明石たこカレー!蛸の名産地が生んだ絶品をご紹介!

明石たこカレー

 

日本人である以上、その美味しさから生涯逃れることが出来ないのが「海の幸」ですよね。

お刺身に煮魚、焼き魚、そして忘れてはならないハマグリやサザエ・アワビといった貝類に、海老やカニの甲殻類など、その種類は大変に豊富。

また、これ以外にもワカメや昆布などの海藻類などがありますが、食する機会が最も多いのは、「イカやタコなどの頭足類(とうそくるい)」と呼ばれる食材なのかもしれません。

こうしたお話をすると、「イカやタコはそんなに食べないよ!」なんてお声も聞えて来そうですが、たこ焼きはもちろんのこと、お好み焼き・焼きそばに、パスタやおでんの具材などとしての頭足類の登場回数は、非常に多いはず。

そこで本日はそんな頭足類の王様とも言われるタコとその名産地「明石」、そして現在密かな人気を呼んでいる「明石たこカレー」についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

たこと日本人の係り

ここまで頭足類と申し上げて来た「タコ」ですが、学問上の正式な分類は、『頭足綱・鞘形亜綱・八腕形上目・タコ目』という小難しい種に属する生き物となります。

この生物、世界中の海に生息しており、世界中の殆どの民族が食用としてその恩恵に預かっているとのこと。(宗教上タコ食が禁止されている地域もあり)

当然ながら、日本でも太古の昔から「海の恵み」として食されていたと考えられており、最も古い時代の痕跡としては、弥生時代の遺跡からタコ壷が発見されています。

弥生時代というと少々新しい時代のようにも感じられますが、タコは他の魚類や貝類と異なり骨や殻が残らないため、実際は先史時代以前から食用に帰されていたのでしょう。

以来、長い年月を日本人と共に歩んで来たタコは、食文化においてはもちろん、日常生活においても私たちと深い係わりを持っており、タコをご神体として祀る神社まで存在する程なのです。

そんなタコの名産地としては、福島県や北海道が有名ですが、ブランド力に関しては兵庫県明石市の「明石だこ」に勝るものはないでしょう。

 

明石だこについて

「明石と言えばたこ、たこと言えば明石」とまで言われる『明石だこ』ですが、実は漁獲量においては福島県や北海道に大きな差を付けられており、トップ3にも入っていない程。

しかしながら、明石海峡を流れる強い海流に揉まれて育った「明石たこ」は抜群の食味を誇っており、そのクオリティーの高さこそが、明石のタコを一流ブランドへと押し上げている要因なのです。

またこの明石のたこ、他の地域に生息するタコには無い、「頭部に二本の角の様な突起を持つ」という独特の特徴を有しておりますから、機会があれば是非その姿をご確認頂ければと思います。

この様に全国に誇れる名産物を有する明石ですから、この絶品タコを用いた多くのご当地グルメが存在しており、「明石焼き」に「たこ煎餅」、「タコの干物」などが、観光客からも高い人気を博しているとのこと。

そして、そんな明石で今密かなブームとなっているのが、「たこカレー」なるメニューであり、本日はそのお取り寄せ品をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

西海醤油さんのたこカレーレトルト

今話題となっている、このカレーを製造しておられるのは、地元・兵庫県明石市魚住町に本拠を置く西海醤油さんという企業様です。

その社名からも判る通り、本来は明治元年創業という歴史ある老舗醤油屋さんなのですが、近年では地元の食材を使用したお取り寄せ品の製造にも注力しておられるとのこと。

そんな西海醤油さんの商品ラインナップの中でも、特に高い人気を誇っているのがこちらのカレーなのです。

正真正銘の明石産タコを贅沢に使用したそのカレーは、トマトを効かせた「アメリケーヌソース」をベースとした一品となっています。

アメリケーヌソースはフランス料理で古来から用いられている「非常に美味の強いソース」であり、海老の殻や味噌を煮詰めて採って出汁に、生クリームを加えたものと言えば、イメージが付き易いのではないでしょうか。

そんな濃厚ソースでじっくりとタコを煮込んだ後、仕上げに使用するのは老舗醤油店・西海醤油さん特製のこだわり醤油であり、この隠し味がこのカレーに抜群の深みを演出してくれるのです。

明石たこカレー2

 

そんな明石たこカレーを実際に頂いてみると、濃厚なアメリケーヌソースを使用している割に、さっぱりとした食味が特徴。

但し、油っぽさはないものの旨味の強さは凄まじく、数あるカレーの中でも屈指の美味しさと言えるでしょう。

また、メイン素材の明石だこは非常に柔らかく煮込まれている上、ルーとのマッチングも抜群であり、その旨さは「お見事!」の一言。

ネットの評判などを見ると、タコが少ないとの意見もありますが、価格と高級食材の明石だこを使用していること考えれば、決して高い買い物ではないと思います。

日本で最も有名なブランドだこを使用した絶品・明石たこカレーをこの機会に是非ともご賞味頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

たこカレーについて管理人より一言

これまで様々なご当地グルメを食して来た管理人ですが、商品を購入する際に最も警戒するのが、「無理やりご当地素材を組み込んだ製品」です。

例えば、大根が名産の地域で販売されている『大根クッキー』などの商品は、「大根こそ入っているが、味には一切影響がない!」という粗悪な土産物も多く、こうした品物を掴まされないための用心が必要となる訳です。

実は今回ご紹介の明石たこカレーも、当初は『この類のメニューなのではないか』と、恐る恐る購入したのですが・・・、西海醤油さん!本当にごめんなさい。

そのお味は大変に素晴らしく、これまで食べたレトルトカレーの中でも3指に入る程の美味しさでした。

明石のタコにフランス料理のアメリケーヌソースを使用するという発想は大変に奇抜ながら、そのマッチングは見事なまでの成功を収めており、その料理のセンスの良さに脱帽させられます。

明石だこの美味しさを120%引き出した絶品たこカレーを、この機会に是非ともお試し頂ければと思います!

 

明石たこカレー4

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・タコ

出典 西海醤油HP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ