金目鯛姿煮通販で伊豆の滋味を堪能しよう!

金目鯛

 

「世界でも最も多くの魚を食べる国」と言われている我が国。

四方を海に囲まれ、川魚も豊富である上、刺身に寿司など魚の調理法に掛けては世界一の技術を有していますから、

その食文化の中心に魚を頂くのも至極当たり前のことなのかもしれません。

近年では魚を食べる機会も減少傾向にあるように言われていますが、回転寿し店などには長蛇の列が出来ておりますし、

美味しいお魚料理を売りにしている割烹や居酒屋も繁盛しているようですから、時代の流れも「日本人の魚好き気質」を変えるだけの力は持っていなかったようです。

そんな魚料理の楽しみ方の一つに、旅行先などで食べる「地魚」というものがあります。

その土地土地で愛される魚の調理方法には、地域によってかなりの差がありますし、関アジや関サバのように、そのエリアでしか手に入らないブランド魚なども増えておりますから、

行く先々で地魚を頂くのは、ある意味で「ご当地グルメの食べ歩き」に近い要素を持っているかもしれません。

そんな地魚の中にあって、一際高い人気を誇っているのが伊豆半島の名物とされている「金目鯛」であると言われています。

そこで本日は伊豆の絶品地魚「金目鯛」と、その絶品お取り寄せ品・金目鯛姿煮通販についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

伊豆の金目鯛について

お魚の中でも、かなりポピュラーな部類に入るこの金目鯛を食べたことがない!という方は、むしろ少ないかもしれません。

お寿司屋さんなどでも時折、握りを見かけることがありますし、煮付けなどがスーパーのお惣菜売り場に並んでいることも少なくないはずです。

そんな金目鯛を地元の魚として愛し続けているのが、静岡県伊豆半島に住まう方々なのです。

金目鯛自体は関東より南側のエリアであれば、水揚げが可能な魚ではあるのですが、

伊豆の稲取・下田周辺の地域では、昔から漁が盛んに行われており、地元の名物地魚として古来より愛され続けています。

また、鯛という名前が付いているものの、生物学上の分類は鯛の仲間ではなく、非常に深い海を好む深海魚であるため、

他の地域では長い時間を掛けて漁場に向かう必要がありますが、伊豆半島周辺は非常に水深が深いため、港から30分程度の場所で金目鯛の捕獲が可能であり、

新鮮な金目鯛を手軽に入手出来るというのも、地元の魚となった一つの要因と言われているのです。

 

こうした要因から、金目鯛は伊豆周辺の名物となっていき、このエリアを車で走るとあちらこちらで「金目鯛入荷」「金目鯛の煮付け」等の看板を目に致します。

しかしながら近年、金目鯛の漁獲高は減少傾向にあると言われており、産地である伊豆半島でさえもその価格は高騰。

今やなかなか食することの出来ない高級魚へとなりつつあるのです。

「そんな希少なお魚なら、是非本当に美味しい逸品を食べてみたい!」と思うのは当たり前のことですよね。

そこで本日は地元の伊豆半島でも高い評判を得ている水産加工業者・伊豆中さんが販売する金目鯛の姿煮をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

金目鯛姿煮のお取り寄せについて

金目鯛を利用した料理と言えば、刺身に干物、味噌漬けや粕漬けなどが有名ですが、

金目鯛の本場伊豆では、煮付けが最上の食べ方と言われています。

もちろん他の調理方も美味しくはあるのですが、深場に生息するため季節により脂の載りに変化が少なく、

小骨も少ない上、上質な白身と煮汁の相性は抜群であるため、やはり金目鯛に関してはやはり煮付けが最上と言えそうです。

そしてこちらの商品は、そんな地元熱愛の煮込みを一匹丸々、しかも約500g~600gという大ぶりの金目鯛に施してしまったという逸品なのです。

販売元の「伊豆中」さんは、伊豆で獲れる様々な海産物の加工・販売を行われている信頼のブランドである上、

自ら数店のお土産物屋も経営されており、日々自分たちの耳に聞こえてくるニーズに合わせ、こちらの商品を開発されたとのこと。

 

お届けは冷凍でのものとなり、解凍しなければ2ヶ月は美味しくお召し上がり頂けますから、ご親戚の集まりやお祝いの席に、また贈答品としてもぴったりの一品ですよね。

さて、実際にそのお味を試してみれば、程良い塩加減の煮汁に浸されたまるまる一匹の巨大金目鯛は圧巻の一言。

そして一口その身を口に含めば、白身の上品な歯応えに、充分な脂、更には極上の煮汁の旨煮が口全体に広がり、

「思わず目を細めてしまいそう」な美味しさをご満喫頂けるはずです。

また、ご飯に煮付けを載せての「金目丼」に、その上から出し汁を足しての「金目茶漬け」など、様々な楽しみ方が可能ですから、

ご自宅に居ながら本場伊豆でもなかなか経験できない「金目三昧」を味わうことが出来ますよね。

地元でも厚い信頼を得ている伊豆中さん提供の金目鯛姿煮通販で、「地魚料理の神髄」を心ゆくまで味わい尽くしてみては如何でしょう。

スポンサーリンク

 

金目鯛姿煮について管理人より一言

釣りが大好きな管理人は、時折、伊豆方面への磯釣り旅行を行っております。

複雑な海岸の地形と、突然深くなる海低形状により、絶好の釣り場が多く存在するこの地は、私の釣りのホームグランドとも言える場所です。

そしてこの地を訪れた際に、必ず食するのが名物である金目鯛の煮付けであり、地元独特の濃厚な煮汁に浸された滋味を何時も楽しみにしております。

しかしながら、そんな金目鯛の煮付けにも一つだけ、問題があります。

それは行きつけの定食屋さんのご飯(お米)があまり美味しくないという点。

折角大好物の金目を食べるのに、ご飯がいまひとつなのはどうしも耐えられず、悩んでおりました。

そんな折、お土産を買おうと立ち寄った伊豆中さんのお店で見つけたのがこちらの姿煮だったのです。

半信半疑で買って帰ったのですが、これが実に美味!

お気に入りの定食屋さん以上の煮つけの美味しさに、思わず感動してしまいました。

今では定期的に注文し、大好きな魚沼産コシヒカリと共にその滋味を満喫しております。

伊豆中さんが提供する金目鯛姿煮通販で、地魚の美味しさをご家庭で味わい尽くしてみては如何でしょう。

金目鯛2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・キンメダイ

出典 静岡県伊豆下田 漁師料理 ゑび満HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 79昨日の閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 33562総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ