熊本馬刺し通販のおすすめ品をご紹介!

熊本馬刺し

 

日本の食文化の花形と言えば、魚料理を思い浮かべる方が少なくないと思われます。

四方を海に囲まれた我が国ですから、海産物は大変に豊富であり、それらを如何に美味しく食べるかという方向で、

食文化が発展して来たという点は、疑問を挟む余地はありません。

しかしながら、あまり脚光を浴びることはないものの、日本には古来より受け継がれて来た「肉食」の文化も確かに存在しているのです。

その代表格とも言えるのが熊本県や福島県で愛され続けている「馬刺し」なのではないでしょうか。

生で肉を食べることに抵抗をお持ちの方もおられるかとは思いますが、馬刺しは高い鉄分含有量を持つ上に、低カロリー、

そして滋養強壮にも抜群の威力を発揮するとして、近年その価値が見直されつつあるのです。

また、記憶に新しい生食牛肉の事件後も、その安全性の高さから法的な規制を受けることはなく、

牛肉に代わる生食食材として高い注目を集めています。

本日はそんな肥後名物馬刺しと、人気の熊本馬刺し通販品についてお話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

 

熊本馬刺しの発祥について

古来より我が国は、仏教文化の影響から4つ足の動物を食することを控える風潮が存在していました。

しかしながら、この馬刺しに関しては、その始まりが1600年代頃の戦国時代まで遡るといいますから、その歴史は非常に長い料理と言えます。

その発祥には諸説ありますが、豊臣秀吉が朝鮮半島に侵攻した文禄・慶長の役の際、彼の有名な加藤清正公が兵糧として馬肉を食べたのが始まりとされており、

清正公は肥後(熊本)の領主であったため、この地の郷土料理として伝わっていったとされているのです。

また桜肉との異名を取る馬肉ですが、焼き肉でいう牛肉の如く、部位毎に名が付けられており、

サッパリとした食味が美味しい「赤身」に、しっかりと脂の載った「霜降り」、希少部位の「タテガミ」、「こうね」、「レバー」など、部位によって様々な美味しさを味わえます。

なお食する際には、甘みの強いたまり醤油にニンニクや生姜を添えて食べるのが熊本流とのこと。

こうしたお話をしていると、是非とも美味し馬刺しが食べたくなって来ますが、

専門店に行くならともかく、一般のご家庭であの滋味を楽しむのは非常に困難ですよね。

そこで今回は熊本馬刺し通販の絶品、馬刺し屋の一品をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

自宅で馬刺しを楽しもう!

インターネットの馬刺し通販部門において、高い評価を得ている馬刺し屋さんは、熊本市北区に店を構える馬刺し専門店です。

その創業は平成元年となっており、約30年の歴史を有する人気店であり、現在は二代目の店主さんがお店を切り盛りされておられます。

ネット通販を開始したのは平成12年からとのことですが、以来長きに渡り、ユーザーからの高い評価を獲得し続けているのです。

その人気の秘密はズバリ使用している馬肉の品質にあり、馬に与える飼料は店主自らがブレンドし、解体も自社の衛生管理が行き届いた工場で行った上、

加工・パック詰めまでの工程を一気に完了してしまうことにより、最高のコンディションでの馬肉の発送を可能としているとのこと。

 

さて、実際にこのお刺身を頂いてみれば、口に入れた瞬間上品な馬の脂がとろけてしまう絶品であり、

お酒のオツマミに、ご飯のオカズにと抜群の美味しさを発揮してくれるのです。

また、本品は冷凍での発送となりますが、既にトレーに盛られた状態での発送ですので、

食べる3時間前に冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば、そのままお召し上がり頂ける上、

ご当地の醤油を使用した専用ダレまでセットされていますから、正に至れり尽くせりのセット内容と言えるでしょう。

専門店以外ではまず口に出来ない最高級の馬肉を自宅に居ながら楽しむことの出来る、

熊本馬刺し通販の絶品を是非お楽しみ頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

熊本馬刺しについて管理人より一言

管理人が馬刺し屋さんのお取り寄せ品を最初に頂いたのは、友人宅で開かれた新年会の席でのことでした。

その会では、参加者が一人一品、お取り寄せグルメを持ち寄るという企画が行われており、

通販マニアの私は意気揚々と比内地鶏のきりたんぽ鍋セットを持って参加したのでした。

かなり自信のある鍋セットでしたので、皆からの注目を集めることは必至と思っていたのですが、

インパクトという部分では、友人が持って来た馬刺し屋さんの皿盛りに圧倒されてしまいました。

また、そのお味も非常に美味しく、悔しいながらもお腹いっぱい頂くことに。

以来、イベントの際には欠かさずこちらの商品を注文しており、多くの方からご好評を頂いております。

美味しい馬刺しの自宅でも楽しみたい!

行動範囲に馬刺しが楽しめるお店が無い!

生牛肉が食べられなくなって寂しい!

そんな方には熊本馬刺しお取り寄せ品が絶対におすすめです!

熊本馬刺し2

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・馬刺し

出典 熊本の味ー馬刺屋ーHP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 29昨日の閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 33417総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ