博多もつ鍋お取り寄せのおすすめ品はこれ!おどろきっちん醤油もつ鍋

博多もつ鍋

 

日本の冬の食卓に欠かせないメニューと言えば、何と言っても鍋料理なのではないでしょうか?

熱い食べ物を食べることは、身体を内部から温めてくれますし、鍋には多くの野菜を投入しますから、冬場に不足しがちなビタミンの補給も完了。

そして大勢で一つの鍋をつつくことにより、何やら心まで温かくなるような不思議な感覚も味わうことが出来ますよね。

近年ではスーパーなどにも、様々な種類の鍋スープが販売されておりますから、定番の醤油や味噌味の他にも、

海鮮チゲ、とんこつ醤油、ポタージュ風など、これまで食したことの無いような奇抜な鍋も味わうことが出来るようになっています。

しかしながら、そんな時代となっても鍋の中には、家庭ではなかなか味わうことの出来ない種類のものが、多数あるのも事実ですよね。

あんこう鍋にふぐ鍋など、特別な素材を使用したものは材料を手に入れるだけでもひと苦労ですし、仮に食材を手に入れても、美味しく仕上げるのは至難の技と言わざるを得ません。

そんな家庭向けでない鍋の代表格とも言えるのが福岡名物のもつ鍋なのではないでしょうか?

もつ自体はそれ程手に入れつらい食材ではありませんが、そのクオリティーは様々。

また、部位の種類も多く、どの部位をどれだけ使用すれば良いのかも判りませんよね。

なお、もつは素材が素材だけに、しっかりとした下処理を施さないと、煮た時に嫌な臭いが立ち込めてしまうなど、決して素人向けの食材ではないのです。

更に言えば、縁日などで食べたチューインガムの様な食感のモツ煮のイメージが頭に残っており、そもそも「もつ」に魅力を感じないという方もおられるでしょう。

この様に様々な問題を抱えるこのもつ鍋ですが、しっかりとした調理を施されたものは、あらゆる鍋の中でもと最高の美味しさを誇る逸品として珍重されているのです。

そこで本日は福岡のご当地グルメ「もつ鍋」と、自宅に居ながら本場の味が楽しめる博多もつ鍋お取り寄せおすすめ品についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

博多名物もつ鍋はこうして誕生した!

そもそも福岡県博多でもつ鍋が地元の味となっていったのは、万十屋というお菓子屋さんがそのルーツと言われています。

何故お菓子屋さんがもつ鍋?と疑問に思われる方もおられると思いますが、時は終戦直後、お菓子を作りたくても砂糖が手に入らないという厳しい時代でした。

そんな折、万十屋を切り盛りする松隈ハツコさんは、行商で売りに来る「もつ」に目を付け、お菓子の代わりに鍋料理として販売を始めたのです。

本来、博多には牛もつを食べる習慣は根付いていなかったと言いますが、安価でボリューム感満点のもつ鍋は、食糧難に苦しむ人々を大いに喜ばせ、一気にご当地料理として伝播していったとのこと。

そしてこの福岡名物が全国区になったのは1990年代と言われており、後にバブル経済と言われる好景気を背景に、日本各地にその名を知らしめていくこととなったのです。

一時期はもつ鍋ブームなどと呼ばれる時期もあり、ご当地グルメとして大きな盛り上がりをみせましたが、現在では定番鍋メニューとして安定した人気を維持し続けています。

今や博多以外でも大きな繁華街を歩けば、もつ鍋を売りにした飲食店を多く見掛けますし、通販サイトなどにも各メーカーのお取り寄せもつ鍋がズラリと並ぶ時代となりましたが、

一体どこの鍋が美味しいの?そんな疑問に襲われることもありますよね。

そこでこの度は、管理人一押しの博多もつ鍋取り寄せおすすめ品をご紹介させて頂きたいと思います!

 

お取り寄せもつ鍋はおどろきっちんさんで決まり!

「おどろきっちん」さんが販売を手掛け、ネット通販で絶大な人気を誇っているのが、こちらの鍋セットです。

おどろきっちんさんは、株式会社ビーキューブという企業様が運営する食品通販部門のブランド名なのですが、

地元福岡の本当に美味しい食材を全国にお届けしたいとのコンセプトの下、こだわり抜いた商品を提供することで高い評価を得ています。

そんな企業様が自信を持ってお届けするのがこちらの商品であり、手軽に調理出来る上、地元の博多の方々からもその美味しさが認められ、リピーターが続出していうから凄いですよね。

そのお味の秘密は、採算を度外視した厳選素材の使用と、手間を惜しまない調理ノウハウにあるようで、使用する牛もつは小腸100%。

通常のもつ鍋は、大腸など他の部位が混入したミックスホルモンを使用するのが一般的なのですが、おどろきっちんさんではこれを用いることはない上、

下処理においても、雑味の原因となるもつの不要な部分を「磨き」と呼ばれる丹念な作業により、丁寧に除去したものをお届けしているのです。

スポンサーリンク

 

こだわり抜いた素材たち

また、こうしたこだわりは主役の「もつ」だけに止まらず、鍋汁にも大正8年創業の地元の老舗・ニビシ醤油を使用した上、

〆のちゃんぽん麺に関しては、製麺所にまでこだわり抜いているといいますから驚きですよね。

こうして完成したもつ鍋は、もはや完全にお取り寄せ品のクオリティーを凌駕した逸品へと昇華されており、実際に食してみれば、もつを口に含んだ瞬間、濃厚な旨味の大洪水。

まるで綿菓子を食べているかの様に、もつの脂が口内に溶け出す上、その食味は決してしつこくないという極上の逸品なのです。

そして、もつから流れ出した旨味と、鍋汁により煮込まれた野菜も大変に素晴らしい仕上がりとなり、それだけでご飯を何杯でもおかわり出来てしまえそうな、激ウマ野菜へと仕上げてくれるのです。

「これ程美味しいもつ鍋が存在するのか?」そんなキャッチコピーが実にマッチする特上お取り寄せもつ鍋を是非一度お試し頂ければと思います!

博多もつ鍋2

 

博多もつ鍋について管理人より一言

学生時代、学園祭の露店で長年もつ煮込みを作り続けていた管理人。

夜ともなれば、売れ残った煮込みを嫌という程食べることになるため、あまりホルモン料理に対する関心を抱いてはおりませんでした。

しかしながら、そんな私の気持ちを180度転換させてしまったのが、こちらのもつ鍋セットだったのです。

知人からお礼の品として頂いたものだったのですが、食べてみてその美味しさに唖然。

これまで食べていたもつは一体何だったのだろう?と思ってしまう程に柔らかく、ジューシーなホルモンに完全に心を奪われてしまいました。

慌てて製造会社のホームページを確認したところ、使用している牛もつから、下処理の仕方まで、

そのこだわりと手間の掛け方は正に驚くべきものがあり、この鍋の旨さに妙に納得させられたのを覚えております。

これまで注文したどんなもつ鍋よりも美味しいこと太鼓判の博多もつ鍋取り寄せおすすめ品、おどろきっちんさんの一品を是非お試し下さい!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・もつ鍋

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 78昨日の閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 34520総訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ