島つまみ・ラフテー缶詰で沖縄の味を堪能せよ!

ラフテー缶

 

日本の全国各地には、その地域ごとの風土や文化の影響を受けたご当地グルメが存在しています。

地域ごとの料理の内容は、非常にバラエティーに富んだものとなっておりますが、その中でも特に独創的な料理を多く持つのは日本の南端、沖縄のご当地グルメであるように思われます。

当ブログでもこれまでに、タコライス沖縄そばサーターアンダギーなどをご紹介して参りましたが、その他にもミミガーや豆腐よう、チャンプルーに沖縄焼きそば等、数多くのご当地ものが存在しておりますし、

そのどれもが他の地域には決して存在しない「独創的なメニュー」ばかりであり、ご当地グルメ界の「聖地」とも呼べるエリアなのです。

そして、そんな沖縄で最も食される機会が多いとされるメニューが、豚肉をこってりと煮込んで仕上げる「ラフテー」というお料理とされています。

そこで本日はこの沖縄のソウルフード・ラフテーと、その味を自宅で手軽に味わえる島つまみラフテー缶詰についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

ラフテーってどんなお料理?

沖縄ご出身の方はもちろん、沖縄料理がお好きな方にはすっかりお馴染みのメニューであるラフテー。

しかしこの料理、所謂「豚の角煮」と何処が違うのかと問われれば、思わず口を噤んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。

実は一般的に食されている豚の角煮は「鹿児島のご当地グルメ」であり、その角煮の基になったのが『沖縄のラフテー』であるとされているのです。

古来より鹿児島と沖縄は密接な関係のある土地ですから、ラフテーが鹿児島に伝えられたことに不思議はありませんが、「豚の角煮の元祖がラフテーであった」という事実には少々驚かされるものありますよね。

なお厳密に言えば、ラフテーには豚の皮がそのまま付いていますが、角煮は皮を取り除くといった違いや、

煮込みに使用するのが「泡盛」か「焼酎」かという違いもあり、その食味はかなりことなるものとなっているのです。

 

また、角煮についてはイモ類やコンニャクなどと煮られることが多いようですが、ラフテーに関しては肉の美味しさをダイレクトに味わうべく、具材を殆ど投入しないのも特徴となっているとのこと。

さて、こんなお話をしていると、是非とも美味しいラフテーが食べたくなって来ますが、その調理はなかなか難しいものがあり、手軽に「今晩のオカズとして!」という訳にはいかないのが実情ですよね。

そこで本日ご紹介したのが、このラフテーをそのまま缶に閉じ込めてしまったという島つまみラフテー缶詰のご紹介です。

スポンサーリンク

 

ラフテー缶詰について

「ラフテーの真空パック商品はみたことがあっても、缶詰を見るのは初めて!」という方も少なくないことと思います。

こちらの製品を製造しておられるのは、沖縄県那覇市に本拠を置く株式会社沖縄物産企業連合という会社さんです。

その設立は2001年とまだ若い会社さんながら、沖縄ならではの特産品を使用したお取り寄せ品やお土産品の製造に力を入れておられ、

東急系列のデパートなどにもその商品を卸しているとのことですから、その信頼性とお味の良さは言わずもがなといったところでしょう。

通常ラフテーを販売するにあたっては、レトルトパックのものが主流となっていますが、要冷蔵が必須な上、賞味期限は長くて2週間程度というのが通常であるのに対して、

こちらの商品は「常温で一年間の保存が可能」であるといいますから、これは大変にありがたいですよね。

なお、製品の製造にあたっては保存料・化学調味料不使用をモットーとされている上、煮込みには希少な5年ものの古酒泡盛を使用しているとのことで、そのお味の方も折り紙付きなのです。

ラフテー缶3

 

実食!ラフテー缶詰

さて、この缶詰を開封してみてば、缶の中にはトロリと煮込まれた美味しそうなラフテーがたっぷりと詰め込まれております。

通常、この手の缶詰製品はタレばかりで具材が少ないのが通常なのですが、このボリューム感はかなり嬉しいですよね。

そして中身をお皿などに移し、電子レンジで1分程度温めれば、ホッカホッカの湯気を立ち上らせた絶品ラフテーが楽しめるという訳です。

早速頂いてみてば、その肉の質感は缶詰であることが信じられない程に新鮮なものとなっている上、秘伝のタレで漬け込まれたそのお味は正に極上。

これまでレトルトパックの製品を何種類も食して来ましたが、島つまみラフテー缶詰のクオリティーは突出したものを有していると思います。

晩酌のおつまみとして、ご飯のオカズとして、非常に便利で美味しいラフテー缶詰をご自宅の食品ストックの中に加えてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

 

島つまみラフテーについて管理人より一言

沖縄料理が大好きな管理人は、月に2度以上は沖縄系の居酒屋さんのお世話になっております。

ゴーヤのてんぷらやグルクンの紐のなど、沖縄には美味しいおつまみがたくさんあるのですが、必ず注文するのがこの「ラフテー」なのです。

濃厚でボリューミーな豚肉を、あっさりと美味しく頂けれこのメニューは大のお気に入りであり、「手軽に自宅でも食べられないものか」と考えておりました。

実際、クックパッドなどを参考に何度か自作を試みたのですが、完成するのは気の抜けた豚の角煮ばかりで、専門店で頂く物とは全くの別物。

そんな悩みを抱えている時に出会ったのが島つまみラフテー缶詰だったのです。

缶詰と言うことで保存期間も申し分ありませんし、何よりお味が大変に本格的。

今ではストックを切らすことの出来ないマストアイテムとなっております。

沖縄の滋味が自宅で何時でも手軽に味わえるおすすめ缶詰をこの機会に是非ともお試し頂ければと思います!

 

ラフテー缶2

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・ラフテー

出典 株式会社沖縄物産企業連合HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 52昨日の閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 33810総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ