仙台牛タン利休通販で、至高の牛たん炭焼を味わおう!

仙台牛タン

 

最近になって、その価値が見直されて来た食材の一つが「肉」であると言われています。

以前よりその素晴らしい食味から人気の高かった肉料理ですが、脂肪分が多くカロリーも高いため、「健康の大敵!」といったイメージをお持ちの方も少なくなかったようです。

とろこが近年になり、名だたるご長寿の著名人や芸能人から「元気の秘訣は肉食!」という発言が聞かれるようになり、

徐々に世間の肉食に関する考え方にも変化が現れて行きます。

こうした動きを受け、テレビなどでも肉を食することの健康効果を特集する番組が増え、

現在では、「肉を食べることが長生きの秘訣である」との認識がかなり一般化して来ているようです。

そんな世論の追い風効果もあってか、現在は空前の肉ブームが到来しているとも言われており、

熟成肉が人気を博したり、肉フェスなどと言われるイベントが盛り上がりを見せるなど、その勢いは止まることを知りません。

そんなお肉料理の中にあって、最も世間に名を知られたご当地グルメに上げられるのが、宮城県仙台の牛タン焼きなのではないでしょうか。

本日は、若い方からご年配の方々まで幅広く愛される牛タン焼きの魅力に迫ると共に、人気の仙台牛タン利休通販品をご紹介させて頂きたと思います。

スポンサーリンク

 

仙台牛タン誕生物語

仙台の牛タンと言えば、ご当地グルメ界でもだんとつの人気と知名度を誇るメニューですから、召し上がったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

仙台の土産物屋を見れば、様々なタイプのお土産品がズラリと並び、関連商品も多数。

中には牛タンサブレ―などの風変わりな商品まで発売されておりますし、ご当地以外でも、繁華街へ足を踏み込めば「仙台牛タン」を売りにした飲食店を多く目にしますよね。

しかしながら、牛タン料理の発祥や名店について尋ねられると、思わず頭を悩ましてしまう・・・、そんな方も多いようです。

そもそも仙台にて牛タン料理が提供され始めたのは、戦後間もない昭和23年頃であった言われています。

発祥店についてもはっきりしており、現在でも行列の絶えない名店「太助さん」がその元祖と言われています。

和食の職人として腕を磨いた太助の創業者・佐野啓四郎さんは戦後の食糧難の中、焼き鳥屋としてこの店を開店。

お客のニーズに合わせ様々な料理を提供していましたが、お店の看板となるようなメニューがなく、日々苦心を重ねていたと言います。

そんな折、友人の西洋料理のシェフから、当時あまり利用されることのなかった牛タンを使用してみては?との提案を受けます。

 

これを聞いた店主は様々な洋食店を食べ歩きますが、なかなか納得の行く調理法に出会うことが出来ずにいました。

そんな中、ついに思い付いたのが、牛タンをしっかりと熟成させたものを薄くスライスし、塩焼きにする手法だったと言います。

果たして常連客たちにこの味が認めて貰えるのかと、心臓をバクバクさせながら厨房に立つ佐野氏でしたが、

その味は大変に好評を博し、仙台を代表するご当地グルメへと発展していく程の人気を得ることに成功するのでした。

なお、当時仙台に駐留していたアメリカ軍が残した牛タンやテールを使用した「米軍残り物説」という発祥説も根強いようですが、当ブログとしてはこの説の信憑性は低いものと考えています。

画して、一大ご当地メニューとしてその名を馳せるようになった牛タン焼きですが、その美味しさの秘密は何といっても肉の熟成工程にあると言われています。

現在でこそ、食肉の熟成は一般的なものとなりましたが、当時は非常に珍しい手法であり、

この点が焼き肉屋で食べる牛タンと、仙台牛タンの最大の違いであるとも言われているのです。

しかしながら、肉の熟成は作製者のスキルの違いがモロに出てします高度な技法。

常に美味しい牛タンを食べられる店を探すのは、なかなか困難なものがあるのも事実です。

そこで本日ご紹介したのが、近年、破竹の勢いで仙台牛タン市場を席巻している気鋭のお店、仙台牛タン利休の取り寄せ品なのです。

スポンサーリンク

 

仙台牛タン利休の味をお取り寄せ!

「仙台牛タン利休」という名を聞いて、知っている!と思われた方も少なくないかと思います。

実はこの利休さん、現在では全国に50店舗以上の支店を出しており、街中で看板などを見掛ける機会も少なくないはずです。

これだけ繁盛されているお店ですから、さぞや歴史のある老舗のようにも思われますが、創業は昭和63年と意外に新しい企業様なのです。

しかしながらその裏を返せば、並み居る老舗系牛タン店を抑えて今日の盛況を得ているとも言えますから、そのお味の程にはますます期待が高まりますよね。

もちろん熟成の方法などについての多くは、企業秘密として厳重にガードが成されており、知る術もないのですが、

使用している牛タンの部位は「ミドル」と呼ばれるタン元の柔らかい部分から、更に厳選を重ねたものであるとのこと。

 

カットに際しても機械を使用することはなく、職人が一枚一枚丁寧に行っていると言いますし、

塩打ちにもトコトン手間を掛けているとのことで、そのお味の秘密が徹底した素材と調理法への「こだわり」によるものであることはご理解頂けるはずです。

さて、実際にその味を食してみれば、まず驚かされるのは凄まじいばかりの肉の軟らかさ。

思わず牛タンであることを忘れてしまいそうな歯応えは、食する者に強烈なインパクトを与えてくれるはずです。

また、食感の驚きと同時に押し寄せるのが、圧倒的な肉の旨味であり、月並みな表現ながら「とろける」ように口の中に広がる滋味は、二枚三枚と思わず箸が伸びてしまう絶品なのです。

そして、そんな牛タンの旨さを自宅に居ながら味わうことが出来るのが、本日ご紹介の仙台牛タン利休取り寄せ品であり、

ご家族での夕食から、ホームパティ―、バーベキューなどでも高い人気を得ているとのこと。

サッと焼くだけで大人気店の絶味が味わえるおすすめのお取り寄せ品を、是非一度お試し頂ければと思います!

仙台牛タン2

 

仙台牛タンについて管理人より一言

近年、ようやくお魚の美味しさに目覚めて来た管理人ですが、若かりし時は肉ばかり食べておりました。

運動をやっていたこともあり、特に焼き肉は大好物で、中でもタン塩を好んで食べていました。

そんな時、友人に誘われて仙台旅行に行き、お邪魔したのが太助さんでした。

当時は仙台のタン焼きが熟成を施しているなど一切知らず、何故こんなに美味しいのかと、大変不思議に思ったことを憶えております。

以来、地元でも仙台牛タンを売りにしているお店を見付けると、一も二もなく飛び込んでいたのですが、太助さんで感じた程の感動を味わうことが出来ないでおりました。

しかし近年、ふっと訪れたお店の牛タンの美味しさにすっかり魅了されてしまうという事件が発生。

そしてそのお店こそ、今回ご紹介の「利休さん」だったのです。

以来、お店の方にも通わさせて頂いておりますが、お取り寄せ品が人気を呼んでいると聞き及び、試したみたところ、こちらも絶品。

現在では、友人と焼き肉パティ―やバーベキューを行う時は、欠かせない焼き物となっております。

仙台の牛タンは食べたけど、それ程感動しなかった・・・、そんな方にこそ召し上がって頂きたい逸品です。

仙台牛タン利休取り寄せ品で、肉の旨さの真髄をご堪能頂きたい!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・牛タン

出典 仙台牛たん振興会HP

出典 牛たん炭焼 利久HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ