古代の都であった京都に海の幸を運ぶ供給地として栄えた場所です。

都の台所としての若狭湾の歴史は非常に古く、平安時代には既に都人のために漁を行っていたとの記録が残されています。

絶好の漁場であるためカレイ・アマダイなど、水揚げされる魚種も大変に豊富なのですが、その中でも特に珍重されていたのが、ガッツリと脂の載った若狭湾の鯖だったのです。

しかしながら、輸送機関の発達していない当時は、生のままの鯖を京都に運ぶことは不可能・・・。

そこで開発されたのが、炭火でじっくりと鯖を焼き上げる浜焼きという製法だったのです。

スポンサーリンク

 

浜焼きの美味しさの秘密

炭火の遠赤外線で時間を掛けて炙られたサバは、余計な脂を削ぎ落された上に、旨味はしっかりと閉じ込められており、

一口食べれば何とも言えない魚の美味しさがお口の中に広がる逸品で、都の人々を大いに喜ばせたといいます。

また、京都最大のイベントである祇園祭のお祝い料理として、当時の食卓を飾っていたのも福井県の鯖の浜焼きであったといいますから、京都の方にとっては滅多に食べられない高級料理であったのでしょう。

それから1000年、時代が移り変わってもその美味しさは何一つ変わることはなく、福井県若狭湾の名産品として人気を博しているのです。

現在、若狭湾周辺ではこの鯖の浜焼きを販売する店舗が数多く、訪れる観光客の舌を楽しませているとのこと。

ただ単に鯖を焼いただけに思えるこの料理ですが、実はその製造工程には非常に手間が掛かる代物であり、脂の載った良質な鯖を選び抜いた上、炭火で30分以上の丹念に炙らなければなりません。

 

また、切り身にした鯖は大変に身崩れしやすいため、美しい形で焼き上げるのは非常に難しく、焼き方専門の職人さんも存在する程。

そしてそんな鯖の浜焼きを提供する人気店としてその名を馳せるのが日本海さかな街内にある「はまやき安兵衛」であり、鯖の浜焼き専門店として並み居る競合店の中でも突出した評価を得ているとのこと。

そんな「はまやき安兵衛」さんが販売し、魚好きの食通たちを唸らせているのが、こちらのお取り寄せ品「はまやき安兵衛 焼きさば」であり、

真空パックにすることにより保存期間も長く、袋を開ければ直ぐに若狭湾の最高の鯖焼きが楽しめるとして、おみやげや贈答品として重宝されているのです。

口に頬張れば、濃厚でありながらもしつこくない極上の脂と、鯖本来の美味しさが広がる海香る焼き鯖を、今晩の食卓に上げてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・浜焼き鯖

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ