宮崎県地鶏炭火焼をお取り寄せで楽しもう!

宮崎県地鶏炭火焼

 

現在の外食産業において、空前の九州料理ブームが到来していると言われています。

街を歩けば、鶏刺しや馬刺し、もつ鍋などを看板メニューしたお店を数多く見掛けますし、

ラーメン店を見ても博多とんこつを始め、熊本や鹿児島など九州ラーメンを提供する店舗の数は、ひと昔前には考えられない程の数になっているとのこと。

ラーメンについては、以前よりジワジワと人気を高めて来た雰囲気がありますが、

居酒屋などに見られる九州押しは、宮崎地鶏の人気チェーン居酒屋・塚田農場が爆発的な

人気を博したことが大きな切っ掛けとなっており、その功績は非常に大きいと言えるでしょう。

九州は鎖国政策が執られていた江戸時代においても、西洋や中国大陸との交流が盛んな土地柄ですから、様々な文化が入り混じり、独特な食文化が発展していた地です。

その中でも宮崎県は、豊かな自然からもたらされる質の良い食材と、同じ県内でも地域によって全く風土が異なるといった独特のお国柄により、

他の九州の県以上に食文化の熟成が進んでいる地とされていますから、このブームの火付け役を担うことになったのも、なるほど頷けるものがあります。

そんな宮崎を代表するメニューとして名高いのが、自慢の地鶏の美味しさを存分に堪能出来る炭火焼きなのではないでしょうか。

そこで本日は宮崎料理ブームに乗って、今も多くのファンを増やし続けている「宮崎県地鶏炭火焼」についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

地鶏炭火焼はこんなお料理

宮崎地鶏を売りにしているお店に行けば、必ずお目に掛かれるメニューが炭火焼です。

食べたことが無い方にとっては「焼き鳥と何が違うの?」という感じでしょうが、このお料理は一般的な焼き鳥とその趣を大きく違える逸品となっています。

お料理が運ばれて来て、まず驚かされるのはその見た目。

通常の焼き鳥とは異なり、その表面はまるで墨を塗ったかのように真っ黒なのです。

初めて見た方は「焦げている!」と思われる方も多いようですし、

食べ慣れた方でも、炭の粉をまぶしてあるなどと誤解されている方も少なくないようですが、

この黒さの正体は、強烈な炭火により付着した煤(すす)であり、この煤により、まるで燻製のような芳醇な香りを醸し出しているのです。

 

そして強い火力で焼かれた鶏肉は、余分な水分や油をガッチリと搾り出され、その食感は非常にハード。

「固い肉は苦手!」とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、その肉は噛めば噛むほどに、

「鶏」本来の旨味を滲ませる逸品であり、鶏肉自体の味に絶対の自信がなければ、決して成立しない調理法なのです。

しかしながら、近年の宮崎料理ブームに便乗したお店などでは、この見た目だけを真似た粗悪な地鶏の炭火焼きを提供している店舗も少なくないため、

こうした炭火焼きしか食べていない人からは「ちょっと苦手なメニュー」という不名誉なレッテルを貼られることも多いようです。

そこで本日は、ご当地でも高い評価を得ている食品加工メーカー、宮崎エヌフーズさんが提供されている宮崎県地鶏炭火焼をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

お取り寄せ絶品地鶏炭火焼

宮崎エヌフーズさんは、宮崎県宮崎市に居を構えるメーカーさんであり、

平成18年設立と言う若い企業様でありながら、真摯な商品造りの姿勢を高く評価されている食品加工会社さんなのです。

宮崎県の美味しいお料理を全国の方々に楽しんで頂きたいというコンセプトの下、様々な製品を世に送り出しておられますが、

その中でも特に高い評判を得ているのが、こちらの地鶏炭火焼き。

その製造工程を見て見れば、衛生への配慮が十分になされた工場ながらも、出来る限り手作業にこだわっているとのことで、

新鮮な鶏肉に何度も何度も、職人が丹念な焼き入れを繰り返していきます。

 

そして調味を施された炭火焼きたちは素早く真空パックに詰めされ、宮崎地鶏の旨味をしっかりと閉じ込めたまま、全国に出荷されていくのです。

実際にその味を試してみれば、パックの封を切った瞬間、地鶏の何とも言えない香ばしい臭いが部屋中に充満。

そして口に頬張れば、強烈な噛み応えと、噛めば噛むほどに染み出してくる旨味に、ビールがドンドン進んでしまうのです。

もちろんパックからそのまま頂くのも美味しいのですが、電子レンジで軽く温めてから、トースターで再度焼きを入れる食べ方が絶対におすすめ。

若鳥を適度に炙った柔らかい焼き鳥も悪くはありませんが、鶏本来の旨味を満喫したいのであれば、この炭火焼きに勝るものはないでしょう。

宮崎県地鶏炭火焼のおすすめ品、宮崎エヌフーズさんのお取り寄せ品を是非ともご堪能頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

宮崎県地鶏炭火焼について管理人より一言

ご当地の美味しいものが大好きな管理人ですが、お恥ずかしながら九州料理の美味しさに目覚めたのは、ここ10年くらいと割と最近のことでした。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで出店を続けていた塚田農場さんに行ったのがその始まりでしたが、

その際に食べた地鶏の炭火焼きの美味しさは、今でも鮮烈に記憶に刻み付けられております。

現在では様々なお店で宮崎の味を楽しむことが出来るようになりましたが、この地鶏の炭火焼きだけはなかなか納得出来る味に巡り合うことが出来ないでおりました。

そんな折、宮崎県出身の友人からお土産として頂いたのが宮崎エヌフーズさんの商品であり、そのあまりの美味しさに一発でファンになってしまいました。

友人曰く、この炭火焼きの味は地元宮崎で提供されるものと全く変わらないといいますし、地元の方々の間でも評判になっているとのことです。

現在では、お酒のツマミに、ご飯のオカズにと食卓に欠かせない一品となっております。

なお、最近気に入っているのは、炊き立てのご飯に炭火焼きを載せた上、温泉卵を投下するという

自称「地鶏丼」であり、その美味しさは頬っぺたが落ちんばかりです。

炭火焼きは何度か食べたことがあるけど、ちょっと苦手・・・、そんな方にこそ是非お試し頂きたい逸品です。

宮崎県地鶏炭火焼2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・みやざき地頭鶏

出典 有限会社宮崎エヌフーズHP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ