金沢カレー、チャンピオンとゴーゴーカレーをお取り寄せ!

金沢カレー

 

日本人なら、嫌いという人は殆ど居ないであろう料理がカレーライスではないでしょうか。

子供の頃には何にも勝るご馳走であり、世代によっては学校給食にも登場。

大人になっても、時折無性に食べたくなるメニューですし、普段は奥様が料理を担当されているご家庭でも、カレーだけは旦那さんが作らないと収まらないというご家庭も多いようです。

この様に、もはや国民食ともなっているカレーだけに、全国各地にご当地カレーなるものが数多く存在しています。

そこで本日はそんなご当地カレーの中でも、非常に高い人気を誇る金沢カレーをご紹介したいと思います。

カレーと言えば、その本場はインドというイメージですが、厳密に言えば、カレーの原点はインドでも、私たちが普段食べるカレーライスはイギリスが本場とされています。

大航海時代、インドはイギリスの植民地となっていたため、イギリス人がインドで食べられているカレーを、自分たちの口に合うようにアレンジを加えます。

そしてイギリス風のカレーは、彼の国の海軍で食事として出されるようになり、一般に広がって行ったとする説が有力なのです。

海軍においては、揺れる船の上で食事を摂ることになりますから、インド流のシャバシャバなル―ではこぼれてしまうということで、

トロミが付けられたのもこの段階であり、日本のカレーが基本的にネットリしていることを考えれば、この説には説得力がありますよね。

こうして日本にカレーが伝えられたのが明治時代であり、第二次大戦の終了後、コストが掛からない、美味しい庶民の料理として市民権を得ていることとなるのです。

しかしながら、近年カレー専門店などで提供されるカレーは、ルーがシャバシャバと緩い「シャバ系」と呼ばれるものが主流。

そんな現状に怒りを覚えている方も少なくないようです。

近年起こったご当地カレーのブームにおいては、こうした不満の声を反映してか、失われつつあるドロドロ系のカレーが人気を博すこととなります。

そんな中でも、特に高い評価を受けていたのが、北の小京都・金沢で食べ継がれていたご当地グルメ「金沢カレー」だったのです。

お店にもよってはカレールーを入れた器を垂直に立てても、そう簡単にはルーが流れ落ちて来ないという程のドロドロさと、濃厚極まる食味が特色の金沢カレーとは如何なるものなのか?

本日は金沢カレー、チャンピオンとゴーゴーカレーという二つの名店について書かせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

金沢カレーとは

発祥した時期や、切っ掛けについては、実はあまりはっきりしていないという金沢カレー。

しかし、現存する最古参のカレー店でさえ、30年以上の歴史があることから考えても、金沢の地に定着したのはかなり以前のことであったと考えられています。

その特徴はとにかくドロドロで、これでもかと濃厚なお味に、ステンレスのお皿、そして添えられた千切りキャベツというスタイル。

またトンカツやなどの揚げ物がトッピングされるケースも多く、食するのにスプーンではなくフォークや先割れスプーンを使うのもこの地域ならでは特色と言えそうです。

そんな金沢カレーの中でも、地元で永く愛されているのが株式会社チャンピオンカレーが運営する「カレーのチャンピオン」です。

金沢カレー2

 

チャンピオンカレーについて

昭和36年に洋食タナカの屋号で経営を開始し、以来50年近く金沢カレーを牽引して来たカレー店であり、金沢っ子にすれば正、に地元の味ともいうべき一皿を提供してくれるお店なのです。

一口食べれば、その美味しさに手が止まらなくなるとも言われる名物カレーは、クセになること確実の至高の逸品と言えるでしょう。

 

しかし、定番中の定番があれば、それを脅かす者が現れるのが世の常。

金沢カレーにおける、チャンピオンカレーのライバル存在が株式会社ゴーゴーシステムが率いる「ゴーゴーカレー」なのです。

スポンサーリンク

 

ゴーゴーカレーについて

元々はチャンピオンカレーの流れを汲んでいるお店だけに、カレーの特徴は似ているところも少なくないのですが、管理人的にはゴーゴーカレーの方が若干クセがあるような印象。

このクセにハマってしまう方も多いらしく、金沢市民の間でもカレーの好みは、チャンピオン派とゴーゴー派に分かれるといいますから、この二店が如何に拮抗したライバル関係になっているかをご理解頂けるか思います。

尚、全国的にその名が知られるようになったのは、積極的に県外への進出を図っていたゴーゴーカレーの方であり、

地元民に愛されるチャンピオンVS全国にファンを持つゴーゴーカレーという構図も出来上がっているようです。(現在ではチャンピオンも各地に出店を開始している)

そこで本日は、金沢カレー、チャンピオンとゴーゴーカレーのお取り寄せ品をご用意致しました。

ご自宅でこの名店2つの味を食べ比べてみては如何でしょうか?

 

金沢カレーについて管理人より一言

コッテリとした濃厚カレーが食べたい!

時折、そんな欲求に襲われる管理人は、様々なカレーショップを巡って来ました。

しかし、何処に行っても完全に私の欲を満足させてくれる一皿に出会うことが出来ない。

そんな悩みを打ち明けたところ、金沢に住む友人が送って来てくれたのが、カレーのチャンピオンとゴーゴーカレーのレトルトパックでした。

えっ?レトルト?と最初は半信半疑だったのですが、実際に食べてみると、これがとにかく美味しい。

一瞬の内に金沢カレーの大ファンになってしまいました。

その後、関東に出来た両店の店舗にも足を運んでみたのですが、両品ともお店の味とは若干味は異なるものの、そのクオリティーは非常に高く、十二分に満足出来る逸品でした。

スープの様なカレーに密かに不満を覚えておらる方には絶対おすすめの超濃厚カレーを、是非ともお楽しみ頂ければと思います!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

出典 ウィキペディア・金沢カレー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 79昨日の閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 33562総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ