広島コリコリホルモンせんじ揚げは、最強のご当地おつまみ!

ホルモンせんじ揚げ

 

牛肉に豚肉、鶏肉と現代に日本人の食卓を語る上で、「肉料理」はもはや欠かせないメニューとなっていますよね。

実は我が国、古来より敬虔な仏教国家であったため、江戸時代までは肉を食べる風習はあまり一般的ではなく、

明治に入ってから本格的な肉食が始まったと言われています。

そんな抑圧の反動からか、明治以降の食肉に対する日本人の探求心は非常に旺盛であり、

世界でも最高の品質と美味しさを誇ると言われる和牛を作り上げたり、

記憶に新しい熟成肉のブームのように、海外の技法や文化を積極的に受け入れて来たのです。

そんな日本の食肉文化を語る上で、外すことが出来ないのが、

「ホルモン」と呼ばれる豚や牛の臓物を利用したメニューなのではないでしょうか。

本日はそんなホルモンと、ホルモン料理の中で現在ちょっとしたブームを巻き起こしている、広島コリコリホルモンせんじ揚げについてお話してみようと思います。

スポンサーリンク

 

日本のホルモン文化は何時から始まった?

我が国に、何時ごろから「ホルモンを食する文化が誕生したか」については、あまり詳しい記録が残されていません。

しかし、お隣韓国には古くから臓物を食する文化がありましたので、

明治以降、この風習が日本に定着していったものと考えられています。

そんなホルモン料理が一躍世間に知られるようになったのは、大正時代であったとのこと。

この頃の我が国は、第一次世界大戦終結後の好景気に沸いており、多くの労働者が地方から都会に集まって来ていたと言います。

そんな彼らにとって安くて美味しい、そして栄養もあるホルモン料理は非常に人気があったようで、

今で言う『ホルモンブーム』の様な現象が、世間に巻き起こったとのこと。

また「ホルモン」という名称もこの時期に定着したようで、この時期こそが我が国のホルモン文化黎明期となったのです。

その後、日本は第二次世界大戦に突入し、敗戦国としてその終結を迎えることとなります。

そして敗戦後、日本国民を襲ったのが未曾有の食糧難であり、

この頃、改めてホルモン料理が注目を集めて行くのでした。

なお、今回取り上げる広島コリコリホルモンせんじ揚げもこの時期に発祥したメニューとされており、

正に「日本の復興を支えて来たお料理」とも言うことが出来るのです。

ホルモンせんじ揚げ2

 

広島ホルモンせんじ揚げとは

広島コリコリホルモンせんじ揚げとは、豚の胃袋の一つである「ガツ」という部位を一口大にカットし、熱した油で長時間揚げたメニューを指します。

第二次大戦終結後の広島県は、他の都道府県以上の食糧難に見舞われておりましたので、

安価に手に入るガツをしっかりと揚げることで「満腹感を出し、長期間の保存も出来るように」と考案されたものであるようです。

 

やがて時は流れ、人々の生活は徐々に豊かなものへとなって行きましたが、

戦後の混乱期を生き抜いた方々には、「懐かしの味」として食べ継がれて行くのでした。

なおこのせんじ揚げの名称、非常に長い時間ガツを油で揚げるため、「まるで漢方薬を煎じるようだ」としてこの名前が付いたのですが、この工程で肉に含まれる余分な水分は全て蒸発。

これにより完成品は全く臭みがなく、ホルモンの旨味を100%凝縮したものに仕上がっており、

新しい世代の者達からは、絶品ご当地メニューとして親しまれるようになっていくのでした。

スポンサーリンク

 

実食!コリコリホルモンせんじ揚げ

本日ご紹介の広島コリコリホルモンせんじ揚げを製造されているのは、

広島に工場を構える株式会社植田商店さんであり、その創業は何と明治10年。

日本にホルモン文化の火が灯った時代から、戦後の食糧難の時期まで、その時代の流れをホルモンと共に歩み続けて来たと言う老舗なのです。

実際にそのせんじ揚げを食してみれば、まず驚かされるのがその柔らかさであると思います。

見た目からは非常に堅い食感を想像してしまいますが、その歯応えはまるで「焼いたサザエ」のような感触である上、

噛めば噛むほどに濃厚な肉の旨味が浸み出してくるという逸品なのです。

その何とも言えない食味はビールやお酒に抜群の相性を誇っており、現在では全国から多くの注文が寄せられているとのことです。

戦後には人々の命を繋ぎ、現在は珠玉のご当地グルメとして愛される広島コリコリホルモンせんじ揚げの滋味を是非ともご賞味頂ければと思います!

ホルモンせんじ揚げ3

 

コリコリホルモンせんじ揚げについて管理人より一言

基本的に珍しいお料理は何でもトライしてみる癖のある管理人。

しかしながら、そんな私にもなかなか手がだし辛いジャンルが存在します。

それはさきイカなどに代表される「乾きもの」といわれる類のものであり、

珍しいご当地ものでも、味の想像が付き過ぎてしまい、なかなか試す気になれなかったのです。

そんな中、行きつけのご当地グルメショップの店員さんに強く勧められて購入したのが、こちらの広島コリコリホルモンせんじ揚げでした。

価格も安いので、「まぁいいか・・・」と購入したのですが、これが何とも美味しい!

その抜群の噛み応えに、限りなく溢れ出る旨味の強さに、「所詮は乾きもの」などと侮ったことを激しく後悔させられました。

なお、電子レンジで軽く温めることにより更に食味は向上しますし、

地元では煮込み料理の具としても使用しているとのことですから、これはかなり応用範囲の広い食材なのではないでしょうか。

広島の方々に愛され続けるコリコリホルモンせんじ揚げの味を、是非ともお試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・油かす (食品)

出典 広島県商工会連合会HP

出典 お肉の専門店 植田商店HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 23昨日の閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 21昨日の訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 32739総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ