徳島ラーメンをお取り寄せで召し上がれ!名店「麺王」の味をお届け!

徳島ラーメン

 

瀬戸内海と太平洋に面する四国の一国、徳島県。

古来より阿波国の名で知られ、温暖な気候と鳴門の渦潮、大きな盛り上がりを見せる阿波踊りと、豊かな観光資源に恵まれた西の都です。

そんな徳島県にて愛されている絶品ご当地グルメ、徳島ラーメンの存在をご存じでしょうか?

豚骨と醤油をベースにしながらも、さっぱりと食べられ、ご飯のオカズとしても成立してしまうという激ウマラーメン・徳島ラーメンお取り寄せ品について、本日はご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

徳島ラーメンの解説

最近でこそ徐々にその名が知れ、某大手ラーメンチェーン店の期間限定メニューなどでも取り上げられるようになった徳島ラーメンですが、

一昔前まではご当地でのみ密かに食されていた幻のラーメンとも言える存在でした。

このメニューが全国的に知られるようになった切っ掛けは、ラーメンの聖地・新横浜ラーメン博物館に名店「いのたに」が出店したことによるとされており、他の地域のラーメンにはない独特の味わいで人気を博しておりました。

実はこの徳島ラーメン、その系統には白系・黄系・茶系(または黒系)の3種があると言われています。(スープの種類)

徳島ラーメン2

 

最も早く現れたのは白系とされており、スープのベースには豚骨を使用した、博多ラーメンに近いものであったとのこと。

ここで考案された豚骨の白濁スープに、時の流れと共に徐々に醤油の色付けが成されて行き、黄系→茶系という順番で進化していったと言われているのです。

醤油豚骨と聞くと、以前にご紹介した横浜家系ラーメンの味を連想される方もおられるでしょうか、これは全くの別物。

家系が豚骨メインの醤油味だとすれば、徳島ラーメンは醤油味ベースの豚骨風味といった味わいであり、

強烈な旨味を発しながらも、しつこさを感じずに何杯でも食べられてしまいそうなサッパリとした食味が特徴となっているのです。

尚、トッピングはバラ肉にネギ、もやし等が一般的。

また、生卵が落してあるのが通常ですが、ご当地では入れない人も多いと言いますから、まずは卵を崩さずに食べ、濃厚さが欲しくなったら麺に絡めるという食べ方がおすすめだと思います。

本日はそんな絶品ご当地グルメを自宅に居ながら楽しむことが出来る、徳島ラーメンお取り寄せ品「麺王」のご紹介です。

スポンサーリンク

 

人気店・麺王の味をお届け!

徳島県の名産品と言えば、阿波尾鶏に鳴門金時、スダチなどが有名であり、何故、ラーメンが豚骨醤油の味付けとなったか疑問に思われる方も多いかと思いますが、

実はこの徳島、県内に多くのハム工場があった土地柄であり、食肉加工の際に出た豚骨を再利用しようという試みが、このラーメンの発祥と言われているのです。

こうした意味では、観光用に造られた食文化ではなく、生活の中で自然と発生したメニューと言えますから、ご当地ものマニア的には非常に期待が高まりますよね。

そして地元熱愛のラーメンだけに、提供する店舗も数多いのですが、その中で特に高い人気を誇っているのが、本日ご紹介の「麺王」なのです。

徳島系ラーメンの中ではやや強めの豚脂と、出汁の効いた濃厚醤油スープ、そしてスープと抜群の相性を誇る中太ストレート麺が特徴の麺王は、

支店約20店を数えるばかりか、海外進出も果たしている上、どの店舗も常に行列ありという人気店なのです。

 

そんな麺王が、食品メーカーと共同開発したのがこちらのお取り寄せ商品であり、麺王の各店舗の店先に本品が並べられていることからしても、そのお味に対する店側の自信を窺い知ることが出来るはずです。

実際に取り寄せて、食してみれば、調理中からキッチンに食欲をそそるスープの香りが充満。

麺を平らげた後、どうしてもご飯が欲しくなる濃厚な一杯は、一度食べたらクセになること確実の絶品ラーメンです。

徳島で古くから愛されるご当地ラーメンを、自宅に居ながら味わってみては如何でしょう?

スポンサーリンク

 

徳島ラーメンについて管理人より一言

ラーメン好きを自称している管理人ですが、お恥ずかしいことに10年程前までは全くと言って良い程、徳島ラーメンの存在を知りませんでした。

当時、和歌山ラーメンのプチブームが到来していたため、徳島出身の友人にその話題を振ったところ、「徳島にも和歌山に負けないラーメンがある!」と言われ、食べに行ってみたのが、初めての出会いでした。

どんな味かな?とドキドキしながらスープを口に運んでみれば、豚骨と醤油が見事なまでのバランスで配合されたスープの旨味に圧倒されながら、アッと言う間に全てを平らげてしまいました。

以来、数店の徳島ラーメン店を食べ歩いていますが、中でも非常に安定した旨さを誇っているのが、こちらの麺王さんなのです。

お取り寄せ品も食べてみましたが、店舗で提供されるものと殆ど変らないクオリティーを維持しておりますから、これは絶対におすすめの逸品と言えるでしょう。

未体験の方には是非、徳島ラーメンの美味しさを味わって頂きたいと思います!

徳島ラーメン3

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・徳島ラーメン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ