秋田横手焼きそば・元祖神谷焼きそば屋の味をお取り寄せ!

横手焼きそば

 

日本の全国各地に存在するご当地グルメ。

厳密に言えば郷土料理もご当地ものに分類されるのですが、グルメという言い方をされた場合は、

カレーやハンバーガーなど、近年になり食べられるようなったメニューを指すことの方が多い様に思えます。

そんな中でも、特に多くの地域で様々な種類のご当地ものが登場しているのが、餃子、ラーメン、焼きそばの3品です。

ラーメンに関しては細かな分類を入れれば100種類以上が存在すると言われていますし、これに準ずる数の多さを誇っているのが「焼きそば」なのです。

ラーメンに関しては、お店ごとにクオリティーの差が歴然と出てしまう傾向が強いため、当たりハズレも大きいのですが、

焼きそばに関してはそれ程の差が生じ辛く、あまり下知識を持たない方が観光地などで召し上がるのには、非常にチャレンジしやすいメニューとなっているようです。

本日はそんなご当地焼きそばの中でも三大焼きそばの一つに数えられている横手焼きそばと、名店として知られる秋田横手焼きそば・元祖神谷焼きそば屋についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

横手焼きそばの誕生について

上に乗っけられた目玉焼きと、ややクッタリとした見た目が特徴のこの焼きそばは、秋田県の横手市を中心に提供されている一品です。

その発祥は戦後間もない昭和25年頃、『元祖神谷焼きそば屋』という店の店主・萩原安治氏が考案し、出入りの製麺業者と試行錯誤を重ねて作り上げたメニューであるとされています。

そしてこの開発段階で採用されることとなったのが、横手焼きそばのもう一つの特徴でもある「茹ストレート角麺」なのです。

通常、焼きそばには「蒸しちじれ麺」を使用するのが一般的ですが、横手の焼きそばは「出汁を混ぜたウスターソース味」ですから、ソースとの相性を考えれば、

「茹でたストレート麺」、それも「角麺」を使用するのが、最もその味わいを引き出すことが出来るという結論に達し、このスタイルが決定します。

当初は元祖神谷焼きそば屋のみで提供されるオリジナル料理でしたが、評判が評判を生み、昭和40年には100店舗以上の飲食店でメニューに加えられることとなります。

この段階で既に「ご当地焼きそば」としての地位は確立したもの、日本の三大焼きそばに加えられのは、もう少し時を経なければなりません。

 

ご当地グルメとして大ブレイク!

そして平成12年頃、横手市役所に勤める青年があるホームページを開設します。

横手焼きそばをこよなく愛する彼は、市内の焼きそば店を巡り、店ごとの感想を日々自分のページに綴っていったのです。

やがてこのホームページは大いに人気を博し、これに目を付けた行政は、街興しの材料として本格的に焼きそばを売出し始めます。

この流れを受け、作り手側も「横手やきそば暖簾会」を設立。

本格的な全国キャンペーンを展開し、ご当地グルメNO1を決定するB1グランプリでは優勝を飾るなどの実績を残し、日本を代表するご当地焼きそばの地位を築いていったのです。

今ではすっかりブランド化した横手焼きそばですが、本来のクオリティーを維持するための努力も怠ることはなく、横手やきそばグランプリ実行委員会が身分を隠して市内の店舗を巡回。

年度ごとに4店舗を「四天王」として認定するという試みを行い、横手やきそばの継続なレベルアップ作戦を展開しているというのです。

本日はそんな横手焼きそばの発生店「元祖神谷焼きそば屋」のお取り寄せ品をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

元祖神谷焼きそば屋のお味をご自宅へ

横手焼きそばの元祖神谷焼きそば屋さんは先程もお話した通り、この焼きそばを最初に始めた始祖的なお店。

ご当地グルメの中には、最初にそのメニューを始めたお店は既に閉店しているパターンも少なくない上、存続していてもお取り寄せ等を行っていないケースが殆どなのですが、

こちらの神谷焼きそば屋さんは、こうしたセオリーを見事に打ち破っておられる非常に有り難い存在。

また、このお取り寄せ品最大のセールスポイントは、正しく調理を行えばお店で食べるのと殆ど変らないお味を楽しめるという点であり、多くのファンを獲得している人気の通販商品なのです。

ちなみに正しい調理法とは

  • 具材に豚挽き肉・キャベツを加えること
  • 目玉焼きをトッピングすること
  • 福神漬けを忘れずに添えること

という3点であり、これさえ守ればお店で食べるのとお店で食べるのと変わらない味を再現出来ますので、時間のある方は是非チャレンジして頂ければと思います。

そして一口、出来上がった焼きそばを啜りあげれば、出汁ソースと小麦香る激ウマ麺のお味に心奪われること間違いなし!

日本三大ご当地焼きそばの美味しさを心ゆくまでお楽しみ頂ければと思います。

 

横手焼きそばについて管理人より一言

学生時代、友人と秋田旅行に行った時に食べた一皿。

これが横手焼きそばと管理人の出会いでした。

お金がなかった私たちは、高速道路も使わず、アンダーで関東から秋田まで自動車でやって来たのですが、10月にも係らずそこは極寒の地。

お金を節約するため、殆どお店で食事をすることは無かったのですが、この時ばかり目に付いた飲食店に飛び込んでしまいました。

そして、何気なく注文した焼きそばを食してみれば、これまでに頂いて来たものとは大きく異なる一杯であり、後にこれが横手名物の焼きそばであることを知るのでした。

時折無性に横手の焼きそばが食べたくなることがあるのですが、簡単に秋田まで行くことも叶わず、苦肉の策に注文したのがこちらのお取り寄せ品でした。

ネットで非常に評価の高い商品でしたのでかなり期待していたのですが、そのお味は想像以上。

今では定期的に注文する必須食品となっております。

味の再現力という意味では、間違いなくトップクラスに入る珠玉の一品を是非お試し頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・横手焼きそば

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ