さんま缶詰おすすめの逸品、ストー缶詰水煮・味付を召し上がれ!

さんま缶詰

 

お刺身、煮魚、焼き魚・・・、魚料理は日本人にとって「ソウルフード」とも呼べるメニューですよね。

もちろんお肉を使用した料理も大変に美味しいのですが、

味の繊細さや複雑さ、料理の技法などにおいては、やはり魚料理に及ばないものがあるように思えます。

そんな魚料理において、特に日本人から親しまれているのが、アジやサバ、マグロなどの青魚であり、

その中でも最も食べる機会の多い魚は「さんま」なのではないでしょうか。

秋ともなれば季節の味としてスーパーの鮮魚売り場には大量のさんまが並びますし、

ワンシーズンに一度もさんまを食べないという方は滅多におられないと言われますから、

「日本人に最も愛されている魚」と呼んでも差し支えはないように思えます。

本日はそんな庶民のお魚・さんまと、さんま缶詰おすすめの逸品についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

さんまってどんなお魚

学術的に申し上げれば、さんまはダツ目ダツ上科サンマ科サンマ属に属する魚となります。

生息域は北太平洋一帯と言われていますから大変に広く、秋が近付くと産卵のため、

北は北海道から九州までの長い距離を回遊しますから、太平洋側であれば日本全国でも捕獲が可能なお魚となっています。

さんまという名前の由来については諸説あるそうですが、細いことを表す「さ」という文字に、魚の「まな」という字を足し、

「さまな」と呼んでいたものが「さんま」に転じたと言う説が一般的とされているとのこと。

また、漢字の表記については、古来、狭真魚または青串魚などと記されて来ましたが、

大正時代に佐藤春夫氏が「秋刀魚」という字を当てた詩が流行したことで、

現在の書き方が定着するようになったと言われているのです。

 

日本人とさんま

日本人との関わりについては、太古の遺跡からもさんまの骨が出土していることから、食料として歴史は古く、

落語「目黒のさんま」のように文学作品への登場も数多く見受けることが出来ますから、その関係性は大変に深いものがあるでしょう。

さて、そんなさんまの食べ方はと言えば、やはり旬の時期に「焼いて食べる」のが王道。

蒲焼や刺身などもあるにはありますが、かなり好みが分かれるメニューでもあり、あまり一般的とは言えないでしょう。

しかし、そんなさんまを一年中、とっても美味しく頂ける商品があるとしたら、とてもありがたいですよね。

そこで本日は密かな愛好者が続出しているという珠玉のさんま缶詰をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

老舗・ストー缶詰さんとは

こちらのさんま缶詰、北海道に本拠地を置く缶詰メーカー・ストー缶詰株式会社が販売している一品になります。

さんまの名産地と言えば気仙沼というイメージがありますが、

全国の地域毎の水揚げ高では気仙沼を抑えて北海道の根室漁港が1位となっている上、

上位5港の内3つが北海道の港となっている名産地ですから、

新鮮で質の良いさんまを容易に入手することが出来るという訳なのです。

このストー缶詰さん、創業は大正12年という老舗であり、基本的にはカニや鮭の缶詰を主力の商品とされています。

しかし、北海道ならではの新鮮で脂の載った「さんま」を見過ごす手はないと、さんま缶の製造に着手。

以降、そのあまりの美味しさに、多くの注文が殺到しているというのです。

味付けなどを変えた数種類の商品を発売されておりますが、今回は味付(和三盆糖使用)と水煮のお味をレポートしてみたいと思います。

 

味付(和三盆糖使用)について

この缶詰を食してまず驚かされるのは、さんま自体のクオリティーの高さだと思います。

缶詰のさんまというとポソポソとした食感のものを想像してしまいますが、

その身は大変にジューシー且つ柔らかいものとなっており、

一口齧った瞬間に濃厚なさんまの旨味と油の美味しさに圧倒されてしまうのです。

味付けは、さんまを和三盆(最高級和砂糖)を使用した甘しょっぱい醤油出汁で煮込んだものとなり、

ご飯のオカズとして抜群の破壊力を有する一品に仕上がっています。

さんま缶詰4

 

水煮について

これに対して水煮の方は、甘い味付けが苦手という人に向けて、最小限の調味を施した商品となりますから、

お醤油や塩、ポン酢などお好みの味付けでこのトロさんまをご堪能頂けるという訳です。

焼いたさんまは、もちろん美味しいのですが、お米との相性という意味では、こちらの商品の方が圧倒的に勝っているように感じます。

さんま缶詰おすすめの逸品、ストー缶詰さんの味付け、水煮缶をこの機会に是非ともお試し頂ければと思います!

さんま缶詰2

 

さんま缶詰に関して管理人より一言

子供の頃より、秋は焼きさんま三昧の生活を送って来た管理人。

炎に炙られ、ジュウジュウと脂を吹き出しながら焼けて行くさんまは、

見ているだけでも涎が出て来そうな絶品グルメですよね。

そんなさんま好きな私に、友人がお土産とし買って来てくれたのが、こちらのストー缶詰さんの商品でした。

これまでも「さんまの蒲焼缶」などは食べたことがあり、ポソポソとした食味にガッカリさせられた経験がありましたので、

あまり期待せずに口に運んでみたのですが、そのあまりの美味しさに絶句させられてしまいました。

兎にも角にもさんまの美味しさ、瑞々しさが半端ではなく、

これまで食べたあらゆる缶詰、否、あらゆるさんま以上の美味しさを味わうことが出来ました。

この記事を読んでいて、「そんなバカな・・・」と思われた方。

是非ともこの味を試してみてから、疑ってください。

さんま缶詰おすすめ品、ストー缶詰さんの商品を是非ともご賞味下さい!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・サンマ

出典 ストー缶詰株式会社HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ