くじらカレーレトルト!希少な鯨肉の旨味を召し上がれ!

くじらカレー

 

一昔前までは、安価にそして、当たり前のように食べられた食材が、「いつの間にか高級食材になってしまっていること」ってありますよね。

魚のハタハタ金目鯛などは、手軽に手に入る庶民の食材として長年日本人に親しまれて来たましたが、現在では「高級食材として珍重される存在」にまでなっている様です。

そして、こうした経緯を辿った食材の最たるものと言えば、やはり「クジラ肉」を置いて他にはないのではないでしょうか。

以前は、庶民の食卓の定番メニューであり、学校給食にまで供されていたクジラ肉ですが、今や専門店でしか食べられない高級食材となっているのですから、これは正に驚きです。

本日はそんなクジラ肉と、これを用いた絶品お取り寄せグルメ・くじらカレーレトルトについてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

鯨ってそもそもどんな生物?

その名を聞けば誰でも直ぐにビジョンが浮かぶ「鯨」ですが、生物学上の分類では哺乳類・鯨偶蹄目・鯨凹歯類という非常に難解な分類がなされている生物です。

似た生物としてイルカの名が挙げられますが、実は分類学上では「同じ生物」とされており、大型のものを鯨、小型のものをイルカ、時には大型でもイルカと呼ぶなど、その分類は『かなりあやふや』な感じとなっています。

彼らの祖先は約4900万年前(始新世)に地上で暮らしていたカバのような生き物であったとされ、生存競争を勝ち抜くために海に入り、手足をヒレへと進化させた哺乳類であるとのことです。

また、大変に高い知能を有している上、超音波を使用して仲間同士のコミュニケーションを図るなどの生態が知られており、研究が進んだ現在でも、今なお研究者たちから熱い注目を浴びる生物となっているとのこと。

 

人間とクジラとの係わり

今でこそ、保護動物として捕鯨を行う国が、自然保護団体などから抗議を受ける時代となっていますが、太古の昔からクジラは私たち人類の貴重な栄養源として祖先たちの命を繋いで来ました。

クジラを食する文化を有するのは、インドネシア等の東南アジア諸国に、ノルウェーなどの北欧、カナダ等々その文化圏は非常に広大なものとなっています。

我が国のクジラ食の歴史はと言えば、縄文時代より遥か以前の旧石器時代の遺跡からも食用に供したとみられる鯨の骨が発見されていますし、

一時期は仏教の影響で食することが禁じられた期間こそあったものの、遥か古代より営々と食文化の一端を担う食材であったようです。

またクジラは、肉以外にも鯨油の採取や骨の利用など捨てる部位のない生物として珍重されておりましたから、

古代の人々はその霊を祀るため塚や神社を建立するなど、彼らに対する感謝と敬意の念も、決して忘れてはいませんでした。

スポンサーリンク

 

クジラ肉の栄養と健康効果

そんなクジラ肉の栄養素については、部位によって大きく異なるものの「豊富なタンパク質」と「低い脂質」が特徴。

特に赤身の部分は他の肉類と比べて突出した鉄分を含んでおりますから、「疲労回復」に「免疫機能の向上」、体内の活性酸素を除去することによる「ガン予防」など、一級の健康食品としての側面も持っているのです。

また近年、血液サラサラ効果があるとして注目されている「DHA」・「DPA」なども、哺乳類でありながら豊富に含有しておりますから、悪玉コレステロールや中性脂肪が多いとお悩みの方には、打って付けの食材と呼ぶことで出来るでしょう。

こうした健康効果を聞くと、「是非一度は食べてみたい」という気にさせられる鯨肉ですが、市販されているクジラベーコンなどは目玉が飛び出るほど高価なもの・・・。

これではとても手が出ない・・・とお悩みの方に是非ともおすすめしたのが、本日ご紹介のくじらカレーレトルトなのです。

くじらカレー2

 

藤野商店・くじらカレーとは?

この「下関発文明開化の味 くじらカレー」と名付けられた商品を販売しておられるのは、山口県下関の唐戸市場内に店を構える株式会社藤野商店さんです。

実はこの下関市、近代捕鯨発祥の地として知られる地域柄で、クジラ食文化に関しては他の地域に比べ一日の長がある土地。

そんな下関で長年クジラ肉専門業者としてその名を轟かせているのが、藤野商店さんなのです。

そして、クジラのスペシャリスト企業様が満を持して発売されたのがこちらのレトルトカレーであり、今や貴重な高級素材となったクジラ肉の美味しさを、手軽なお値段で私たちに届けてくれます。

実際にそのお味を試してみれば、大量のクジラ肉を使用して煮込まれたルーは、コッテリと濃厚ながら、脂っぽさのない仕上がりとなっており、そのお味は抜群。

クジラ肉に関してはたっぷりとは言えないものの、充分な量が投入されておりますから、今や幻の食材となったクジラ肉の滋味をたっぷりとご堪能頂けることと思います!

今、カレーマニアたちの間で密かな人気を博している、くじらカレーレトルトをこの機会に是非ご賞味頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

くじらカレーについて管理人より一言

今やなかなかの大人な年齢となっている管理人ですが、クジラ肉に関しては、「幼い頃に若干食べた記憶がある・・・」程度の記憶があるだけ。

大人になってからは、背伸びをして訪れた高級寿司店などで時折、ベーコンを食べる程度であり、その美味しさの真髄には全く触れていないというのが現状です。

そんな想いを抱いている際、とあるご当地ものショップで発見したのがこちらの「くじらカレーレトルト」でした。

「クジラの肉ってカレーに使える程流通しているの?」と疑問に思ったのですが、その製造元はクジラの本場下関の専門店。

もちろん使用している肉も正式な調査捕鯨で捕獲されたものであるとのことで、その贅沢な肉の使い方に驚愕したものでした。

実際に頂いてみれば、カレールーに煮込まれていながらも、クジラ肉ならではの濃厚な味わいはしっかりと残されており、「流石はクジラを知り尽くした専門業者様!」と二度驚かされてしまいました。

高級希少素材を惜しみもなく使用した、「至高の一杯」を是非ともお楽しみ頂ければと思います!

くじらカレー3

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・クジラ

出典 株式会社藤野商店

出典 唐戸市場

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 29昨日の閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 33417総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ