木多郎スープカレー・レトルト!札幌の味をお取り寄せ

木多郎スープカレー

 

今や日本人の食卓の代表的なメニューとなっているのが、カレーライスです。

専門店はもちろん、ファミリーレストランや中華料理店、お蕎麦屋さんでさえも、メニューにカレーを加えているお店は少なくありません。

そして各家庭では、それぞれにアレンジを加えた我が家のカレーが存在していますから、カレーライスは既に国民食といっても過言ではない地位を築き上げていると言えるでしょう。

そんなカレー好きの日本人の中でも、好みがキッパリと別れるのが「カレールー」の硬さであるようです。

ネットリと粘度の高いルーを好む方々と、液状のシャバシャバとしたルーを好む方々がその両極と言えますが、

市販されているカレーのルーをレシピ通りに調理すると、多くのものがネットリ系となることから考えても、人数的にはややシャバシャバ派不利となっているのが現状と言えそうです。

しかしながら、そんなシャバシャバ系カレーの中にあって、もはやルーを「スープ」として定義付け、絶大な人気を博しているのが北海道のご当地カレー、札幌スープカレーなのです。

スポンサーリンク

 

このカレーの発祥は、昭和40年代に札幌市の喫茶店・アジャンタさんにて提供されていた「薬膳カリィ」というメニューとされており、

現在では札幌市内だけでも200店舗以上の専門店が存在するといわれるご当地グルメなのです。

その始まりが「薬膳」と銘打たれていることからも解る通り、そのお味は中国の薬膳スープと、タイやインドネシアといった東南アジア系のカレーの影響を強く受けており、非常にスパイシーであることが特徴。

明治時代にイギリスを介して日本に普及したネットリ系のカレーとは、その祖を異にするカレーということで出来そうです。

この様に札幌で独自の進化を遂げて来たスープカレーですが、ある有名店の出現により、新たなトレンドが発生します。

それは今も高い人気を誇る名店「木多郎」さんが開発したとされる「トマト系スープカレー」の出現であり、

地元で受け継がれた来たスパイシーなカレーに、トマトの酸味とコクを加えた逸品はスープカレーの一ジャンルとして市民権を獲得していくこととなるのです。

そこで本日は木多郎スープカレー、レトルトバージョンをご紹介させて頂きたいと思います。

木多郎スープカレー3

 

名店・木多郎さんのお味をご自宅にお届け!

トマト系スープカレーの祖と言われる木多郎さんの祖業は昭和60年頃であり、スープカレー店の中では後発の部類に入りますが、

イタリア料理やフランス料理の手法を取り入れた独特の調理法は、開店当時から地元で大いに評判を博し、現在でも行列の絶えない人気店としてその名を知られています。

子牛の骨や筋をじっくりと煮込んで作るフォン・ド・ヴォーに、厳選された数々の野菜を使用したブイヨン、

そして絶妙な調合を施されたスパイスが加えられたその味は、正に衝撃的とも言えるインパクトを有しており、

ネットリ系のカレーとは完全に別物、薬膳スープとも東南アジア系のカレーとも異なるオリジナリティー溢れる逸品に仕上がっているのです。

スポンサーリンク

 

また、今や多くのスープカレー店が具として導入している素揚げ野菜も、木多郎が元祖とされており、

スパイシーなカレーとコッテリとした風味の揚げ野菜のコレボレーションは、トマト系スープカレーの完成度を飛躍的に向上させるキーアイテムとなっているようです。

そんな名店・木多郎が監修を務めたお取り寄せ品が本日ご紹介の「木多郎スープカレー」であり、

レトルトパックでありながら、まるで札幌のご当地店に行ったようなお味が楽しめるとして、ファンの間で絶大な人気を博しているのです。

実際に食してみれば、レトルトの封を切っただけで食欲をそそるスパイスの香りが室内に充満。

ライスと共にカレーを頬張れば、芳醇なスパイスと旨味が鼻孔と舌に広がり、札幌スープカレーの素晴らしさをじっくりと堪能出来る一杯となっています。

ご自宅に居ながら本場札幌の味を堪能出来るおすすめのお取り寄せ品・木多郎スープカレーレトルトを是非お試し下さい!

木多郎スープカレー2

 

札幌スープカレーについて管理人より一言

カレーが大好物の管理人ですが、実はネットリ系の熱狂的な信者だったりします。

シャバシャバ系のカレーなど、カレーに非ず!などと生意気なことを言っていたのですが、

友人の家に行った際、こちらの木多郎スープカレーを振舞われました。

全く期待せずにスプーンを口に運んでみたのですが、一口食べた瞬間、脳に電流が走るような衝撃を受けたことを今でも鮮烈に覚えております。

確かにカレーの味はするのですが、某有名チェーン店などで提供されるシャバシャバカレーとは明らかに異質のカレーであり、思わず心の中で、これまでシャバシャバカレーを軽く見ていたことを懺悔してしまう程でした。

また、食後も胃がスッキリと軽い上、カロリーの表示を見れば、通常のレトルトカレーのおよそ半分程度となっており、ダイエット中の私に大変にありがたい逸品でした。

その後は、様々なスープカレーを食べ歩いておりますが、レトルトでありながらこの木多郎スープカレーは非常にレベルが高く、常に自宅のストックを切らさないようにしております。

シャバシャバなカレーは嫌いという方にこそ、是非お召し上がり頂きたい絶品カレーをご提案させて頂きます!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・スープカレー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 28昨日の閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 32227総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ