那須塩原スープ焼きそば釜彦の味を自宅にお届け!

スープ焼きそば2

 

大人からも、子供からも熱烈な支持を集めているB級グルメといえば、何と言っても焼きそばでしょう。

これまで本ブログでも富士宮、浪江、横手等のご当地焼きそばをご紹介して参りましたが、全国各地にはまだまだ珍しいご当地ものが存在しています。

あまりご当地焼きそばを召し上がったことの無い方からは、同じ焼きそばなのだから、そんなに違いが無いのでは・・・などというご意見も頂戴いたしますが、

実際に食してみるとその味の差は歴然であり、ソースという主張の強い調味料を使用しながらも、よくぞここまでオリジナリティーを追求できるものだと、毎度関心させられる程なのです。

しかしながら、そんな焼きそばというジャンルにおいて、目新しさという面では群を抜いた一品が、長野県の那須塩原に存在しているのをご存じでしたでしょうか?

本日は彼の地で人気を博するスープ焼きそばと、その名店・那須塩原スープ焼きそば釜彦についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

スープ焼きそばはこうして誕生した!

スープ炒飯なら聞いたことがあるけど、焼きそばというのは初めて!という方も多いことと思います。

確かにご当地グルメマニアの間でもコアな人気を誇っているメニューであり、一般的にはあまり知られていないのが現状のようです。

事実、現地でもこのお料理を提供しているのは、僅か2店舗と言いますから、正に幻のご当地焼きそばと言っても過言ではないでしょう。

また、この焼きそばが今一つメジャーになれない理由がもう一つあります。

それは、このお料理の発祥について、唯一提供している二店舗の間で大きな見解の違いが存在しているからです。

提供店の一つであるK食堂は、以前この地にあったという伝説的な食堂の「まかない」として作られていたのがこの焼きそばの発祥であると語り、

もう一つのお店、釜彦(カマヒコ)食堂さんは、自信のオリジナルであると主張されているとのこと。

こうした大人の事情について本ブログでは言及するつもりはありませんが、どちらの焼きそばも非常に美味しい上、異なる個性を有していることだけはお伝えしておきます。

ただし、両店とも食べ比べをさせて頂きましたが、私個人としては釜彦さんの方が好みでしたので、今回はこちらのスープ焼きそばを取り上げさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

釜彦食堂さんの一杯を通販で楽しもう!

釜彦食堂さんがこのメニューを提供し始めたのは、昭和30年頃からとのことで、既に60年と言う歴史を有するこの焼きそば。

創始者の方のお話では、発案からメニューに加えるまで3年以上の試行錯誤があったと言いますから、かなりのこだわりを持って開発された逸品と言えそうです。

具体的にはウスターソースをベースにした焼きそば作製し、鶏ガラで出汁をとったのスープに投入。

具材としては鶏肉にキャベツ、蒲鉾などが加えられています。

見た目にはラーメン的なテイストが強く、千葉県船橋市にて伝わるソースラーメンのような味を想像してしまいがちですが、実際に食べてみると、これは間違いなく焼きそば。

 

程良く炒められた麺は、スープの中でも強い焼きそば感を主張して続けおり、スープはあくまでも脇役であることを思い知らされるはずです。

また、鶏ガラで取られたスープは、しっかりと旨味を含みながらも想像以上にスパイシーなお味であり、この焼きそばを非常に後引く絶品へと仕上げています。

そして、そんな幻のご当地メニューをお取り寄せ商品にしてしまったのが、こちらの「那須塩原スープ焼きそば釜彦」。

実際に調理してみて驚かされるのは、その卓越した再現力であり、微妙な違いはあるものの、ご当地で食べた焼きそばの雰囲気は充分過ぎる程に味わうことが出来ますから、

なかなか現地を訪れる機会がないという方にも、安心しておすすめ出来る一品と言えそうです。

焼きそばの亜流と呼ぶにはあまりに美味し過ぎる那須塩原のご当地焼きそばを、お取り寄せでお楽しみ頂いては如何でしょうか?

スポンサーリンク

 

スープ焼きそばについて管理人より一言

友人と温泉ぶらり旅と称して、何度となく那須塩原を訪れている管理人。

そして何度か通う内に、顔見知りになった地元の方にお聞きして食べてみたのが、こちらの釜彦さんのスープ焼きそばでした。

正直、初めて聞いた時は、本当に美味しいのかと疑問に感じたのを覚えていますが、お店で一口目を頂いた瞬間、そんな疑念は一瞬にして消し飛んでしまいました。

どう考えても焼きそばであることは間違いがないのですが、鶏ガラスープとの相性が絶妙過ぎる。

開発に3年間を要したとのお話も耳に致しましたが、一度召し上がって頂ければ、その意味が瞬時に理解して頂けることと思います。

焼きそばという国民食の新たなる形態を提案したと言っても、決して言い過ぎではない那須塩原の幻ご当地グルメを、お取り寄せで味わい尽くして頂ければ幸いです!

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・スープ入り焼きそば

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 79昨日の閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 33562総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ